【Fieryサーバー】サーバー設定情報のバックアップをするには(WebTools)



【Fieryサーバー】サーバー設定情報のバックアップをするには(WebTools)
更新日 : 2017年5月19日
文書番号 : Q000091420




バックアップは、サーバーのバージョンアップ等でシステム再インストールが必要な場合や、
サーバーの不具合等の不測の事態に備えるために必要な作業です。
バックアップは新規に各設定を行う際や大切な設定がある場合など、その都度実施し ていただくことをお勧めします。

■ご案内
本文書ではWebブラウザーからバックアップを行う方法について記載します。
Command WorkStationをお使いのお客様は、以下の文書をご参照ください。
(バックアップファイル数が減り、手順が少なくなります。)
【Fieryサーバー】サーバー設定情報のバックアップをするには(Command WorkStation)

  重要

・バックアップファイルの保存場所にご注意くださ い!
・バックアップファイルは必ずクライアントPC もしくはリムーバブルメディアへ保存してください。
サーバー内にバックアップを取っても、システム再インストール等でバックアップ内容は全て消えてしまいます。
バックアップを行う際は、バックアップを実施するデータ分以上の空き容量のあるHD(クライアントPCの場合)
もしくはリムーバブルメディアを準備して保存ください。


サーバーの設定情報を印刷するには
サーバー設定情報のバックアップをするには


サーバーの設定情報を印刷するには

サーバーの再インストール/バージョンアップ作業後の立ち上げにはサーバー名やIPアドレスなどの情報が必要になります。
作業前に現在のサーバー設定情報を印刷しておくことをおすすめします。

(1) imagePRESS本体の操作パネルで[Fiery]アイコンを押します。



※ アイコンが表示されない場合は、[すべて表示]を押すと表示されます。



(2)  [情報]を押します。



(3) [ページの印刷]を押したあと[設定ページ]を選択します。



(4) [はい]を押して設定情報を印刷します。




サーバー設定情報のバックアップをするには

(1) クライアントPC上にバックアップファイルを保存するフォルダーを作成します。



(2) Webブラウザーを起動し、アドレスバーにimagePRESS ServerのIPアドレスを入力します。
※ WebToolsの画面が表示されます。


(3)[設定]タブ→[Configure起動]の順に選択します。



(4) ユーザー名(Admin)とパスワード(デフォルト:Fiery.1)を入力してから、[ログイン]を押します。



(5) [Fieryサーバー]→[バックアップ]の順に選択します。



(6) バックアップ項目を選択して、バックアップファイル名を確認したあと[バックアップ]を選択します。
     


  メモ

 ・[ファイル名に日付を追加]にチェックを入れると、バックアップファイルに日時が追加されます。


 
(7) バックアップファイルが2点作成されます。必ず、ファイル1・ファイル2の2点ともダウンロードしてください。
      バックアップが完了したら、[OK]を押します。



(8) 作成したバックアップファイルを手順(1)で作成したバックアップフォルダに保存してください。



このページのトップへ




関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

imagePRESS C60 / imagePRESS C65 / imagePRESS C700 / imagePRESS C750 / imagePRESS C800 / imagePRESS C850

 

[TOP▲]
このページのトップへ