応用変倍について



応用変倍について
更新日 : 2014年9月19日
文書番号 : Q000081784



用途に応じてさまざまな変倍ができる「応用変倍」

1%単位で倍率を指定して拡大/縮小するズーム変倍、指定した用紙のサイズにあわせて自動で変倍する自動変倍、原稿いっぱいに描かれた画像が欠けないように少しだけ縮小してコピーする少し小さめ(全面コピー)、ミリ(mm)単位で指定した原稿サイズとコピーサイズに応じて自動的に適切な倍率を設定し拡大/縮小する長さで指定、原稿のタテとヨコを違う倍率で拡大/縮小するXY独立ズームがあります。

※iR-ADV C350FはXY独立自動ズーム、ズームプログラム機能非対応です

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

imagePRESS C60

 

[TOP▲]
このページのトップへ