原稿をスキャンしてコンピューターの共有フォルダーへ送信する方法



原稿をスキャンしてコンピューターの共有フォルダーへ送信する方法
更新日 : 2014年9月19日
文書番号 : Q000081721



ここでは、以下のケースで「原稿をスキャンしてコンピューターの共有フォルダーへ送信する方法」を説明します。
 本体とSMBプロトコルで接続されたWindowsのドライブ上に共有フォルダー(「PDF-Scan」フォルダー)を作成する。
 両面印刷された原稿をPDF化して送信する。

 共有フォルダーの作成
 宛先の登録
 本体上での送信
紙文書をPDF/XPS化することで、コンピューターの共有フォルダーへ送信できます。


紙文書をPDF/XPS化するメリット
 省スペース化
 文書内テキストの検索性の向上
 出力コスト削減と紙資源の節約
 パスワードによるセキュリティー

 必要な条件

本体から共有フォルダーのあるコンピューターにネットワーク経由で接続できる


 メモ

 お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。
 お使いのコンピューターのOSによっては、画面が異なる場合があります。


共有フォルダーの作成

 Windowsの場合
 Macの場合

Windowsの場合
 1.
コンピューター名を確認します。
(スタート)→[コンピューター]を右クリックして、[プロパティ] をクリックしたあと、コンピューター名を確認します。
Windows 8の場合は、デスクトップ画面右上(右下)にカーソルを置き、[検索]をクリック→[コンピューター]を右クリックして、[プロパティ] をクリックしたあ
と、コンピューター名を確認します。

画面はWindows 7のものです。

 2.
デスクトップ上で右クリックして、[新規作成][フォルダー]で新規フォルダーを作成したあと、フォルダーの名称を「PDF-Scan」に設定します。
 3.
フォルダーを共有設定にします。
「PDF-Scan」フォルダーを右クリックして、[プロパティ]を選択したあと、[PDF-Scanのプロパティ]ダイアログボックスの[共有]ページで[詳細な共有]→[このフォルダを共有する]にチェックマークを付けて、[アクセス許可]をクリックします。

 4.
Everyone]を選択して、「許可」の「フルコントロール」にチェックマークが付いているか確認したあと、付いている場合には[OK]をクリックします。付いていない場合にはチェックマークを付けて、[OKOK[閉じる]をクリックします。

「許可」の「フルコントロール」にチェックマークを付けると、「変更」、「読み取り」にもチェックが入ります。
これでデータを送信する共有フォルダーの作成が終了しました。


Macの場合
共有フォルダー([パブリック]フォルダー)を使用するための設定を行います。
 1.
[システム環境設定]画面で、[共有]をクリックします。

 2.
[ファイル共有]にチェックマークを付けます。

ネットワーク上で、[パブリック]フォルダーの共有が開始されます。
共有ファイルは、[パブリック]-[ドロップボックス]でやり取りします。[ドロップボックス]へは、[移動]メニューから[ホーム]を選択して、ログインユーザー名-[パブリック]-[ドロップボックス]でアクセスできます。


このページのトップへ


宛先の登録

 ※iR-ADV C2000 / C2200 シリーズの場合は画面周りが異なりますので、ご注意ください

 1.
メインメニュー画面で[スキャンして送信]を押します。

 2.
[アドレス帳]を選択します。

 3.
[登録/編集]を押します。

 4.
[新規宛先の登録][ファイル]を押します。

 5.
各項目を設定します。

[名称]:

宛先の名称を入力します。任意の名称をつけることができます。

プロトコル:

[Windows(SMB)]を選択します。

[ホスト名]:

Windowsをお使いの場合には、「共有フォルダーを作成(Windows)」の手順1、Macintoshをお使いの場合は、「共有フォルダーを作成(Mac)」の手順2で確認したコンピューター名を入力します。

[ホスト検索]:

ネットワーク上のコンピューターを検索し、保存先として指定することができます。

[参照]:

ネットワーク上のコンピューター一覧から、保存先を選択・指定することができます。

[フォルダーへのパス]:

保存先コンピューターの保存先フォルダーを指定します。[参照]を押して、保存先コンピューターのフォルダーを指定することもできます。

[ユーザー名]:

送信者のユーザー名(コンピューターにログインする際の名称)を入力します。

[パスワード]:

ユーザー名に対応するパスワードを入力します。

[パスワードをその都度入力]:

チェックを付けると、ここで登録する宛先にファイルを送信するたびに、毎回パスワードの入力が必要になります。

 6.
OK]を押します。


このページのトップへ


本体上での送信

両面のOCR(文字認識)のPDFを作成します。

 ※iR-ADV C2000 / C2200 シリーズの場合は画面周りが異なりますので、ご注意ください

 1.
原稿をフィーダーまたは原稿台ガラスにセットして、メインメニュー画面で[スキャンして送信]を押します。

 2.
[アドレス帳]を押します。
 3.
登録した宛先を選択して、[OK]を押します。

 4.
ファイル形式ボタンを押します。

 5.
PDF]を選択したあと、[OCR(文字認識)OK]を押します。

 6.
[その他の機能]を押します。

 7.
[両面原稿]を押して、原稿の開きかたを設定したあと、[OK]を押します。

 8.
(スタート)を押します。
原稿がサーチャブルPDF化されて送信され、共有フォルダーに保存されます。


このページのトップへ

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

imagePRESS C60

 

[TOP▲]
このページのトップへ