注意が必要な用紙(LBP712Ci)



注意が必要な用紙(LBP712Ci)
更新日 : 2016年6月17日
文書番号 : Q000088538



対処方法

注意が必要な用紙は、以下の内容を参照してください。
重要
次の用紙は使用しない
  • しわや折り目がある紙
  • カールした、または巻いた紙
  • 破れた紙
  • 湿った紙
  • 非常に薄い紙
  • 熱転写プリンターで印刷された紙
  • 目の粗い紙
  • つるつるした紙
  • コシの弱い紙

メモ
湿った用紙に印刷すると
  • 排紙部周辺から湯気が出たり、排紙部に水滴が付いたりすることがあります。これは、トナーを定着するときの熱によって用紙に含まれる水分が蒸発しているためですので、異常ではありません(特に、室温が低い場合に発生しやすくなります)。

参考
印刷済み用紙のウラ面に印刷する(手動両面印刷)
- 一度印刷した用紙のウラ面に印刷するときは、操作パネルの設定メニューにある<手動両面印刷(手差し)>を<2面目>に設定してください。設定方法については、「ユーザーズガイド」を参照してください。http://canon.com/oip-manualでご覧いただくことができます。
- 印刷のたびに1枚ずつセットしてください。
- 本機で印刷した用紙のみ使用できます。
- 一度印刷した面の上からさらに印刷することはできません。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP712Ci

 

[TOP▲]
このページのトップへ