エラーメッセージが表示されている(LBP9950Ci/LBP9900Ci)



エラーメッセージが表示されている(LBP9950Ci/LBP9900Ci)
更新日 : 2015年5月15日
文書番号 : Q000083908



対処方法

タッチパネルディスプレーやWebブラウザーに表示されるメッセージの対処方法を説明します。
表示されたメッセージに応じて、必要な処理を行ってください。
次のような状態になったとき、メッセージが表示されます。
  • 何らかの操作上の誤りでプリントができないとき。
  • プリント動作中にユーザーの判断や処理が必要になったとき。
  • ネットワークの参照中にユーザーの判断や処理が必要になったとき。
機能別にメッセージを分類しています。メッセージが表示された状況に該当する機能を選択して、対処方法を参照してください。また、対処方法の詳細については、プリンターに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。
メモ
  • 担当サービスへの連絡を促す画面が表示された場合は、[ エラーランプが点滅・点灯している(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]の対処方法を参照してください。
  • ジョブや操作が正常に終了していない場合は、状況確認/中止画面の[ジョブ履歴]-[詳細情報]に終了コード(#付きコード)が表示されます。終了コードの詳細については、プリンターに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。


機能にかかわらず、共通で表示されるメッセージを紹介しています。


<原因2>
用紙カセットが正しくセットされていません。
<対処>
用紙カセットを奥までセットしてください。[ 給紙カセットに用紙をセットする(LBP9950Ci/LBP9900Ci)


<原因2>
[用紙カセット自動選択のON/OFF]が「OFF」に設定されています。
<対処1>
用紙カセットを手動で指定してください。
<対処2>
表示されているサイズの用紙がセットされているカセットの[用紙カセット自動選択のON/OFF]を「ON」に設定してください。

<原因3>
自動用紙選択の対象にならない用紙種類がセットされています。
<対処>
用紙カセットを手動で指定してください。



* (トナーの色)には、ブラック、イエロー、マゼンタ、シアンが表示されます。(複数の色が順番に表示される場合もあります。)

* (トナーの色)には、ブラック、イエロー、マゼンタ、シアンが表示されます。(複数の色が順番に表示される場合もあります。)










保存ファイルの利用機能に関係するメッセージを紹介しています。


<原因2>
保存先の共有スペース(share)または個人スペース(users)の直下にファイルを保存しようとした。
<対処>
共有スペース(share)または個人スペース(users)の直下にはファイルを保存できません。スペース内のフォルダーを選択したあと、ファイルを保存してください。

<原因3>
保存先にファイルを保存しようとしたときのフルパス(ファイル名と保存場所を示すフォルダー名)が長すぎた。
<対処>
パス長が「/share」または「/users」と合わせて256文字以内になるように、フォルダー名やファイル名を短くしてください。または、保存場所を変更してください。

<原因4>
アドバンスドボックスに保存可能なファイル/フォルダー数の上限(10万件)を超えて保存しようとした。または、指定したフォルダー内に保存可能なファイル/フォルダー数の上限(1000件)を超えて保存しようとした。
<対処>
保存先フォルダー内の不要なファイルを削除してから、操作をやりなおしてください。または、保存先を変更してください。

<原因5>
保存先のハードディスク容量の上限を超えて保存しようとした。
<対処>
保存先の不要なファイルを削除してから、操作をやりなおしてください。または、保存先を変更してください。





カスタムメニュー機能に関係する内容でタッチパネルディスプレーに表示されるメッセージを紹介しています。








カスタムメニュー機能に関係する内容でWebブラウザーに表示されるメッセージを紹介しています。







プリント機能に関係するメッセージを紹介しています。

メモ
  • 他のトラブルを示すメッセージが同時に発生しているときは、警告メッセージは表示されません。
  • タッチパネルを操作して「エラースキップ」をする手順や、タッチパネルを操作して「プリント中止」をする手順については、プリンターに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。

















































<原因2>
PDFファイルのセキュリティー設定で、印刷が許可されていない
<対処>
印刷を許可する設定に指定しなおしてください。

<原因3>
ポリシーサーバーと連携しているPDFで、ポリシーサーバーにアクセスできない
<対処>
ポリシーサーバーの電源、および、本製品とポリシーサーバーとネットワークの状態を確認してください。















