うまく印刷できない場合の対処方法(LIPS/PS3モデル)



うまく印刷できない場合の対処方法(LIPS/PS3モデル)
更新日 : 2016年10月4日
文書番号 : Q000089416



現象に応じて、以下の対処方法をお試しください。

LIPSLXプリンタードライバーとPS3プリンタードライバーでは、UIや機能が一部ことなります。
項目名に[LIPSLX]の記載があるものは、LIPSLXプリンタードライバーのみの設定項目です。
お使いのOS、プリンタードライバーに合う手順をご確認ください。

現象1

CADなどの印刷時に、細線がかすれる。

対処方法

 印刷目的を「CAD」に設定する (Windows/LIPSLX)
中間調を変更する(Windows)
細線補正して印刷する (Windows/LIPSLX)
細線補正して印刷する(Mac/LIPSLX)



現象2

テキストが細かすぎて切れてしまう。

対処方法

太さ調整を設定する(Windows)
太さ調整を設定する(Mac)
解像度を変更する(Windows)
解像度を設定する (Mac)


現象3

印刷濃度が薄い。

対処方法

トナー濃度を調節する(Windows)
トナー濃度を調節する(Mac)


現象4

グレースケールの濃度が薄い。

対処方法

トナー濃度を調節する(Windows)
トナー濃度を調節する(Mac)


現象5

Excelに貼り付けた画像が印刷されない。

対処方法

画像のプロパティを確認/設定する (Windows)
PDFまたはXPSとして保存して印刷する (Windows)


 メモ

・  お使いの機種やオプションの装着状況によって画面が異なる場合があります。
・  お使いのコンピューターの環境、ドライバーの種類/バージョンによっては、画面が異なる場合があります。




印刷目的を「CAD」に設定する (Windows / LIPSLX)
LIPSLXプリンタードライバーをお使いのときは、[印刷目的]のCAD設定をお試しください。
[印刷目的]で改善しない場合やPS3ドライバーをお使いのときは、[中間調]の設定変更をお試しください。
  1. アプリケーションソフトウェアのメニューから、「印刷」を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択したあと、[プリンターのプロパティ]/[プロパティ]/[詳細設定]をクリックします。
    ※アプリケーションによって名称が異なります。以下をご参照ください。

    Office 2013の場合:


    Office 2010の場合:



    Office 2007の場合:


  3. [印刷品質]をクリックしたあと、[印刷目的]から [CAD]を選択します。


このページのトップへ



中間調を変更する(Windows / LIPSLX・PS3共通)
[印刷目的]を[CAD]にしても改善しない場 合や、PS3プリンタードライバーをお使いのときは、中間調の変更をお試しください。
  1. アプリケーションソフトウェアのメニューから、「印刷」を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択したあと、[プリンターのプロパティ]/[プロパティ]/[詳細設定]をクリックします。
    ※アプリケーションによって名称が異なります。以下をご参照ください。


    Office 2013の場合:


    Office 2010の場合:



    Office 2007の場合:

  3. LIPSLXでの設定手順
    PS3での設定手順
LIPSLX:(1)[印刷品質]タブの[処理オプション]を押します。
 LIPSLX:(2)[中間調]を[誤差拡散]に変更します。
 PS3:[印刷品質]の[中間調]を[誤差拡散]に変更します。
中間調を[誤差拡散]に設定すると、出力結果が変化します。
[誤差拡散]で細線以外の出力結果が気になる場合は、中間調の[パターン5]もお試しください。

このページのトップへ

 

細線補正して 印刷する(Windows/LIPSLX)
細線部分を太く補正して印刷する設定です。LIPSLXプリンタードライバーで使用できる機能です。
  1. アプリケーションソフトウェアのメニューから、「印刷」を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択したあと、[プリンターのプロパティ]/[プロパティ]/[詳細設定]をクリックします。
    ※アプリケーションによって名称が異なります。以下をご参照ください。

    Office 2013の場合:


    Office 2010の場合:

    Office 2007の場合:


  3. [仕上げ]をクリックしたあと、[処理オプション]をクリックします。



  4. [項目一覧]から[特殊細線処理]を選択したあと、[モード1]を選択します。


    細線部分太く補正して印刷します。[モード1]を試して改善されない場合は、[モード2]を試してください。

このページのトップへ

細線補正して印刷する (Mac/LIPSLX)
  1. アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから、[プリント]を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択して、[仕上げ]パネルを選択したあと、[仕上げ詳細]をクリックします。
    Adobeアプリケーションをお使いの場合は、[プリンター...]を押して[仕上げ]〜[仕上げ詳細]の順に選択します。
        

