給紙カセットに用紙をセットする(LBP9950Ci/LBP9900Ci)



給紙カセットに用紙をセットする(LBP9950Ci/LBP9900Ci)
更新日 : 2015年5月15日
文書番号 : Q000083918



対処方法

給紙カセットに用紙をセットする場合は、以下の内容を参照してください。

- カセット1: B4、A4、A4R、B5、B5R、A5R、リーガル、レター、レターR、ステートメントR、エグゼクティブ、ユーザー設定サイズ(139.7×182 mm〜304.8×390 mm)
- カセット2、3、4: 305×457mm、A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5R、レジャー(11 × 17)、リーガル、レター、レターR、ステートメントR、エグゼクティブ、ユーザー設定サイズ(139.7×182 mm〜304.8×457.2 mm)
  • カセット3、4はオプションの2段カセットペディスタル・AD3 装着時に使用できます。
  • カセット1 〜 4 にセットできる用紙の種類については、[ 使用できる用紙(LBP9950Ci/LBP9900Ci) ]を参照してください。
  • 連続プリント中に用紙補給のメッセージが表示されたときには、用紙を補給したあと自動的にプリントが再開されます。他の用紙カセットを選択した場合は、[OK]を押すとプリントが再開されます。
  • [中止]を押すと、プリントが中止されます。

1. カセットを開きます。
(1)用紙を補給するカセットのオープンボタンを押す
(2)カセットの取っ手を持ち、止まる位置まで手前に引き出す

2. 用紙を準備します。
包装紙を開いて、用紙を取り出す
用紙の4辺を数回ずつさばいてください。
メモ
より良いプリント結果を得ていただくため、キヤノン推奨用紙をお使いになることをおすすめします。

3. 用紙をセットします。
(1)セットする用紙のサイズと、カセットの用紙サイズ設定があっているかどうかを確認する
(2)用紙の端がカセットの右側面にあたるようにセットする
(3)カセットを「カチッ」と音がするまでゆっくりと本体に押し込む
重要
  • 用紙がカールしているときは、カールをなおしてからセットしてください。
  • 用紙の高さが積載制限表示( )を越えていたり、カセットが本体奥まで押し込まれていなかったりすると、プリントができません。
  • 積載制限表示( )を越える枚数の用紙をセットしないでください。
  • カセットが、本体奥まで押し込まれているかどうかを確認してください。
メモ
  • [環境設定](設定/登録)の[用紙の設定]で、セットした用紙のサイズと種類を登録してください。
  • ユーザー設定サイズの用紙を使用できます。[ ユーザー設定サイズで印刷する(LBP9950Ci/LBP9900Ci)
  • ユーザー設定の用紙に名称をつけて登録/編集できます。[ ユーザー設定サイズで印刷する(LBP9950Ci/LBP9900Ci)
  • カセットに初めて用紙を補給するときは、使用する用紙にあわせて用紙サイズラベルをセットしてください。
  • カセットには約550枚(80g/m2)の用紙がセットできます。
  • 用紙の梱包紙に給紙面についての指示が書かれているときは、指示に従って用紙をセットしてください。
  • カセットに用紙をセットするときは、プリントする面を上にしてセットしてください。
  • プリントするときに不具合が生じたときは、用紙を裏返してセットしなおしてください。
  • あらかじめロゴなどが印刷されている用紙のプリント方向については、「印刷データと用紙向きの関係について」を参照してください。
  • 残った用紙は包装紙に包み、湿気が少なく直射日光の当たらない場所に保管してください。
  • 用紙切れでプリント動作が中断されたときは、用紙を補給してください。用紙補給後、プリント動作が再開されます。
  • 吸湿している用紙に印刷すると、本製品の排紙部から湯気が出る場合があります。これは、トナーを定着するときの熱によって用紙に含まれる水分が蒸発しているためですので、異常ではありません。(特に、室温が低い場合に発生しやすくなります。)


カセットの用紙サイズを変更する
1. 用紙を取り出します。
(1)用紙サイズを変更するカセットのオープンボタンを押す
(2)カセットの取っ手を持ち、止まる位置まで手前に引き出す
(3)セットされている用紙をすべて取り出す

