プリントサーバーを設定する(LBP8100)



プリントサーバーを設定する(LBP8100)
更新日 : 2015年5月15日
文書番号 : Q000083896



対処方法

プリントサーバーにするパソコンに対してプリンターの共有設定を行います。以下の手順では、プリントサーバーとするパソコンにプリンタードライバーのインストールが済んでいる場合の設定方法を説明します。インストールが済んでいない場合の設定については、「インストール中に設定する」を参照してください。
重要
  • プリントサーバーのOSとパソコンのOSが 32 ビット版と 64 ビット版とで異なる場合、ネットワークを介したドライバーのインストールができないことがあります。
  • ドメイン環境でプリントサーバーを設定する場合は、ネットワーク管理者にご相談ください。

1. 管理者のアカウントでパソコンにログオンする

2. プリンターフォルダーを開く
  • 表示方法はこのページの最後にある「参考」を参照してください。

3. 設定するプリンターのアイコンを右クリックし、[プリンターのプロパティ]または[プロパティ]をクリックする

4. [共有]タブをクリックし、[このプリンターを共有する]を選んだあと、共有名を入力する
MEMO:
[共有オプションの変更]が表示されたとき
  • [共有オプションの変更]をクリックします。

5. 必要に応じて追加ドライバーをインストールする

5-1. [追加ドライバー]をクリックする
5-2. 追加するドライバーを選び、[OK]をクリックする
  • 追加するドライバーはプリントサーバーのOSに応じて、次のように選択してください。
プリントサーバー追加するドライバー
32 ビット版OS[x64]にチェックマークを付けます。
64 ビット版OSWindows XP/Server 2003
- [バージョン]が[Windows 2000、Windows XPおよびWindows Server 2003]の項目にチェックマークを付けます。
Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2012
- [プロセッサ]が[x86]の項目にチェックマークを付けます。
MEMO:
Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2012の場合に、32 ビット版と 64 ビット版のどちらなのかがわからないときは、このページの最後にある「参考」を参照してください。

5-3. User Software CD-ROM/DVD-ROMをパソコンにセットする
  • ホームページからダウンロードしたプリンタードライバーをお使いの場合は、追加するドライバー(プリントサーバーと異なるプロセッサバージョンのプリンタードライバー)もダウンロードしてください。
MEMO:
  • [CD-ROM/DVD-ROMセットアップ]画面が表示されたときは、[終了]をクリックします。

5-4. [参照]をクリックする
5-5. 追加するドライバーが収録されているフォルダーを指定し、Infファイルを選んだあと、[開く]をクリックする
  • 追加するドライバーが収録されているフォルダーは次のように指定してください。
プリントサーバーが 32 ビット版OSの場合
- CD-ROM/DVD-ROMまたはダウンロードしたファイル内の[CARPS2] [x64] [Driver]フォルダーを指定します。
プリントサーバーが 64 ビット版OSの場合
- CD-ROM/DVD-ROMまたはダウンロードしたファイル内の[CARPS2] [32BIT] [Driver]フォルダーを指定します。
5-6. [OK]をクリックする
追加ドライバーのインストールが開始されます。自動的に[共有]タブに戻るまでお待ちください。

6. [OK]をクリックする

インストール中に設定する
プリンターを有線LAN接続でお使いの場合は、プリンタードライバーのインストール時にプリントサーバーの設定をまとめて行うこともできます。インストール中のパソコンをプリントサーバーに設定するときは、インストール時の[プリンター情報の設定]画面で[プリンターを共有する]にチェックマークを付けてください。
重要
USB接続の場合は、インストール中にプリントサーバーの設定を行うことはできません。インストール後に、上記に記載されている手順で設定してください。
メモ
インストールするときの全体的な手順については プリンタードライバーをインストールする(LBP8100) を参照してください。

[プリンター情報の設定]画面
  • [プリンターを共有する]
チェックマークを付けると、インストール中のパソコンをプリントサーバーに設定します。
  • [共有名]
共有プリンターの名前を入力します。
  • [追加ドライバー]
追加ドライバーは、 クライアントにインストールする(LBP8100) を行う際に、プリントサーバーとはプロセッサバージョン(32 ビット/64 ビット)が異なるパソコンにインストールしたいときに必要です。

参考
プリンターフォルダーの表示方法
  • Windows XP Professional/Server 2003
[スタート] [プリンタとFAX]を選びます。
  • Windows XP Home Edition
[スタート] [コントロールパネル] [プリンタとその他のハードウェア] [プリンタとFAX]の順にクリックします。
  • Windows Vista
[スタート] [コントロールパネル] [プリンタ]をクリックします。
  • Windows 7/Server 2008 R2
[スタート] [デバイスとプリンター]を選びます。
  • Windows 8/Server 2012
画面の左下隅を右クリック [コントロールパネル] [デバイスとプリンターの表示]を選びます。
  • Windows Server 2008
[スタート] [コントロールパネル]を選ぶ [プリンタ]をダブルクリックします。
プロセッサバージョンの確認方法
  • お使いのWindowsが、32 ビット版か 64 ビット版かわからない場合は、次の手順で確認することができます。
1. [コントロールパネル]を表示する
  • Windows Vista/7/Server 2008
[スタート] [コントロールパネル]を選びます。
  • Windows 8/Server 2012
画面の左下隅を右クリック [コントロールパネル]を選びます。
2. [システム]を表示する
  • Windows Vista/7/8/Server 2008 R2/Server 2012
[システムとセキュリティ]または[システムとメンテナンス] [システム]をクリックします。
  • Windows Server 2008
[システム]をダブルクリックします。
3. プロセッサバージョンを確認する
  • 32 ビット版のとき
[32ビットオペレーティングシステム]と表示されます。
  • 64 ビット版のとき
[64ビットオペレーティングシステム]と表示されます。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP8100

 

[TOP▲]
このページのトップへ