用紙サイズと用紙種類を登録する(LBP654C/LBP652C/LBP651C/LBP612C/LBP611C)



用紙サイズと用紙種類を登録する(LBP654C/LBP652C/LBP651C/LBP612C/LBP611C)
更新日 : 2017年4月21日
文書番号 : Q000091095



対処方法

セットした用紙に合わせて用紙サイズと種類を設定する必要があります。今までセットされていた用紙と異なる用紙をセットした場合も、忘れずに設定を変更してください。
重要
  • セットした用紙と設定が一致していないと、正しく印刷できないだけでなく、紙づまりや印刷不良の原因となります。


2. 設定する給紙カセットを選ぶ
  • (<カセット2>)は、オプションのカセットユニットを装着している場合に表示されます。
タッチパネル機
モノクロ液晶機

3. 用紙のサイズを選ぶ
  • セットした用紙サイズが表示されていないときは、<その他のサイズ>を選びます。

定形サイズ以外の用紙を設定する(タッチパネル機)
3-1. <ユーザー設定>を選ぶ

3-2. <X>辺と<Y>辺の長さを設定する
  • <X>または<Y>を選び、それぞれの辺の長さを入力します。
  • よく使う用紙サイズを<S1>〜<S3>ボタンに登録しておけば、ワンタッチで呼び出すことができます。登録方法については、「定形外サイズの用紙を登録する(ユーザー設定用紙)」を参照してください。

3-3. <確定>を選ぶ

A5サイズの用紙をセットしたとき
  • ヨコ置きにセットした場合は<A5>、タテ置きにセットした場合は<A5R>を選びます。
ヨコ置き
タテ置き
<フリー>について
  • セットする用紙をひんぱんに変更する場合は、<フリー>に設定しておくことで、その都度、設定を変更する手間が省けます。プリンタードライバーでの設定とセットされている用紙のサイズが大きく異なる場合にエラーメッセージを表示させることもできます。設定方法については、「ユーザーズガイド」を参照してください。canon.com/oip-manualでご覧いただくことができます。

4. 用紙の種類を選ぶ
<フリー>について
  • プリンタードライバーで設定された用紙種類に従って動作します。用紙種類が[自動]の場合は、[普通紙1]として動作します。


1. 用紙のサイズを選ぶ
  • セットした用紙サイズが表示されていないときは、<その他のサイズ>を選びます。

定形サイズ以外の用紙を設定する
1-1. <ユーザー設定>を選ぶ

1-2. <X>辺と<Y>辺の長さを設定する
タッチパネル機
  • <X>または<Y>を選び、それぞれの辺の長さを入力します。
  • よく使う用紙サイズを<S1>〜<S3>ボタンに登録しておけば、ワンタッチで呼び出すことができます。登録方法については、「定形外サイズの用紙を登録する(ユーザー設定用紙)」を参照してください。
モノクロ液晶機
  • <X> <X>辺の長さを入力 <Y> <Y>辺の長さを入力 の順に操作します。

1-3. <確定>を選ぶ

A5サイズの用紙をセットしたとき
  • ヨコ置きにセットした場合は<A5>、タテ置きにセットした場合は<A5R>を選びます。
LBP654C/LBP652C/LBP651Cの例:
ヨコ置き
タテ置き
<フリー>について
  • セットする用紙をひんぱんに変更する場合は、<フリー>に設定しておくことで、その都度、設定を変更する手間が省けます。プリンタードライバーでの設定とセットされている用紙のサイズが大きく異なる場合にエラーメッセージを表示させることもできます。設定方法については、「ユーザーズガイド」を参照してください。canon.com/oip-manualでご覧いただくことができます。

2. 用紙の種類を選ぶ
<フリー>について
  • プリンタードライバーで設定された用紙種類に従って動作します。用紙種類が[自動]の場合は、[普通紙1]として動作します。


1. ホーム画面で、<用紙設定>を選ぶ

2. 手差しトレイを選ぶ
タッチパネル機
モノクロ液晶機

3. 用紙のサイズを選ぶ
  • セットした用紙サイズが表示されていないときは、<その他のサイズ>を選びます。
定形サイズ以外の用紙を設定する
3-1. <ユーザー設定>を選ぶ

