macOS Sierra 10.12.4 動作制限



macOS Sierra 10.12.4 動作制限
更新日 : 2017年4月28日
文書番号 : Q000091334



■現象

macOS Sierra 10.12.4 以降の環境でSafari 10.1以降から印刷を実施する際、
キヤノン独自のUIではなく、OS標準のUIで表示されます。

 

キヤノン独自UI OS標準UI
■回避方法
  • Safari以外のブラウザを利用する(例 Google Chromeなど)
  • 一度PDFで保存して、他のアプリ(Previewなど)から印刷する
■原因

OS,、アプリの仕様変更のためです。
独自UIに変更する方法はありません。

■発生条件
環境
  • macOS Sierra 10.12.4 以降
  • Safari 10.1以降
対象ドライバー
  • LIPSLX Printer Driver & Utilities for Mac
  • PS Printer Driver & Utilities for Mac
  • Fax Driver for Mac
  • PostScript Printer Driver*
    * imagePRESS Server Z1/ imagePRESS Server Q2/ imagePRESS Server T1/ imagePRESS Server H300/ imagePRESS Server F200/ imagePRESS Server G100/ imagePRESS Server B5000/ imagePRESS Server B4000/ imagePRESS Server A3300/ imagePRESS Server A1300/ imagePRESS Server A3200/ imagePRESS Server A1200/ imagePRESS Server K200/ imagePRESS Server J200
対象機種
  • 上記対象ドライバーを使用する全機種
制限事項

キヤノン独自UIが利用できないことで、 以下ができなくなります。

  1. 数値や文字を入力する機能がなくなる
  2. 排他制御ができなくなる

詳細は以下をご確認ください。
プリンタードライバー
  • ジョブの処理方法 [BOX保存, セキュアプリント, 追い越し印刷] が利用できない
  • [部門管理] 機能が利用できない
  • [用紙種類] による給紙方法選択が利用できない
  • [用紙挿入] 機能が利用できない
  • [とじしろ] が設定できない
  • くるみ製本の仕上げの指定方法[断裁幅を指定]が設定できない
  • シフトの [指定部数] が設定できず、必ず1部ずつになる
  • 部数印字の [印字開始数字] が設定できず、必ず1から印字される
  • クリープ(ずれ)補正の手動設定ができない ([デバイスの設定に従う][自動補正]は設定可能)
  • [サドルプレス] 機能が利用できない
  • [印字開始位置をずらす] 機能が利用できない
  • [オーバレイ]機能が利用できない
  • ユーザが設定した排紙先に排紙されない場合がある
  • ユーティリティで設定した内容が反映されない
FAXドライバー
  • 宛先入力ができず、送信できない

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

imagePRESS C1 / imagePRESS C1+ / imagePRESS C1+II / imagePRESS C60 / imagePRESS C65 / imagePRESS C650 / imagePRESS C700 / imagePRESS C700L / imagePRESS C750 / imagePRESS C800 / imagePRESS C850 / imagePRESS C6010 / imagePRESS C6011 / imagePRESS C7010VP / imagePRESS C7011VP / imagePRESS 1110 / imagePRESS 1110II / imagePRESS 1125 / imagePRESS 1125II / imagePRESS 1135 / imagePRESS 1135II / imagePRESS 1135III

 

[TOP▲]
このページのトップへ