カール補正量を変更するには(ユーザー設定用紙の編集)



カール補正量を変更するには(ユーザー設定用紙の編集)
更新日 : 2017年5月9日
文書番号 : Q000091367





用紙の特性にあわせて常時行われているカール補正の量を変更する場合は、
登録した[ユーザー設定用紙]を編集して[カール補正量]を変更します。

ユーザー設定用紙を作成されていない場合は、先に以下のFAQをご参照ください。
用紙ごとの設定値を変更するには(ユーザー設定用紙の作成をするには)

  重要 

 ・この機能は、用紙の搬送に影響を与えます。
数値を大きく変更すると、紙づまりの原因になる可能性があるので、小さい変更 から徐々に試してください。
厚紙を使用する際など、用紙の特性によりカール補正量の調整をしてもカールを補正しきれないことがあります。



  重要

・ユーザー設定用紙は、システム管理者としてログインしている状態で編集できます
ログイン方法は、システム管理者としてログインするにはをご参照く ださい。



(1) [設定/登録のショートカット]を押します。



(2)[用紙種類の管理設定]を押します。



(3) リストから編集する用紙種類を選択→[詳細/編集]を押します。



(4) [カール補正量]の[変更]を押します。



5.フェイスアップ*出力時とフェイスダウン**出力時の[−][+]を押して補正量を調整します。
 調整後、[OK]を押します。
 *フェイスアップ…印字面が表の状態で排紙されます。
 **フェイスダウン…印字面が裏の状態で排紙されます。(プリントジョブののデフォルト設定)



反りの方向を判断するときは、排紙トレイに排出されたままの向きで用紙を置いてください。
用紙が反っている方向と反対に調整してください。

■プリントされた用紙の反りと調整する方向について

プリントされた用紙の反り
調整する方向
上側にふくらんでいるとき

下側に反らせるため[ー]を押す

下側にふくらんでいるとき

上側に反らせるため[+]を押す



6.[OK]を押して[ユーザー設定用紙]の編集画面を閉じます。

反っている方向と反対に調整することで、カールを打ち消します。
調整済みの用紙でテストコピー/プリントを行い、補正量を確認してください。


このページのトップへ



 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

imagePRESS C60 / imagePRESS C65 / imagePRESS C650 / imagePRESS C700 / imagePRESS C700L / imagePRESS C750 / imagePRESS C800 / imagePRESS C850

 

[TOP▲]
このページのトップへ