ネットワーク接続とネットワークセキュリティーに関係するメッセージを紹介しています。


<原因2>
本製品をネットワークに接続して使用していないのに、[ネットワークの設定変更/接続の確認表示]を「ON」にしている。
<対処>
[ネットワークの設定変更/接続の確認表示]を「OFF」にしてください。


<原因2>
<IPアドレス設定>(IPv4設定)の[IPアドレス]で0.0.0.0を固定のIPv4アドレスとして設定した。
<対処>
IPアドレスを設定する(IPv4)(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]を参照して、正しいIPv4アドレスを設定してください。

<原因3>
IPv6 アドレスが正しく設定されていない。
<対処>
次のことを確認してください。
  • 利用するアドレスの設定(<ステートレスアドレスを使用>/<手動アドレスを使用>/<DHCPv6を使用>)が「ON」であることを確認してください。
  • ステートレスアドレスおよびDHCPv6を使用する場合、それぞれのアドレスが取得できていることを確認してください。
  • アドレスを取得できていない場合は、ルーターやDHCPv6サーバーの設定を確認してください。
メモ
ステートレスアドレスが決定するまでには、数分かかる場合があります。

<原因4>
DNS サーバーのアドレスが正しくない。
<対処>
IPアドレスを設定する(IPv4)(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]または[ IPv6を設定する(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]を参照して、DNSサーバーのアドレスを確認してください。

<原因5>
TCP/IP プロトコルスタックが資源不足となり、送信できなかった。
<対処>
IPアドレスを設定する(IPv4)(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]または[ IPv6を設定する(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]を参照して、正しいIPv4アドレス/IPv6アドレスを設定してください。


<原因2>
プロキシーサーバーがSSL 暗号化通信をサポートしていない。
<対処>
WebDAV クライアントがプロキシーを経由でインターネットに接続する場合は、プロキシーサーバー側でSSLを設定してください。


<原因2>
プロキシーサーバーが上流サーバーとの通信に失敗した。
<対処>
次のことを確認してください。
  • WebDAVサーバーの設定を確認してください。
  • プロキシーサーバーの設定を確認してください。

<原因3>
WebDAVクライアントからのリクエストにおいて、WebDAVサーバーがサポートしていないHTTP プロトコルバージョンが使用された。
<対処>
WebDAV サーバーの設定を確認してください。

<原因4>
WebDAVクライアントのリクエストに対して、WebDAVサーバーのディスクスペースが不十分である。
<対処>
WebDAV サーバー上に、リクエストに対する十分なディスクスペースを確保してください。

IPアドレスを設定する(IPv4)(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]の「TCP/IPv4とTCP/IPv6に共通の設定」の手順11を参照して、プロキシーの設定を確認してください。


<原因2>
本製品が属するワークグループ内に、指定したSMBサーバーと同一の名前のコンピューターやプリンターが存在する。
<対処>
[SMBサーバー設定]の[サーバー名]に設定されている名前と同一の名前のコンピューターやプリンターが、[ワークグループ名]で指定したワークグループに存在していないか確認してください。SMBサーバーとワークグループの設定については、プリンターに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。

IPアドレスを設定する(IPv4)(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]を参照して、他のデバイスで使用しているIPアドレスと重複しないように、本製品のIPアドレスを変更してください。








<原因2>
本製品に設定されている時刻が正しくない(将来に設定されている)可能性があります。
<対処>
本製品に設定されている時刻が正しいか確認してください。





<原因2>
本製品に設定されている時刻が正しくない(将来に設定されている)可能性があります。
<対処>
本製品に設定されている時刻が正しいか確認してください。











MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[ログイン]ページに表示されるものを紹介しています。



<原因2>
指定されたファイルの情報が不足しています。
<対処>
指定されたファイルではパスワードの初期化ができません。ファイルの内容を確認してください。







MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[MEAPアプリケーション管理]ページに表示されるものを紹介しています。










MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[MEAPアプリケーションのインストール]ページに表示されるものを紹介しています。








<原因2>
<不正確な情報>がMEAP Specifications の場合、アプリケーションが持つMEAP Specificationsの値と本体側の値が一致していません。
<対処>
お買い求めの販売店または弊社お客様相談センターにお問い合わせください。


<原因2>
ファイルが改ざんされている可能性があります。
<対処>
アプリケーション開発元にお問い合わせください。




















MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[認証情報の設定]ページに表示されるものを紹介しています。選択しているログインサービスによってメッセージは異なります。