  3. [処理オプション]をクリックします。



  4. [特殊細線処理]の項目を選択します。

 メモ

[品質設定]ダイアログの[グラフィックモード]で[イメージモード]を選択している場合、本項目は使用できません。

[品質設定]ダイアログを表示するには、[印刷品質]パネルで[品質設定]をクリックします。


このページのトップへ

太さ調整を設定する (Windows)
[太さ調整]を設定すると、テキストを太く強調して出力します。

1.[印刷品質]タブの[処理オプション]を押します。


2.[太さ調整]を[太くする]に設定します。
解像度を設定する(Windows)

[太さ調整]を設定しても、テキストが細かすぎて切れてしまう場合は解像度が600dpiになっているかご確認ください。
 ※プリンタドライバーの初期設定では、600dpiになっています。

LIPSLXの設定手順
PS3の設定手順

LIPSLX:(1)[印刷品質]タブの[処理オプション]を押します。

LIPSLX:(2)[解像度]を[ファイン(dpi)]に設定します。
PS3:[印刷品質]タブの[解像度]を[ファイン(600dpi)]に設定します。


スーパーファイン(1200dpi)に設定すると、テキストや細線が全体的に細くなります。
 
太さ調整を設定する(MacOS)
  1. アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから、[プリント]を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択して、[印刷品質]パネルを選択したあと、[品質設定]をクリックします。
    Adobeアプリケーションをお使いの場合は、[プリンター...]を押して[印刷品質]〜[品質設定]の順に選択します。
    
   
  3.[太さ調整]を[太くする]に設定します。

解像度を設定する(MacOS)
  1. アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから、[プリント]を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択して、[印刷品質]パネルを選択したあと、[品質設定]をクリックします。
    Adobeアプリケーションをお使いの場合は、[プリンター...]を押して[印刷品質]〜[品質設定]の順に選択します。
    

  3.[品質]を[ファイン(600dpi)]に設定します。
 


トナー濃度を調節する (Windows)
  1. アプリケーションソフトウェアのメニューから、「印刷」を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択したあと、[プリンターのプロパティ]/[プロパティ]/[詳細設定]をクリックします。
    ※アプリケーションによって名称が異なります。以下をご参照ください。

    Office 2013の場合:

    Office 2010の場合:

    Office 2007の場合:


  3. [印刷品質]をクリックしたあと、[処理オプション]をクリックします。



  4. [項目一覧]から[トナー濃度]を選択して、[調整する]を選択したあと、[詳細]をクリックします。



  5. 色ごとに濃度を調整して、[OK]をクリックします。


    白黒印刷時は、[ブラック]のみ調整できます。
    [濃度微調整]をクリックすると、トナー濃度を濃度域別に調整できます。

このページのトップへ

トナー濃度を調節する(Mac)
  1. アプリケーションソフトウェアの[ファイル]メニューから、[プリント]を選択します。

  2. お使いのプリンターを選択して、[印刷品質]パネルを選択したあと、[品質設定]をクリックします。
    Adobeアプリケーションをお使いの場合は、[プリンター...]を押して[印刷品質]〜[品質設定]の順に選択します。
    

  3.[トナー濃度調整]で[する]を選択したあと、[設定]をクリックします。


   4.色ごとに濃度を調整したあと、[OK]をクリックします。

白黒印刷時は、[ブラック]のみ調整できます。

このページのトップへ

画像のプロパティを確認/設定する (Windows)
  1. Microsoft Excelでファイルを開きます。

  2. 画像の上で右クリックして、[サイズとプロパティ]を選択します。


  3. [プロパティ]タブをクリックしたあと、[オブジェクトを印刷する]を選択します。

    Office 2013の場合:


    Office 2010の場合:


    Office 2007の場合:

このページのトップへ

PDFまたはXPSとして保存して印刷する(Windows)

 重要

Excel 2007をお使いの場合、あらかじめ「PDF/XPS 保存アドイン」をインストールしておく必要があります。アドインは、Microsoftのサイトからダウンロードできます。

  1. Microsoft Excelでファイルを開きます

  2. アプリケーションソフトウェアのメニューから、[名前を付けて保存]を選択します。

    Office 2013の場合:
    [ファイル] → [名前を付けて保存]をクリックし、任意の保存場所を指定します。

    Office 2010の場合:
    [ファイル] → [名前を付けて保存]をクリックします。

    Office 2007の場合:
    ](Officeボタン) → [名前を付けて保存]をクリックします。


  3. [ファイル名]に任意のファイル名を入力して、[ファイルの種類]から[PDF (*.pdf)]または[XPS ドキュメント (*.xps)]を選択します。

  4. [発行後にファイルを開く]を選択したあと、[保存]をクリックします。

  5. 作成したPDFまたはXPSファイルが開いたら、そのアプリケーションから印刷を実行します。

このページのトップへ



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

imagePRESS C650 / imagePRESS C700 / imagePRESS C700L / imagePRESS C750 / imagePRESS C800 / imagePRESS C850

 

[TOP▲]
このページのトップへ