回線種別(プッシュ回線/ダイヤル回線)の設定方法(MF4150)



回線種別(プッシュ回線/ダイヤル回線)の設定方法(MF4150)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000035143



詳細情報:
  1. 回線種別の変更方法(MF4150)

【詳細1】回線種別の変更方法(MF4150)

製品を使用する前に、電話回線の種類(プッシュ回線/ダイヤル回線)が正しく設定されていることを確認してください。
電話回線の設定が正しくないと、ファクス送信ができません。ファクスが送信できない場合は、実際に利用している電話回線と本機の設定を合わせてください。

初期値はプッシュ回線に設定されています。
ダイヤル回線(アナログ回線)をご利用の場合は、必ず回線の種類をプッシュ回線からダイヤル回線に切り替えてください。

ご利用の電話回線の種類がわからない場合は、電話会社へお問合せください。
 

■電話回線種別(プッシュ/ダイヤル)の切り替え方法

電話回線種別の切り替え方法
液晶表示
1 [初期設定/登録]ボタンを押します。 メニュー
1 ヨウシ セッテイ
2 (−)]または[(+)]を押して、ディスプレイに<5 ファクス シヨウ セッテイ>が表示されたら、[OK]ボタンを押します。 メニュー
5 ファクス シヨウ セッテイ
3 (−)]または[(+)]を押して、ディスプレイに<5 ツウシンカンリセッテイ>が表示されたら、[OK]ボタンを押します。 ファクス シヨウ セッテイ
5  ツウシンカンリセッテイ
4 (−)]または[(+)]を押して、<1 カイセン シュルイ センタク>を選択し、[OK]ボタンを押します。 ツウシンカンリセッテイ
1 カイセン シュルイ センタク
5

(−)]または[(+)]を押して、ご利用になる電話回線の種類を選択し、[OK]ボタンを押します。

・プッシュ回線(PB回線)の場合:
  <プッシュ カイセン>
を選択し、【手順7】へ
・アナログ回線(DP回線)の場合:
  <ダイヤル カイセン>を選択し、【手順6】へ

カイセン シュルイ センタク
      プッシュ カイセン
6

【手順5】で<ダイヤル カイセン>を選択した場合、[(−)]または[(+)]を押して回線速度を<20PPS>か<10PPS>のいずれかを選択し、[OK]ボタンを押します。

ダイヤル カイセン
             20PPS
7 [ストップ/リセット]ボタンを押して、待ち受け画面に戻ります。  

以上で電話回線の種類の設定は完了です。

注意 手順6の操作を忘れずに!

 

戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4150

 

[TOP▲]
このページのトップへ