プリンタのTCP/IP項目の設定(変更)を行うLIPS-B1)



プリンタのTCP/IP項目の設定(変更)を行うLIPS-B1)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000017666



CP LIPS-B1ボードのTCP/IPプロトコルの設定を変更する場合は、パソコンから「NetSpot」、「Webブラウザ」、「FTP」いずれかを使用して変更を行います。
また、「ARP/PING」コマンドを使用し、プリンタのIPアドレスを設定することも可能です。
*「ARP/PING」コマンドを使用した際、「サブネットマスク」、「ゲートウェイアドレス」は「0.0.0.0」で設定されます。「Webブラウザ」や「FTP」を使用してプリンタの設定を行うためにパソコン、プリンタ間でTCP/IPによる通信を可能にするため等にご使用下さい。

 

INDEX
<NetSpotによる設定方法 (Windows)>
<NetSpotによる設定方法 (Macintosh)>
<Webブラウザによる設定方法>
<FTPによる設定方法>
<ARP/PINGコマンドによる設定方法>

 

■NetSpotによる設定方法 (Windows)

  1. 「NetSpot管理者用」をインストールし、NetSpotを管理者モードで起動します。
  2. 該当するプリンタを選択し、「デバイス」メニューから「開く」を選択します。
    *該当するプリンタが表示されていない場合は関連情報をご確認頂き、プリンタの追加を行って下さい。
  3. 表示された画面の「ネットワーク」タブをクリックし、「プロトコル設定」ボタンをクリックします。
  4. 「TCP/IP」タブを開き、各項目の設定を行います。

    ・フレームタイプ:TCP/IPネットワークで使用する場合は「ETHERNET II」を選択します。
    ・DHCPによるアドレス設定:DHCPサーバからIPアドレスを自動的に所得する場合にチェックします。
    ・BOOTPによるアドレス設定:BOOTPデーモンからIPアドレスを自動的に所得する場合にチェックします。
    ・RARPによるアドレス設定:RARPデーモンからIPアドレスを自動的に所得する場合にチェックします。
    ・IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレス:プリンタに設定する各項目を設定します。
    ・LPDバナー:バナーページ(プリントジョブの区切りページ)の出力方法を「自動」、「オン」(最後に挿入)、「オフ」から選択します。
    NB-4Fプロトコル設定画面
  5. DNSサーバ等の設定を行う場合は、「詳細」をクリックします。

    ・Raw 双方向通信:Rawモードの双方向通信を行う場合にチェックを入れます。
    ・IPP URL:IPP印刷時のプリンタのURLを設定します。
    ・DNSサーバアドレス:DNSサーバ使用時にDNSサーバのIPアドレスを入力します。
    ・DNSの動的更新:プリンタの「IPアドレス」、「DNSホスト名」、「DNSドメイン名」の設定をDNSサーバに自動的に登録する場合にチェックを入れます。
    ・DNSホスト名:このプリンタのDNSホスト名を入力します。
    ・DNSドメイン名:このプリンタのDNSドメイン名を入力します。
    TCP/IP詳細設定画面

 INDEXに戻る

 

■NetSpotによる設定方法 (Macintosh)

  1. 「NetSpot管理者用」をインストールし、NetSpotを管理者モードで起動します。
  2. 「設定」→「プロトコル選択」で使用するプロトコルを選択します。
  3. 該当するプリンタを選択し、「ファイル」→「開く」を選択します。
  4. 表示された画面の「ネットワーク」タブをクリックし、「プロトコル設定」ボタンをクリックします。
  5. 「TCP/IP」タブを開き、各項目の設定を行います。

    ・フレームタイプ:TCP/IPネットワークで使用する場合は「ETHERNET II」を選択します。
    ・DHCPによるアドレス設定:DHCPサーバからIPアドレスを自動的に所得する場合にチェックします。
    ・BOOTPによるアドレス設定:BOOTPデーモンからIPアドレスを自動的に所得する場合にチェックします。
    ・RARPによるアドレス設定:RARPデーモンからIPアドレスを自動的に所得する場合にチェックします。
    ・IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレス:プリンタに設定する各項目を設定します。
    ・LPDバナー:バナーページ(プリントジョブの区切りページ)の出力方法を「自動」、「オン」(最後に挿入)、「オフ」から選択します。
  6. DNSサーバ等の設定を行う場合は、「詳細」をクリックします。

    ・Raw 双方向通信:Rawモードの双方向通信を行う場合にチェックを入れます。
    ・IPP URL:IPP印刷時のプリンタのURLを設定します。
    ・DNSサーバアドレス:DNSサーバ使用時にDNSサーバのIPアドレスを入力します。
    ・DNSの動的更新:プリンタの「IPアドレス」、「DNSホスト名」、「DNSドメイン名」の設定をDNSサーバに自動的に登録する場合にチェックを入れます。
    ・DNSホスト名:このプリンタのDNSホスト名を入力します。
    ・DNSドメイン名:このプリンタのDNSドメイン名を入力します。

INDEXに戻る

 

■Webブラウザを使用した設定方法

*WebブラウザはNetscape Communucator 4.04以降またはInternet Explorer 4.01SP1以降をご使用下さい。

  1. Webブラウザを起動し、「場所」または「アドレス」にhttp://<プリンタのIPアドレス>/を入力し、「Enter」キーを押します。
  2. 表示された画面の左側のメニューにある「構成情報」ボタンをクリックします。
    *プリンタにパスワード設定している場合は、パスワード入力画面が表示されます。
  3. 「TCP/IP」項目の「変更....」ボタンをクリックし、各項目を設定して下さい。