<原因>
入力された部門IDが存在しないか、入力された暗証番号が間違っているため、認証情報の設定ができません。
<対処>
本体に登録されている正確な部門ID、暗証番号を入力してください。








MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[ライセンス管理]ページに表示されるものを紹介しています。選択しているログインサービスによってメッセージは異なります。











MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[拡張システムアプリケーション管理]ページに表示されるものを紹介しています。






<原因>
現在設定されているログインサービス、本体の再起動後に有効になるログインサービス、およびDefaultAuthenticationをアンインストールすることはできません。
<対処>
現在設定されているログインサービス、本体の再起動後に有効になるログインサービス、DefaultAuthenticationのアンインストールは行わないでください。現在設定されているログインサービスをアンインストールする場合は、本体を再起動後に行ってください。







<原因2>
ファイルが改ざんされている可能性があります。
<対処>
アプリケーション開発元にお問い合わせください。







<原因2>
<不正確な情報>がMEAP Specificationsの場合、アプリケーションが持つMEAP Specificationsの値と本体側の値が一致していません。
<対処>
お買い求めの販売店または弊社お客様相談センターにお問い合わせください。












MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[[ライセンス確認]、[パスワードの変更]ページに表示されるものを紹介しています。



<原因2>
ファイルの情報が不足しています。
<対処>
ファイルの内容を確認してください。








MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[MEAPアプリケーションの設定情報管理]ページに表示されるものを紹介しています。




MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージで[MEAPアプリケーションのログ管理]ページに表示されるものを紹介しています。





MEAPアプリケーションのうち、SMSに関係するメッセージでその他の例外的なものを紹介しています。



MEAPアプリケーションのうち、SSO-Hに関係するメッセージでタッチパネルディスプレーに表示されるものを紹介しています。



<原因2>
本体のプライマリー/セカンダリーのDNSサーバーの設定が間違っているか、設定されていません。
<対処>
本体のDNSサーバーの設定を確認し、正しい値を設定してください。

<原因3>
本体で指定したDNSサーバーが起動していないか、サービスが停止しています。
<対処>
次の手順で設定を確認してください。
  • 本体で指定したDNSサーバーを確認し、起動していなければ起動します。
  • DNSサーバーの管理ツール「サービス」を起動します。
  • 「DNS Server」の状態を確認し、「開始」となっていない場合は右クリックして[開始]を選択してください。

<原因4>
DNSサーバーにホストレコードが存在するか確認してください。
<対処>
  • DNSサーバーにホストレコードが存在するか確認してください。
  • フォワーダーの設定が正常に行われているか確認してください。


<原因2>
Active Directoryのサーバーが起動していません。
<対処>
Active Directoryのサーバーを起動してください。

<原因3>
Active DirectoryのKDCサービスが停止しています。
<対処>
次の手順で設定を確認してください。
  • Active Directoryの管理ツール「サービス」を起動します。
  • Active Directoryのサーバーが正常に動作しているか確認してください。







<原因2>
認証したユーザーのアカウントが無効に設定されています。
<対処>
次の手順で設定を確認してください。
  • Active Directoryの管理ツール「Active Directoryユーザーとコンピュータ」を起動します。
  • 認証に失敗したユーザーを選択し、右クリックします。
  • ポップアップメニューから[プロパティ]を選択します。
  • [アカウント]タブを選択し、[アカウントオプション]の[アカウントは無効]を確認します。
  • [アカウントは無効]にチェックマークが付いている場合は、チェックマークを外して[OK]をクリックします。


<原因2>
認証したユーザーのアカウントが[ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要]と設定されています。
<対処>
次の手順で設定を確認してください。
  • Active Directoryの管理ツール「Active Directoryユーザーとコンピュータ」を起動します。
  • 認証に失敗したユーザーを選択し、右クリックします。
  • ポップアップメニューから[プロパティ]を選択します。
  • [アカウント]タブを選択し、[アカウントオプション]の[ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要]を確認します。
  • [ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要]にチェックマークが付いている場合は、チェックマークを外して[OK]をクリックします。










MEAPアプリケーションのうち、SSO-Hに関係するメッセージでWebブラウザーに表示されるものを紹介しています。



ユーザー情報を管理する機能に関係するメッセージのうち、ユーザー設定情報管理機能に関係するものを紹介しています。




ユーザー情報を管理する機能に関係するメッセージのうち、アドバンスドボックスのユーザー管理機能に関係するものを紹介しています。








 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9900Ci / LBP9950Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