紙詰まりの対処方法(OCP)



紙詰まりの対処方法(OCP)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000001303



詳細情報:
  1. 紙詰まりの対処方法(OCP)

【詳細1】紙詰まりの対処方法(OCP)

紙づまりが発生すると、ディスプレイに「ヨウシガ ツマリマシタ」というメッセージが表示され、印刷が停止します。

用紙がつまったときは、次の手順で各部を点検し、つまった用紙を取り除いてください。

 

(1)

手差し給紙レバーを上げながら、カセットを取り外します。

カセット2やカセット3から給紙していたときは、すべてのカセットを取り外してください。

(2)

前上カバーを取り外します。

(3)

排紙部で用紙がつまっている場合は、両手でゆっくりと手前へ引いて、つまった用紙を取り除きます。

 

(4)

給紙部で用紙がつまっている場合は、両手でゆっくりと下へ引いて、つまった用紙を取り除きます。

(5)

オプションカセット部で用紙がつまっている場合は、背面カバー(a)と背面内カバー(b)を開いて、残っている用紙をすべて取り除きます。

背面内カバー(b)は、両サイドのつまみを持って開けます。

用紙を取り除いたら、背面内カバーと背面カバーを閉じてください。

 

・背面内カバーを閉じるときは、両サイドのつまみをしっかりと押し込んでください。背面内カバーが浮いていると、給紙不良の原因になります。

(6)

用紙が破れてプリンタ内部に残った場合は、後ろカバーを取り外し、つまっている用紙を両手で上手前方向に引いて、取り除きます。

 

・エンコーダーフィルム(a)には絶対に手を触れないでください。また、装置内の他の部品にも手を触れないように注意してください。

・透明フィルム(b)を折り曲げないように注意してください。

・用紙は、必ず上手前方向に引いてください。真上に引くと、印字品質の低下や故障の原因となります。

・用紙が破れている場合は、すべての紙片が取り除けたか、必ず確認してください。用紙が内部に残っていると、紙づまりの原因になります。

(7)

前上カバーと後ろ上カバーを取り付けます。

 

(8)

カセットの用紙をセットし直して、プリンタへカセットをセットします。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

N1000 / N1100 / N2100 / N2000

 

[TOP▲]
このページのトップへ