手差しトレイに用紙をセットする方法(MF6570)



手差しトレイに用紙をセットする方法(MF6570)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000033365



ここでは、MF6570の手差しトレイに用紙をセットする方法について説明します。

MF6570では、セットした用紙サイズと本体側の<用紙サイズ>の設定が一致していないと「用紙サイズ変更」のメッセージが表示され、出力を停止します。
必ずセットした用紙と<用紙サイズ>の設定を一致させてください。
用紙サイズの登録方法は、
関連情報用紙のサイズと種類を設定する方法」をご覧ください。

カセットに用紙をセットする方法については、関連情報カセットに用紙をセットする方法」をご参照ください。

また、 手差しトレイにセットできる用紙の種類や枚数は、用紙の種類によって異なります。
詳しくは、関連情報使用できる用紙と給紙方法」をご参照ください。

【注意】

  • 用紙をセットする際は、用紙の端で手を切らないように注意してください。
  • 用紙が、枚数制限ガイドを超えないようにしてください。
  • 用紙の種類によっては、手差しトレイにうまく給紙されないことがあります。より鮮明にコピーをするためには、キヤノン推奨の用紙やOHPフィルムをお使いください。
  • 小型サイズの用紙、厚紙などにコピーする場合は、コピー速度が通常より若干遅くなることがあります。
  • 封筒を使用する場合、以下の内容に注意してください。
    1.洋形4号、洋形2号の封筒を使用してください。
    2.紙詰まりを防ぐため、以下のものは使用しないでください。
      ・窓付き、穴あき、ミシン目付き、切込みがある、フタが二重になっている封筒
      ・特殊なコート紙の封筒や深い浮き出しのある封筒
      ・剥離紙のついた封筒
      ・中身の入った封筒
    3.プリンタドライバで正しい封筒サイズを設定してください。

 



詳細情報:
  1. 手差しトレイに用紙をセットする方法(MF6570)

【詳細1】手差しトレイに用紙をセットする方法(MF6570)

■手差しトレイに用紙をセットする方法

OHPフィルム、ラベル、はがき、規格外の用紙、封筒などにプリントする場合は、手差しトレイを使用してください。
<参考>
手差しトレイから印刷する場合、セットした用紙の下面から印字されます。(片面時)

ここでは、手差しトレイに封筒をセットする方法を例に説明します。
他の用紙を使用する場合も、用紙のセット方法は同様です。
手差しトレイに用紙セットする方法
1

手差しトレイを開きます。

2

補助トレイを最後まで引き出してから、開きます。

必ず補助トレイを使って、用紙をセットしてください。


3

宛先を印刷する面を下向きにし、フタを左にしてセットします。一番奥まで封筒を差し込みます。

封筒をセットする場合は、平らな場所で封筒をそろえてから、4辺を押して揃えます。
封筒の短いほうの辺にフタがついている場合は、必ずフタの付いている側から手差しトレイに差し込みます。この向きに入れないと紙詰まりの原因になります。

 

 

4

用紙ガイドを封筒の幅に合わせます。

用紙が、枚数制限ガイドを超えないようにしてください。
用紙の種類によっては、手差しトレイにうまく給紙されないことがあります。より鮮明にコピーするにはキヤノン推奨の用紙やOHPフィルムをお使いください。
小型のサイズの用紙、厚紙などにコピーする場合は、コピー速度が通常より若干遅くなることがあります。

 

引き続き、プリンタ本体の<用紙サイズ>で、セットした用紙のサイズを設定してください。
詳細については、 関連情報「用紙のサイズと種類を設定する方法」を参照してください。

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF6570

 

[TOP▲]
このページのトップへ