Q:M-i1 アプリケーション誤選択時の解除手順について

更新日 : 2017年10月27日
文書番号 : Q000093171

A:

『ミニプロジェクター M-i1』にてオフィスファイルを閲覧時に選択するアプリケーションを「WPS Office」ではなく、他のアプリケーションを誤って常時使用選択することにより、ファイルが開けないというトラブル時の回避方法について記載いたします。

エラー内容

アプリケーションを誤選択することにより「MyAPP」>「ファイル管理」からオフィスファイルを選択する際に、誤動作を起こします。
以下は、オフィスファイル閲覧時のアプリケーション選択にて「パッケージインストーラ」を選択した場合の画面例です。

右画面はオフィスファイル選択時に間違って「パッケージインストーラ」を選択し、かつ「常時」使用する設定にした例です。

常にパッケージインストーラでオフィスファイルを開封しようとするため、右のエラーが表示されます。 (選択するアプリケーションにより動作は異なります。)

回避手順

  1. 「MyAPP」>「設定」>「アプリ」を選択します。

  2. 画面右上の「すべて」を選択し、アプリケーション 一覧から対象のアプリケーションを選択します。
    *ここではパッケージインストーラを例に説明しています。実際にはアプリケーション一覧から誤って選択したアプリケーションを選択してください。

    ※メニュータグは右図のとおり左から「ダウンロード済み」「実行中」「すべて」の順に並んでいます

  3. 選択したアプリケーション内の 「デフォルトでの起動」>「設定を消去」を選択し、 デフォルト起動の設定を解除します。

アプリケーションが常時動作として選択されている場合は、「設定の消去」ボタンが白文字で表記されています。
もし該当部分がグレーアウトしている場合は、常時動作として選択したアプリケーションが異なっている(別のアプリケーションを選択した)可能性あります。他のアプリケーションについても同様の手順にてご確認ください

以上で回避設定が完了となります。
改めて「MyAPP」>「ファイル管理」からドキュメントを選択した際に、アプリケーション選択画面が表示されることをご確認ください。


この質問の対象商品

このページのトップへ