2. カセットガイドの位置を調節します。
(1)左側ガイドの上部をつまみながらスライドさせて、セットする用紙サイズの指標にあわせる
(2)前側ガイドの上部をつまみながらスライドさせて、セットする用紙サイズの指標にあわせる
重要
ガイドは、「カチッ」と音がする位置までスライドさせます。左側ガイドと前側ガイドを正しくあわせないと、用紙サイズがタッチパネルディスプレーに正しく表示されません。また、紙づまりやプリントの汚れ、本製品内部の汚れの原因になりますので、用紙サイズの指標にあわせてください。

3. 変更したサイズの用紙をカセットにセットします。
(1)セットする用紙のサイズと、カセットの用紙サイズ設定があっているかどうかを確認する
(2)用紙の端がカセットの右側面にあたるようにセットする

4. 用紙サイズのラベルの表示を変更します。
(1)カセットの内カバーを開けて、ラベルを引き上げる
(2)変更後の用紙サイズが右側に来るよう回す
(3)ラベルをまっすぐ下に差し込み、内カバーを閉じる
メモ
用紙サイズラベルには、機種や設定によっては使用できないサイズも書かれています。

5. カセットを「カチッ」と音がするまでゆっくりと本体に押し込みます。
重要
OHPフィルムはA4またはレターサイズのみセットできます。OHPフィルムをセットするときは、カセットガイドを必ずA4またはレターにあわせてください。A4またはレターサイズ以外のOHPフィルムをセットすると、用紙サイズや用紙残量を正しく検知できません。
メモ
日本でおもに使われている紙のサイズは、A3、A4、B4、B5などの「A/B系列」です。レター(LTR)やリーガル(LGL)といった「インチ系列」は北米などの地域でよく使われています。本製品は、お客様の使用状況にあわせて、どちらの系列の紙サイズでも使用できます。




1. 給紙箇所に用紙をセットする
メモ

2. [ ](設定/登録)を押す

3. [環境設定]→[用紙設定]→[用紙の設定]を押す

4. 給紙箇所のボタンに、セットした用紙と同じ用紙サイズを表示させる
各ボタンは、それぞれ次の給紙箇所を示しています。
2段カセットペディスタル・AD3装着時

定形サイズの用紙をセットした場合
4-A-1. サイズが自動認識されて表示されるため、表示されたサイズが正しいかを確認
メモ
  • 表示されたサイズがセットした用紙のサイズと異なる場合は、用紙が正しくセットされていない可能性があります。「カセットに用紙を補給する」を参照して用紙をセットし直してください。
  • 定形サイズの用紙をセットしたのに、用紙サイズが「ユーザー設定」と表示される場合は、[ユーザー設定サイズ]→[設定取消]を押してください。正しいサイズが自動認識されて画面に表示されるようになります。

ユーザー設定サイズの用紙をセットした場合
4-B-1. 用紙をセットした給紙箇所のボタンを選択→[ユーザー設定サイズ]を押す
4-B-2. 用紙サイズを入力→[OK]を押す
メモ
数値を入力するかわりに、用紙サイズが登録されているボタン([S1]〜[S5])を選択することもできます。

5. 用紙をセットした給紙箇所のボタンを選択→[設定]を押す

6. セットした用紙と同じ用紙種類を選択→[OK]→[OK]を押す
用紙種類は、簡易設定画面または詳細設定画面から選択できます。簡易設定画面に表示されない用紙は、[詳細設定へ]を押して、詳細設定画面から選択してください。
簡易設定画面
詳細設定画面
メモ
  • セットした用紙の用紙種類が詳細設定画面のリストにない場合は、その用紙種類をリストに登録できます。
  • 消耗品確認画面からも用紙のサイズと種類を登録できます。詳しくは、プリンターに付属のCD-ROMに収められている「e-マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。


用紙のセット出力例

A4, B5, A5, レター, エグゼクティブ, ステートメント

A3, B4, A4R, B5R, A5R, レジャー(11 × 17), リーガル, レターR, ステートメントR

A4, B5, A5, レター, エグゼクティブ, ステートメント

A3, B4, A4R, B5R, A5R, レジャー(11 × 17), リーガル, レターR, ステートメントR
セットする場所:カセット
用紙の向き:上向き
セットする場所:手差し
用紙の向き:下向き

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9900Ci / LBP9950Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