Fiery Remote Scanを使用するには(Fieryサーバー / リモートスキャン)



Fiery Remote Scanを使用するには(Fieryサーバー / リモートスキャン)
更新日 : 2016年9月30日
文書番号 : Q000089410




Fiery ユーティリティのFiery Remote Scanを使用して、リモートスキャンを行う方法を説明します。


  メモ

 ・Fiery Remote Scanは、Fieryサーバーをご利用のお客様にお使いいただけるユーザーソフトウェアです。

 ・事前にFiery Remote Scanのインストールが必要です。
インストール手順は、以下をご参照ください。
Fieryユーティリティインストール方法(Fieryサーバー / Windows版)
Fieryユーティリティインストール方法(Fieryサーバー / Mac版)


1. Fiery Remote Scanの起動とスキャン

(1)Fiery Remote Scanを起動します。



(2)リモートスキャンを行うFieryサーバーを選択します。


※初回起動時、接続するサーバーを切り替えたい場合は、サーバーのIPアドレスを入力するか、検索アイコンをクリックしてください。


 検索すると、[名前・デバイス名・IPアドレス]の欄に接続できるFieryサーバーが表示されます。
 サーバーを選択して[追加]を押します。


(3)[接続]を押します。


(4)imagePRES本体のADF(自動原稿送り装置)もしくは原稿台ガラスにスキャン原稿をセットします。

(5)imagePRES本体の操作パネルで[リモートスキャン]アイコンを押します。


※[リモートスキャナー]アイコンが表示されない場合は、[すべて表示]ボタンを押してください。


(6)[オンライン]に切り替えます。


(7)スキャンジョブの保存先をFieryサーバー名の下の[メールボックス]もしくは[スキャン]から選択します。
  お使いのクライアントPCにスキャンジョブを保存したい場合は、[スキャン]に設定します。
  • ソース:原稿の場所を、ADF(自動原稿送り装置)もしくは原稿台ガラスから選択
  • サイズ:原稿のサイズを指定
  • 解像度:150dpiから600dpiまでの範囲で、スキャンジョブの解像度を指定
  • スキャン面:片面もしくは両面から選択
  • 方向:現行の方向を指定
  • カラーモード:カラー / グレースケール / 白黒 から指定
  スキャン設定を行い、右下の[スキャン]を押します。




  重要

・[スキャン]が表示されず、[メールボックス]のみ表示される場合は、クライアントPCでFiery Remote Scanを使用するには、Fieryサーバーの環境設定で書類スキャンを有効にしてください。


(8)スキャンジョブの保存先を[スキャン]に設定している場合は、保存ウィンドウが表示されます。
  [名前][場所][ファイルの種類]を指定して[保存]を押します。
  •   スキャンジョブはPDF/TIFF/JPEGファイルでの保存が可能です。
    ※画像は、[test_scan]というファイル名で保存する場合の例です。



(9)スキャンが終了したら、本体操作パネルの[リモートスキャン]アイコンを押してリモートスキャンを[オフライン]に切り替えます。

 



■関連情報
プリンタードライバーインストール方法(Fieryサーバー / Windows版)
プリンタードライバーインストール方法(Fieryサーバー / Mac版)
Fieryユーティリティインストール方法(Fieryサーバー / Windows版)
Fieryユーティリティインストール方法(Fieryサーバー / Mac版)

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

imagePRESS C1 / imagePRESS C1+ / imagePRESS C1+II / imagePRESS C60 / imagePRESS C65 / imagePRESS C700 / imagePRESS C750 / imagePRESS C800 / imagePRESS C850

 

[TOP▲]
このページのトップへ