WebToolsを使用してドライバをダウンロードする(Macintosh用ドライバ)



WebToolsを使用してドライバをダウンロードする(Macintosh用ドライバ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000017595



以下の方法でWebToolsからドライバをダウンロードしてインストールすることが出来ます。

*WebToolsを使用するにはコントローラ側の設定で「プロトコル設定」内の「TCP/IPを使用する」が「はい」。「サービス設定」内の「Webサービスを使用する」が「はい」に設定されており、WebToolsを使用するパソコンとコントローラでTCP/IPによる通信が出来ている必要があります。
*WebToolsからダウンロードできるドライバは機種に標準で添付されているUserSoftware CD-ROM内に格納されているドライバのみになります。各コントローラのOSへの対応については関連情報をご確認ください。
*一部コントローラではMacOS 9環境で同梱のドライバをご使用時、プリントトラブルが発生してしまう場合がございます。MacOS 9環境でご使用される際は、関連情報をご確認ください。

  1. ブラウザソフトを起動し、URLにコントローラに設定されているIPアドレスを入力します。
    *各コントローラの推奨ブラウザソフトについては関連情報「WebToolsの推奨ブラウザソフト」を参照下さい。
  2. Fiery WebToolsが起動します。「インストーラ」をクリックします。
    WebTools画面
  3. Macintosh項目の「プリンタファイル」をクリックしてファイルをダウンロードします。
    *ファイルをダウンロードする際、ファイル名は変更しても構いませんが、拡張子は変更せずに保存を行って下さい。
    *Macintosh環境でWebToolsが動作保証外のコントローラをご使用の場合は、お手数をお掛けいたしますが、WindowsPCをご使用いただき、ファイルのダウンロードを行って、Macintoshにファイルをコピーしてください。
  4. ダウンロードしたファイルをダブルクリックし、解凍先とフォルダ名を指定して解凍を行います。
  5. 「4」で指定した解凍先フォルダ内にAdobePSのインストーラが作成されます。AdobePS日本語版 8.xxインストーラを起動してドライバのインストールを行って下さい。

*CP660/680/680II及びCP2100シリーズ用PSプリンタボードでは「インストーラ」機能は使用できません。コントローラ同梱のユーザソフトウェアCD-ROMを使用してドライバをインストールして下さい。



関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CLC300(EPO) / CLC320(EPO S) / CLC350(EPO 2) / CLC470 / CLC500(Dio) / CLC550(Dio 2) / CLC700(New Dio S) / CLC730(New Dio R) / CLC750(New Dio L) / CLC780(New Dio V) / CLC800(New Dio) / CLC900(New Dio) / CLC920(New Dio) / CLC950(New Dio) / CLC1100(PIXEL D) / CLC1130(PIXEL D) / CLC1150(PIXEL D) / CLC1110(PIXEL G) / CLC1160(PIXEL G) / CLC1180(PIXEL G) / CLC1000(MAX) / CLC2400(MAX) / CLC3100(MAX) / CLC3900(New MAX) / CLC5000(New MAX) / CLC4000(New MAX) / CLC5100(New MAX) / PS-NX40 / PS-NX40W / PS-NX60 / PS-NX400W / PS-NX450 / PS-NX500W / PS-NX650 / PS-NX800 / PS-NX5000 / PS-NX7000 / PS-ZX30 / PS-ZX35 / PS-ZX50 / PS-ZX55 / PS-ZX80 / PS-MX20 / PS-MX20E / PS-MX25 / PS-XJ80V / PS-XJ128V / PS-XJ128G / PS-XJ144V / PS-XJ144G / PS-XJ256G / PS-XJ1000 / PS-XJ64S / PS-XJ64E

 

[TOP▲]
このページのトップへ