色味や色ずれを調整する(キャリブレーションや色ずれ補正)(LBP9950Ci/LBP9900Ci)



色味や色ずれを調整する(キャリブレーションや色ずれ補正)(LBP9950Ci/LBP9900Ci)
更新日 : 2015年5月15日
文書番号 : Q000083928



対処方法

色味や色ずれを調整する(キャリブレーションや色ずれ補正)場合は、以下の内容を参照してください。


自動補正をする

1.[ ](設定/登録)を押す

2.[調整/メンテナンス]→[画質調整]→[階調補正]を押す

3.補正する用紙の種類を選択→[自動補正]を押す
重要
本製品では、用紙種類に応じてトナーやプリントスピードを調節しています。確実に調整をするために、正しい用紙種類を選択してください。

4.[開始]を押す

目視補正をする

1.見本チャートを用意する

2.[ ](設定/登録)を押す

3.[調整/メンテナンス]→[画質調整]→[階調補正]を押す

4.補正する用紙の種類を選択→[目視補正]を押す
重要
本製品では、用紙種類に応じてトナーやプリントスピードを調節しています。確実に調整をするために、正しい用紙種類を選択してください。
メモ
目視補正を行ってもうまく補正できなかったときなど、一度設定した補正値を初期化してから目視補正をやりなおしたい場合は、[目視補正時に初期値を使用]→[ON]を押してください。

5.手順4で選択した種類の用紙がセットされている給紙箇所を選択→[OK]を押す

6.[プリント開始]を押す
メモ
  • テストページに使用できる用紙がない場合、用紙の補給を促すメッセージが表示されます。所定の用紙を補給してください。
  • テストページの出力には以下の時間がかかります。
- 普通紙:約1分
- 厚紙1/厚紙2:約2分
- 厚紙3:約3分

高濃度(High)・中濃度(Mid)・低濃度(Low)の3枚のテストページが出力されます。

7.[高濃度(High)]を押す
目視補正では、最初に高濃度(High)の補正を行います。精度の高い補正を行いたい場合は、中濃度(Mid)、低濃度(Low)も補正を行ってください。

8.高濃度(High)のテストページを点線に沿って山折りし、見本チャートとテストページを重ねて色を見比べ、最も近い濃度の数値を本製品画面で入力する

シアンの「A解像度」の数値を入力する場合

1.テストページを「A」の点線に沿って山折りし、見本チャートとテストページを重ねる

2.テストページにプリントされたシアンの「A」の色に最も近い色を、見本チャートの中から探す

  • 例:見本チャートの「5」の色が、テストページの色に最も近いと判断した場合
3.本製品画面の「シアン」の「A解像度」の欄に、「5」を入力する

4.「A解像度」のマゼンタ、イエロー、ブラックも同様に色を見比べて、数値を入力する
メモ
テストページに印刷されている に、見本チャートと見比べた結果の数値をメモしておくと便利です。複数の色を見比べて、各数値をメモしておき、あとでまとめて数値を入力します。

5.「B階調」および「C誤差拡散」の各色も、「A解像度」と同じ手順で色を見比べて数値を入力する
「B階調」または「C誤差拡散」の色を見比べるときは、出力したテストページの「B」または「C」の点線に沿って山折りして、見本チャートと重ねてください。

6.すべて入力し終わったら、[OK]を押す

9.さらに精度を上げて補正したい場合は、手順8と同じようにして中濃度(Mid)、低濃度(Low)も補正を行う

10.補正を終了する

補正結果を確認せずに終了する場合
10-A-1.[終了]を押す
補正した値が保存されます。

補正結果を確認して終了する場合
10-B-1.[結果を確認して終了]を押す
補正した値が保存されます。

10-B-2.[プリント開始]を押す
テストページが3枚出力されます。

10-B-3.テストページの印刷結果を確認する
出力されたテストページの印刷結果と見本チャートの色を見比べます。このとき、テストページの各色が、見本チャートの以下の値(色)と同じになっていることを確認してください。
  • 高濃度(High):3
  • 中濃度(Mid):8
  • 低濃度(Low):13
メモ
補正終了後は、汚れや日光による色あせを避けるため、見本チャートを封筒に入れて保管してください。


1.[ ](設定/登録)を押す

2.[調整/メンテナンス]→[画質調整]→[濃度ムラ補正]を押す

3.濃度ムラの補正方法を選択

濃度計による補正を行う場合
3-A-1.[濃度計による補正]→[プリント開始]を押す

3-A-2.出力されたテストページ上のマークを濃度計で測定する

3-A-3.調整が必要な色の[微調整]を押す

3-A-4.番号を選択→テストページ上の同じ番号のマークを測定した濃度値を入力→[OK]を押す

3-A-5.[保存して終了]を押す

目視による補正を行う場合
3-B-1.[目視による補正]→[テストページの出力]→[プリント開始]を押す

3-B-2.テストページを目視して、調整が必要な色の[微調整]を押す

3-B-3.調整が必要な番号を選択→濃度を濃くしたい場合にはプラスの値、濃度を薄くしたい場合にはマイナスの値を入力→[OK]を押す

3-B-4.[保存して終了]を押す
手順2の画面に戻ります。濃度ムラが修正されるまで繰り返し作業を行ってください。
メモ
  • テストページ上のマークは、シアンを上にして置いたとき手前側から1〜7の順に並んでいます。
  • [保存して終了]を押す前に[テストページの出力]を押すと、補正後の状態のテストページが出力されます。
  • テストページ上のマークは、シアンを上にして置いたとき手前側から、-6〜0〜+6の順に並んでいます。使用する用紙の幅によっては、-5 〜 0 〜 +5 の場合もあります。
  • [保存して終了]を押す前に[テストページの出力]を押すと、補正後の値でテストページが出力されます。


1.[ ](設定/登録)を押す

2.[調整/メンテナンス]→[画質調整]→[自動色ずれ補正]を押す

3.[開始]を押す

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP9900Ci / LBP9950Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