    ・フレームタイプ:TCP/IPネットワークで使用する場合は「ETHERNET II」を選択します。
    ・DHCP:DHCPサーバからIPアドレスを自動的に所得する場合は「オン」を選択します。
    ・BOOTP:BOOTPデーモンからIPアドレスを自動的に所得する場合は「オン」を選択します。
    ・RARP:RARPデーモンからIPアドレスを自動的に所得する場合は「オン」を選択します。
    ・IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレス:プリンタに設定する各項目を設定します。
    ・LPDバナー:バナーページ(プリントジョブの区切りページ)の出力方法を「自動」、「オン」(最後に挿入)、「オフ」から選択します。
    ・IPPプリンタのURL:IPP印刷時のプリンタのURLを設定します。
    ・Rawモード双方向通信:Rawモードの双方向通信を行う場合は「オン」を選択します。
    LIPS-B1 WebでのTCP/IP設定画面
  4. 設定後、「OK」をクリックすると「プリントサーバ構成情報」画面に戻ります。変更した設定を有効にするには「プリントサーバのリセット」ボタンをクリックしてプリンタをリセットしてください。
    LIPS-B1 Webでのプリントサーバ構成情報画面

INDEXに戻る

 

■FTPクライアントによる設定変更手順

  1. 「MS-DOSプロンプト」または「コマンドプロンプト」を起動します。
      ・Windows95/98:  「スタート」→「プログラム」→「MS-DOSプロンプト」
      ・WindowsMe:「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「MS-DOSプロンプト」
      ・WindowsNT4.0:「スタート」→「プログラム」→「コマンドプロンプト」
      ・Windows2000: 「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」
      ・WindowsXP: 「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」
  2. 次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。(ftpサーバにアクセスします)
    「ftp<プリンタのIPアドレス>」
  3. ログインユーザを入力します。ユーザ名として「root」を入力し「Enter」を押します。
    *プリンタにパスワード設定している場合はさらにパスワードも入力して下さい。
  4. 次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。(現在の設定が記載されたconfigファイルをサーバからダウンロードします。)
    「getconfig」
  5. メモ帳などでダウンロードしたconfigファイルのTCP/IP項目を編集します。(configファイルはftpサーバにログインを実行したときのルートディレクトリにダウンロードされます)。
    *configファイルのTCP/IPプロトコルに関する項目は「---TCP/IP Menu」に続く下記項目を環境に合わせ変更していただきます。

    ・TCP_FRAME_TYPE.:TCP/IPネットワークで使用する場合は「Ethernet_II」で設定します。
    ・DHCP_ENB. :DHCPサーバの使用を「YES」、「NO」で設定します。
    ・BOOTP_ENB. :BOOTPデーモンの使用を「YES」、「NO」で設定します。
    ・RARP_ENB.:RARPデーモンの使用を「YES」、「NO」で設定します。
    ・INT_ADDR.、NET_MASK、DEF_ROUT.:プリンタに設定するIPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイアドレスを「192 168 249 76」のように間にスペースを入れて設定します。
    ・LPD_BANN.:バナーページ(プリントジョブの区切りページ)の出力方法を「Auto」、「Last」(最後に挿入)、「Off」から選択します。
    ・IPP_PRT_URI. :IPP印刷時のプリンタのURLを設定します。
    ・RAW_BIDIR_ENB.:Rawモードの双方向通信を「YES」、「NO」で設定します。
  6. ファイルの編集後、次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。(編集したconfigファイルをサーバにアップロードします。)
    「putconfigCONFIG」
  7. 次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。(プリントサーバをリセットする)
    「getreset」
  8. 次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。(FTPサーバからログオフします)
    「quit」
    FTPによる設定

INDEXに戻る

 

 

■「ARP/PING」コマンドによるプリンタのIP設定方法

*「ARP/PING」コマンドを使用した際、「サブネットマスク」、「ゲートウェイアドレス」は「0.0.0.0」で設定されます。

  1. 「MS-DOSプロンプト」または「コマンドプロンプト」を起動します。
      ・Windows95/98:   「スタート」→「プログラム」→「MS-DOSプロンプト」
      ・WindowsMe:「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「MS-DOSプロンプト」
      ・WindowsNT4.0: 「スタート」→「プログラム」→「コマンドプロンプト」
      ・ Windows2000:  「スタート」→「プログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」
      ・ WindowsXP:  「スタート」→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「コマンドプロンプト」
  2. 次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。
    「arp-s<プリンタに設定するIPアドレス><ネットワークボードのMACアドレス>
    *「Enter」キーを押しても特にメッセージなどは表示されません。通常の入力画面に戻るだけです。
    *プリンタボードのMACアドレスの確認方法については関連情報をご確認下さい。
  3. 次のコマンドを入力し、「Enter」キーを押します。
    「ping<先程プリンタに設定したIPアドレス>-l479
    *「-l」はアルファベット小文字の「l」です。
    *コマンド実行後、「Reply from <IPアドレス>:bytes=・・・」の表示が4行表示されれば設定は終了です。
    arpコマンド実行画面

INDEXに戻る



関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CP660(PIXEL L) / CP680(New PIXEL L)

 

[TOP▲]
このページのトップへ