セキュアプリント機能について(CP2100シリーズ)



セキュアプリント機能について(CP2100シリーズ)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000017883



詳細情報:
  1. セキュアプリント機能とは(CP2100シリーズ)
  2. セキュアプリント使用方法(CP2100シリーズ)

【詳細1】セキュアプリント機能とは(CP2100シリーズ)

プリンタドライバ上で出力時にパスワード(半角英数4桁)を設定し、プリンタ本体の操作パネルで同じパスワードが入力されるまでは印刷されない機能です。

機密書類や自分だけのデータをまとめて出力したい場合などに便利です。

*セキュアプリントを使用して印刷したジョブは、Command Work Station、Fiery Spooler、Fiery Web Spoolerには表示されませんが、ジョブログには表示されます。

戻る

【詳細2】セキュアプリント使用方法(CP2100シリーズ)

■セキュアプリント機能が対応しているOS

  • Windows95/98/Me/NT4.0/2000*1/XP*1
  • Mac OS 8.6/9.x
  • Mac OS 10.3〜10.3.2

※カラーネットワークプリンタボード・A1ではMacOS 10.3〜10.3.2環境でセキュアプリントは使用できません。

*1・・・Windows2000/XP環境よりセキュアプリント機能を使用される場合は、PostScript UniDriver for Windows 2000/XPドライバをインストールしていただく必要がございます。

PostScript UniDriver for Windows 2000ダウンロードページ
http://cweb.canon.jp/drv-upd/pixel/unid-w2k.html

PostScript UniDriver for Windows XPダウンロードページ
http://cweb.canon.jp/drv-upd/pixel/unid-xp.html

*2・・・Mac OS 10.3〜10.3.2環境よりセキュアプリント機能を使用される場合は、Mac OS X 10.3対応暫定版PostScriptプリンタドライバをインストールしていただく必要がございます。

Mac OS X 10.3対応暫定版PostScriptプリンタドライバダウンロードページ
http://cweb.canon.jp/drv-upd/pixel/psmacosx103x.html

 

■使用方法

1.パソコン上で印刷時にセキュアプリントで使用するパスワードを入力し印刷を実行します。

・カラーネットワークプリンタボード・A1使用時

  •  Windows95/98/Me/2000/XP:  印刷時、ドライバのプロパティの「Fiery印刷」を開き「オーナ情報」内の「セキュアプリント」欄にパスワードを入力します。
  •  WindowsNT4.0:  印刷ダイアログボックスで「OK」を押すと、「プリンタジョブ注釈メモ」が表示されますので、「セキュアプリント」欄にパスワードを入力します。
  •  Mac OS 8.6/9.x: 印刷画面で「ジョブ注釈メモ」を表示。「セキュアプリント」欄にパスワードを入力します。

・カラーネットワークプリンタボード・B1使用時

  •  Windows95/98/Me/NT4.0/2000/XP:  印刷時、ドライバのプロパティの「Fiery印刷」を開き「オーナ情報」内の「セキュアプリント」欄にパスワードを入力します。
  •  Mac OS 8.6/9.x: 印刷画面で「ジョブ注釈メモ」を表示。「セキュアプリント」欄にパスワードを入力します。
  •  Mac OS X: 印刷画面で「ジョブ注釈メモ」を表示。「セキュアプリント」にチェックを入れて欄にパスワードを入力します。

2.CP本体の拡張キーを押してプリンタ画面を表示します。

3.「セキュアプリント」を選択し「値の変更」を押し、印刷時に設定した暗証番号を入力し「OK」を押します。

4.「印刷後削除」、「印刷後待機」、「部数」、「削除」の項目から該当する項目を押し、プリントもしくは削除を実行します。

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CP2120-H / CP2120-P / CP2125-H / CP2125-P / CP2150-H / CP2150-P / CP2150G-H / CP2150G-P / CP2155-H / CP2155-P

 

[TOP▲]
このページのトップへ