MG料金の計算方法について(CLC)



MG料金の計算方法について(CLC)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000017977



CLCシリーズのMG料金の計算方法はご使用されている機種により異なります。

該当する機種のMG料金の計算方法をご参照下さい。



詳細情報:
  1. CLC900シリーズ(CLC900/920/950)の保守サービス(MG料金)
  2. CLC300/400/500/700シリーズ、CLC1000/2400のMG料金の計算方法について
  3. CLC900/1100シリーズ、CLC3100/3900/4000/5000/5100のMG料金の計算方法について

【詳細1】CLC900シリーズ(CLC900/920/950)の保守サービス(MG料金)

CLC900シリーズ(CLC900/CLC920/CLC950)は、保守サービスの形態として、MG(メンテナンスギャランティ)方式をとっております。

感光体ドラムをお貸しし、良質のコピーがとれるように定期的に点検および部品の交換をいたします。
また、ご要望により機械調整を行います。

トナー・感光体・部品の交換や調整に必要な費用は、MG料金に含まれます。

■CLC900シリーズ(CLC900/920/950)のMG料金体系

※請求金額の合計に対し税金が加算されます

    基本料金 7,500円/月

月間コピー枚数 カラーコピーカウンタ
(フルカラーコピー及びモノカラーコピー時)
カラーPSIカウンタ
(外部機器からのカラー出力及び本体の色登録コピーチェック、パレットシートプリント時)
ブラックカウンタ
(白黒コピー及び白黒出力時)
1〜1000枚 75円/カウント 50円/カウント 8.5円/カウント
1001枚〜3000枚 65円/カウント 45円/カウント 8.0円/カウント
3001枚〜5000枚 55円/カウント 40円/カウント 7.5円/カウント
5001枚〜 45円/カウント 35円/カウント 7.0円/カウント

上記のように3カウンタ方式となります。

  • カウンタは1プリント(コピー、プリントアウト等を含む)作業ごとに1カウント進みます。
  • 両面プリントは2カウント進みます。
  • 各々のカウンタ料金の合計金額をご請求させていただきます。
  • カウンタ料金の合計金額が基本料金7,500円/月を下回る場合は、基本料金7,500円をご請求させていただきます。
  • 契約有効期限は5年間です。5年経過後は、最長2年間の契約有効期限が延長できます。
  • 6年目以降はMG料金を10%アップいたします。
戻る

【詳細2】CLC300/400/500/700シリーズ、CLC1000/2400のMG料金の計算方法について

※請求金額の合計に対し税金が加算されます

CLC300/320/350/450/470/500/550/700/730/750/780/800/1000/2400では月々の基本料金にカラーコピー100カウント分を含んでおります。

基本料金にカラーコピー 100カウント分があらかじめ含まれており、月々のご請求額は

基本料金+101カウント以降のカラーコピーカウンタの合計+カラーPSIカウンタ(CLC300シリーズではモノカラーカウンタ)の合計+ブラックカウンタの合計

の金額になります。

*CLC300/400/500シリーズのMG料金にはトナー/用紙代は含まれません。
*CLC700/800/900シリーズ、CLC1000/2400のMG料金には用紙代は含まれておりません。

カウンタの一例 CLC700/800シリーズの場合
カラーコピー枚数が50枚、
プリンタ出力枚数が150枚の場合
基本料金:7,500円(コピー料金が7,500円に満たないため)

+PSIカウンタ料金:7,500円(50円/カウンタ×150枚)

=合計15,000円

ご請求金額

15,000円
カラーコピー枚数が150枚、
プリンタ出力枚数が50枚の場合
カラーコピーカウンタ料金:11,250円(基本料金:7,500円(カラーコピー100カウント含む)+75円/カウンタ×50枚)

+PSIカウンタ料金:2,500円(50円/カウンタ×50枚)

=合計13,750円

ご請求金額

13,750円

 

 

戻る

【詳細3】CLC900/1100シリーズ、CLC3100/3900/4000/5000/5100のMG料金の計算方法について

※請求金額の合計に対し税金が加算されます

CLC900/920/950/1100/1110/1130/1150/1160/1180/3100/3900/4000/5000/5100では新MG方式を採用しています。

   合算基本料金方式により、主にプリンタとしてご利用されるお客様にはコストの低減が図れます。

※合算基本料金方式…カラーコピーカウンタ、カラーPSIカウンタ(コントローラを介してのカラー出力時のカウンタ)、ブラックカウンタという各々のカウンタ料金の合計金額をご請求させていただく料金方式です。

従来の700/800シリーズ迄の機械では、複写機をプリンタとして主にお使い頂いているお客様の場合、月に100枚以上のカラーコピーをとっていなくても、基本料金として、7,500円/月+カラーPSIカウンタ分をお支払いいただいておりましたが、この合算基本料金方式により、このようなお客様の場合、プリンタとしてご利用いただいたカウンタ料金が基本料金以上であれば、カラーコピーとしてお使いいただいてなくても、その分だけいただくという形になります。

*カウンタの合計金額が基本料金に満たなかった場合は、基本料金をご請求させていただきます。
*MG料金には用紙代は含まれておりません。

カウンタの一例 CLC700/800シリーズの場合 CLC900シリーズの場合
カラーコピー枚数が50枚、
プリンタ出力枚数が150枚の場合
基本料金:7,500円(コピー料金が7,500円に満たないため)

+PSIカウンタ料金:7,500円(50円/カウンタ×150枚)

=合計15,000円

カラーコピーカウンタ料金:3,750円(75円/カウンタ×50枚)

+PSIlカウンタ料金:7,500円(50円/カウンタ×150枚)

=合計11,250円

ご請求金額

15,000円 11,250円(合計金額が基本料金7,500円以上)
カラーコピー枚数が50枚、
プリンタ出力枚数が50枚の場合
基本料金:7,500円(コピーカウンタ料金が7,500円に満たないため)

+PSIカウンタ料金:2,500円(50円/カウンタ×50枚)

=合計10,000円

カラーコピーカウンタ料金:3,750円(75円/カウンタ×50枚)

+PSIカウンタ料金:2,500円(50円/カウンタ×50枚)

=合計6,250円

ご請求金額

10,000円 7,500円(合計金額が基本料金7,500円を下回るため)
戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

CLC300(EPO) / CLC320(EPO S) / CLC350(EPO 2) / CLC450 / CLC470 / CLC500(Dio) / CLC550(Dio 2) / CLC700(New Dio S) / CLC730(New Dio R) / CLC750(New Dio L) / CLC780(New Dio V) / CLC800(New Dio) / CLC900(New Dio) / CLC920(New Dio) / CLC950(New Dio) / CLC1100(PIXEL D) / CLC1130(PIXEL D) / CLC1150(PIXEL D) / CLC1110(PIXEL G) / CLC1160(PIXEL G) / CLC1180(PIXEL G) / CLC1000(MAX) / CLC2400(MAX) / CLC3100(MAX) / CLC3900(New MAX) / CLC5000(New MAX) / CLC4000(New MAX) / CLC5100(New MAX)

 

[TOP▲]
このページのトップへ