カートリッジ交換方法



カートリッジ交換方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000003976



詳細情報:
  1. カートリッジ交換方法

【詳細1】カートリッジ交換方法

NP160/165カートリッジ交換手順

(1) 本体前ドアを開きます。
(2) 左側にあるグリーンのレバーを引き上げて機械上部を開きます。
(3) カートリッジ中央部の矢印(▼)の部分を押しながら、カートリッジを本体から15cmほど引き出します。
(4) カートリッジの両脇を握りなおして、本体から引き出します。

(使用済みカートリッジは絶対に火の中に入れないで下さい。爆発の恐れがあり大変危険です。)

(5) 交換用の新しいカートリッジを用意します。

新しいカートリッジに付いている保護シートと、保護部品を

取り去ります。(袋はカートリッジの保管の際に使いますので、とって置くことをお勧めします。)

(6) カートリッジを水平な場所に置き、カートリッジの開封シールを引き剥がします。

開封シールのオレンジ色の部分を持ち、カートリッジを押さえながらまっすぐ静かに引いて、完全に引き剥がします。

(7) 新しいカートリッジを、上下及び左右に静かに振って中のトナーを均一にします。(往復3回くらいが目安)

均一にしないままでコピーをとるとコピー画像にムラが出たりカートリッジ交換表示が点灯する事があります。

カートリッジは激しく振らないで下さい。激しく振るとトナーが漏れて衣類などが汚れることがあります。

(8) 新しいカートリッジをセットします。
本体に突き当たり、カチッと音がするまでカートリッジを静かに入れます。

カートリッジが確実に奥まで入っていないと、機械上部が閉じられません。

(9) ドラム保護カバーを抜き取ります。
ドラムの左下にある矢印(▼)が付いているつまみを持ち、下手前方向に抜き取ります。

ドラムカバーを抜き取らないまま、機械上部を閉じると機械破損の原因になります。必ずドラム保護カバーは抜き取ってください。

(10) 機械上部を確実に閉じます。閉じていないと前ドアが閉められません。

上部本体を閉じる際に若干、体重をかけないと閉まりにくい場合があります。

(11) 前ドアーを確実に閉じます。開いていると機械は動作しません。
(12) 操作部の濃度キー(A)を約4秒以上押しつづけます。
約4秒以上経過すると、枚数/倍率表示部に「UC」と表示されます。
(13) スタートキーを押します。
約20秒間、枚数/倍率表示部の「UC」が点滅し、自動的に中のトナーを攪拌します。その後通常の標準モードに戻ります。

カートリッジ交換の際は必ず、(12)、(13)の動作を実施してください。行わないと、初めの数枚はコピーが写らなかったり、カートリッジ交換表示が点灯する場合があります。
この場合は電源を入れなおしてこの動作を行ってください。

備考 カートリッジ交換後コピー面が全体的に濃すぎたり、薄い場合は前ドアーを開け「コピー濃度補正つまみ」で濃度を調整してください。 取扱い説明書、4-11頁

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

NP160 / NP165

 

[TOP▲]
このページのトップへ