メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除を行う方法(MF6570)



メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除を行う方法(MF6570)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000033383



メモリに保存されているジョブの確認や削除を行うには、[システムモニタ] を使用します。
[システムモニタ] を使用すると、送受信結果の表示や処理中のファクスジョブの状態を確認することができます。

スキャンモードではシステムモニタは利用できません。[ファクス]ボタンを押してモードを切り替えてください。
プリント/コピージョブの確認・削除につきましては、こちらをご参照ください。

INDEX

  1. ファクスジョブを確認/削除する方法
  2. 通信結果を確認する
  3. レポートジョブを確認/削除する方法

■ファクスジョブを確認/削除する方法

以下の手順で、ファクスジョブを確認、削除することができます。

ファクスジョブを確認/削除する方法 液晶表示
1

システムモニタ] ボタンを押します。

最初に表示される液晶表示は、モードに応じて異なります。
通信状況
中止するジョブを選択
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<通信状況>が表示されたら[OK]ボタンを押します。
ジョブが存在しない場合は、<通信中のジョブなし>と表示されます。
ファクスジョブが1つだけの場合は、手順4に進みます。
ディスプレイに表示される番号は<0001>から<4999>が送信ジョブで、<5001>から<9999>が受信ジョブです。
3

(-)]または[(+)]ボタンを押し、該当する作業番号と作業時間を確認します。

0001 12:00 TX OK
XXXXXXXXXX
4 ファクスジョブを削除する場合は、[OK] ボタンを押します。
 
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<中止>を選択します。
0001
中止
6

ジョブの削除を確定する場合は、[(-)]を押して、<はい>を選択します。

ジョブの削除を取り消す場合は、[(+)]を押して、<いいえ>を選択します。いったん削除されたジョブは復元できません。
通信を中止しますか?
<はい
いいえ>
7 ストップ] ボタンを押して、待受画面に戻ります。

待受画面は、モードによって異なります。
 
以上でファクスジョブの確認と削除操作は完了です。

 

戻る


■通信結果を確認する

以下の手順で、通信結果を確認することができます。

通信結果を確認するする方法 液晶表示
1

システムモニタ] ボタンを押します。

最初に表示される液晶表示は、モードに応じて異なります。
通信状況
中止するジョブを選択
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<通信履歴>が表示されたら[OK]ボタンを押します。

3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、通信結果を確認します。
0001 12:00 TX OK
XXXXXXXXXX
4

ストップ] ボタンを押して、待受画面に戻ります。

待受画面は、モードによって異なります。
 
以上で通信結果の確認は完了です。

 

戻る


■レポートジョブを確認/削除する方法

以下の手順で、レポートジョブを確認、削除することができます。

レポートジョブを確認/削除する方法 液晶表示
1

システムモニタ] ボタンを押します。

最初に表示される液晶表示は、モードに応じて異なります。
通信状況
中止するジョブを選択
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<レポート状況>が表示されたら[OK]ボタンを押します。

ジョブが存在しない場合は、<レポートジョブなし>と表示されます。

レポートジョブが1つだけの場合は、手順4に進みます。
レポート状況
中止するジョブを選択
3

(-)]または[(+)]ボタンを押し、レポートを確認します。

 

0001 12:00   *
ユーザデータリスト
4

レポートジョブを削除する場合は、<はい> を選択します。

 

 
5

ジョブの削除を確定する場合は、[(-)]を押して、<はい>を選択します。

ジョブの削除を取り消す場合は、[(+)]を押して、<いいえ>を選択します。いったん削除されたジョブは復元できません。
レポートを中止しますか?
<はい
いいえ>
6 ストップ] ボタンを押して、待受画面に戻ります。

待受画面は、モードによって異なります。
 
以上でレポートジョブの確認と削除操作は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF6570

 

[TOP▲]
このページのトップへ