プリントサーバーを設定する(LBP352i/LBP351i)



プリントサーバーを設定する(LBP352i/LBP351i)
更新日 : 2016年4月22日
文書番号 : Q000087830



対処方法

プリントサーバーを設定すると、印刷を行うパソコンにかかる負荷を軽減できます。ネットワークを介して他のパソコンにもプリンタードライバーをインストールできるようになりますので、パソコンごとにDVD-ROMからプリンタードライバーをインストールする手間も省けます。プリントサーバーにするパソコンをネットワーク内から選び、そのパソコンに対してプリンターの共有設定を行います。
重要
  • ここでの操作をするには、管理者のアカウントでパソコンにログオンしている必要があります。
  • プリントサーバーのOSとパソコンのOSが32ビット版と64ビット版とで異なる場合、ネットワークを介したプリンタードライバーのインストールができないことがあります。
  • ドメイン環境でプリントサーバーを設定する場合は、ネットワーク管理者にご相談ください。
メモ
プリントサーバー利用時に部門別ID管理をするには
  • プリンタードライバーをインストールする際に、Canon Driver Information Assist Serviceを追加する必要があります。詳細については、「プリンタードライバーインストールガイド」を参照してください。

1. プリンターフォルダーを開く

Windows Vista
  • [スタート] [コントロールパネル] [プリンタ]をクリックします。
Windows 7/Server 2008 R2
  • [スタート] [デバイスとプリンター]を選びます。
Windows 8/Server 2012
  • 画面の左下隅を右クリック [コントロールパネル] [デバイスとプリンターの表示]を選びます。
Windows 8.1/Server 2012 R2
  • [スタート]を右クリック [コントロールパネル] [デバイスとプリンターの表示]を選びます。
Windows Server 2008
  • [スタート] [コントロールパネル] [プリンタ]をダブルクリックします。
Windows Server 2003
  • [スタート] [プリンタとFAX]を選びます。

2. 本機のアイコンを右クリックし、[プリンターのプロパティ]または[プロパティ]をクリックする

3. [共有]タブをクリックし、[このプリンターを共有する]を選んだあと、共有名を入力する
MEMO:
[共有オプションの変更]が表示されたとき
  • [共有オプションの変更]をクリックします。

4. 必要に応じて追加ドライバーをインストールする
  • この作業は、プリントサーバーとはプロセッサバージョン(32ビット/64ビット)が異なるパソコンに、プリントサーバーを介してプリンタードライバーをインストールしたいときに必要です。
4-1. [追加ドライバー]をクリックする

4-2. 追加ドライバーを選び、[OK]をクリックする
  • 追加ドライバーはプリントサーバーのOSに応じて、次のように選択してください。
プリントサーバー選択する追加ドライバー
32 ビット版OS[x64]にチェックマークを付けます。
64 ビット版OS・Windows Server 2003
[バージョン]が[Windows 2000、Windows XPおよびWindows Server 2003]の項目にチェックマークを付けます。
・Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2012
[プロセッサ]が[x86]の項目にチェックマークを付けます。
MEMO:
Windows Vista/7/8/Server 2008/Server 2012の場合に、32ビット版と64ビット版のどちらなのかがわからないときは、プロセッサバージョンを確認してください。確認方法については、本機に付属のDVD-ROMに収められている「電子マニュアル」(HTMLマニュアル)を参照してください。

4-3. ユーザーソフトウェアDVD-ROMをセットし、[参照]をクリックする

4-4. 追加ドライバーが収録されているフォルダーを指定し、INFファイルを選んだあと、[開く]をクリックする
  • 追加ドライバーが収録されているフォルダーはプリントサーバーのOSに応じて、次のように指定してください。
- プリントサーバーが32ビット版OSの場合
ユーザーソフトウェアDVD-ROM内の[LIPSV]−[LIPSLX]または[LIPS4]−[x64]−[Driver]フォルダーを指定します。
- プリントサーバーが64ビット版OSの場合
ユーザーソフトウェアDVD-ROM内の[LIPSV]−[LIPSLX]または[LIPS4]−[32BIT]−[Driver]フォルダーを指定します。

4-5.[OK]をクリックする
追加ドライバーのインストールが開始されます。自動的に[共有]タブに戻るまでお待ちください。
MEMO:
[ユーザーアカウント制御]が表示されたとき
  • [はい]をクリックします。

5. [OK]をクリックする
プリントサーバーを介してパソコンにドライバーをインストールする

1. プリントサーバーの共有プリンターを表示する

2. 共有プリンターをダブルクリックする

3. 画面の指示に従ってプリンタードライバーをインストールする

クライアント側のコンピューターの設定については、 クライアントにインストールする(LBP352i/LBP351i) を参照してください。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP351i / LBP352i

 

[TOP▲]
このページのトップへ