3-2. <X>辺と<Y>辺の長さを設定する
タッチパネル機
  • <X>または<Y>を選び、それぞれの辺の長さを入力します。
  • よく使う用紙サイズを<S1>〜<S3>ボタンに登録しておけば、ワンタッチで呼び出すことができます。登録方法については、「定形外サイズの用紙を登録する(ユーザー設定用紙)」を参照してください。
モノクロ液晶機
<X> <X>辺の長さを入力 <Y> <Y>辺の長さを入力 の順に操作します。

3-3.
<確定>を選ぶ

A5サイズの用紙をセットしたとき
  • ヨコ置きにセットした場合は<A5>、タテ置きにセットした場合は<A5R>を選びます。
LBP654C/LBP652C/LBP651Cの例:
ヨコ置き
タテ置き
<フリー>について
  • セットする用紙をひんぱんに変更する場合は、<フリー>に設定しておくことで、その都度、設定を変更する手間が省けます。プリンタードライバーでの設定とセットされている用紙のサイズが大きく異なる場合にエラーメッセージを表示させることもできます。設定方法については、「定形外サイズの用紙を登録する(ユーザー設定用紙)」を参照してください。

4. 用紙の種類を選ぶ
<フリー>について
  • プリンタードライバーで設定された用紙種類に従って動作します。用紙種類が[自動]の場合は、[普通紙1]として動作します。


1. ホーム画面で、<用紙設定>を選ぶ

2. <ユーザー設定用紙登録>を選ぶ

3. 登録番号を選ぶ
  • モノクロ液晶機の場合、登録済みの番号を選択したときは、続けて<編集>を選びます。
設定内容を削除するには
  • <削除> <はい>の順に選びます。

4. <X>辺と<Y>辺の長さを設定する
タッチパネル機
  • <X>または<Y>を選び、それぞれの辺の長さを入力します。
モノクロ液晶機
  • <X> <X>辺の長さを入力 <Y> <Y>辺の長さを入力 の順に操作します。

5. <確定>を選ぶ

6. モノクロ液晶機の場合、続けて用紙の種類を選ぶ

<フリー>について
  • プリンタードライバーで設定された用紙種類に従って動作します。用紙種類が[自動]の場合は、[普通紙1]として動作します。

登録したユーザー設定用紙に設定する
タッチパネル機
ここで登録した用紙は、給紙カセットや手差しトレイの用紙サイズ選択画面で<ユーザー設定>を選んだときに呼び出すことができます。
モノクロ液晶機
ここで登録した用紙は、給紙カセットや手差しトレイの用紙サイズ選択画面に表示されます。
手差しトレイの例:


1. ホーム画面で、<用紙設定>を選ぶ

2. <よく使う用紙サイズの選択>を選ぶ

3. 表示する用紙サイズを絞り込みたい給紙部を選ぶ

4. 表示させない用紙サイズのチェックマークを外す
  • よく使う用紙サイズだけにチェックマークが付いている状態にします。
  • チェックマークを外した用紙サイズは、用紙サイズ設定の選択画面で<その他のサイズ>を選ぶと表示されます。

5. <確定>を選ぶ


1. ホーム画面で、<メニュー>を選ぶ

2. <ファンクション設定> <共通> <給紙動作>の順に進む

3. <給紙箇所の自動選択>/<用紙カセット自動選択のON/OFF>を選ぶ

4. 設定対象の機能を選ぶ
  • レポート/リストの印刷、メモリーメディアプリントなどの機能を設定の対象とするときは<その他>を選びます。

5. 自動選択の対象とする給紙部を<ON>に設定する
  • <カセット2>は、オプションのカセットユニットを装着している場合に表示されます。
タッチパネル機
対象とする給紙部で<ON>を選びます。
モノクロ液晶機
対象とする給紙部 <ON>の順に選びます。
  • <カセット1>または<カセット2>のいずれかを必ず<ON>に設定してください。どちらも<OFF>を選んだ場合は、設定を完了できません。

6. <確定>を選ぶ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

LBP611C / LBP612C / LBP651C / LBP652C / LBP654C

 

[TOP▲]
このページのトップへ