USBメモリの画像を投写する(WX520/WX450ST/WUX450/WUX400ST)



USBメモリの画像を投写する(WX520/WX450ST/WUX450/WUX400ST)
更新日 : 2016年9月6日
文書番号 : Q000076825



USBメモリの画像を投写する(WX520/WX450ST/WUX450/WUX400ST)

USB 端子に接続したUSB メモリ内の画像を投写することができます。
画像を選択して表 示することも、自動的に順次表示していくこともできます。
表示できるJPEG 画像のサイ ズは最大7000 × 7000 ドットです。

  メモ
 
  • セキュリティ機能付きのUSB フラッシュメモリは、本機で認識できず、ドライブ選択できない場合があります。
  • ファイルシステムへのマウントに失敗した場合、ドライブ名がグレー表示となり、以下のアイコンが表示されます。 その場合そのUSBドライブは使用できません。

 

操作方法

  1. USB メモリをUSB 端子に接続します。
    USB メモリは、本機のUSB 端子に直接接続してください。
    ハブを介して接続した場合は、USB メモリを認識しません。


  2. 【INPUT】ボタンを押します。

  3. 【INPUT】ボタンを何度か押し、[USB]を選びます。
    USB メモリ内のJPEG ファイルの一覧が表示されます。

  4.   メモ
     
    • USB メモリ内に複数のドライブが設定されている場合は、ドライブ選択画面が表示されるので、方向ボタンでドライブを選択し、
      【OK】ボタンを押してください。そのドライブ内のファイル一覧が表示されます。
    • 入力信号を[USB]にした場合、【D.ZOOM】ボタンでの拡大と2 画面表示は無効になります。

     

  5. 方向ボタンでファイルを選び、【OK】ボタンを押すと、ファイルが投写されます。
    【▲】【▼】ボタンでファイルを選びます。
    【<】【>】ボタンでページを切り換えます ( 複数ページの場合) 。
    フォルダを選択して【OK】ボタンを押すと、上位のフォルダ、下位のフォルダを表示することができます。
  6.   メモ
      USBメモリー内のJPEGファイルの投写時は、MBリダクションの設定はできません。

     

  7. 必要に応じて表示を切り換えます。
    【▲】ボタンで、前の画像に切り換わります。
    【▼】ボタンで、次の画像に切り換わります。
    【<】ボタンで、画像が左90°回転します。
    【>】ボタンで、画像が右90°回転します。

     

  8. 表示を終了するには、USB メモリを抜き取ります。
      メモ
      USB メモリ内の画像を自動的に順次表示していくスライドショー機能もあります。

 

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

WX520 / WX450ST / WUX450 / WUX400ST

 

[TOP▲]
このページのトップへ