「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示される(MF4150)



「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示される(MF4150)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000035167




ここでは、ディスプレイに<トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ>と表示された場合の原因と対処方法について、説明します。

■概要

トナーカートリッジの交換時期が近づいた場合に、ディスプレイに<トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ>と表示されます。

本メッセージが表示された場合は、

  • 本体の「印字警告」の設定(ON/OFF)
  • 使用している機能(ファクス/プリンタ/コピー)

によって、本体の動作が異なるため、対処方法も異なります。
ご使用の状況にあわせて、以下の対処方法を参照してください。

使用している機能
対処方法
ファクス
新しいトナーカートリッジに交換してください。
交換用のトナーカートリッジがない場合は、印字継続の設定を変更し、プリントすることができます。
詳細については、こちらを参照してください。
プリンタ
コピー
しばらくの間は出力が可能です。
詳細については、こちらを参照してください。

 



詳細情報:
  1. 「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示された場合の対処方法(ファクス受信時)
  2. 「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示された場合の対処方法(プリンタ・コピー機能使用時)
  3. トナー残量を確認する方法(MF4150/4130/4120)

【詳細1】「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示された場合の対処方法(ファクス受信時)

■「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示された場合の対処方法(ファクス受信時)

ディスプレイに「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示されているときに、ファクスを受信すると、トナー残量が少なくなったことにより、スジが入る・鮮明に出力されないなど、ファクス受信文書が読み取れなくなることを避けるために、メモリ受信し、出力を停止します。
このとき、本体のディスプレイには、「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と「ジュシンデータヲプリントデキマセン / エラーカイジョゴ プリント」のメッセージが交互に表示されます。

MF4150は、受信データを出力するとメモリにはデータが残らないため、再出力はできません。
トナー残量が少なくなったことで、鮮明にプリントされないことがありますので、新しいトナーカートリッジに交換してください。
トナーカートリッジの交換方法については、関連情報トナーカートリッジの交換方法」 を参照してください。

交換用の新しいトナーカートリッジがお手元にない場合は、本体側の「トナーなし時の印字継続」の設定を<ON>に変更することにより、出力は可能です。
印字継続の設定項目と内容は以下の通りです。

設定項目
内容
OFF <トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ>のメッセージが表示される受信したファクスをメモリに保存し、出力を停止します。
ON <トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ>のメッセージが表示されても、印字を継続します。
この設定では、トナーがなくなっても原稿はメモリに保存されません。

【重要】
ファクス受信データは出力後メモリに保存されないため、再印刷することはできません。
正常にプリントできなかった場合も再印刷することはできませんので、新しいトナーカートリッジがある場合は交換をしてください。
新しいトナーカートリッジがない場合は、<ON>に設定することで出力できますが、交換後は<OFF>に設定を戻してください。


●印字継続の設定を変更する方法

印字継続の設定を変更する方法
液晶表示
1 [初期設定/登録]ボタンを押してください。 メニュー
1 ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<ファクス シヨウ セッテイ>が表示されたら[OK]ボタンを押します。 メニュー
5 ファクス シヨウ セッテイ
3

(-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<プリント セッテイ>が表示されたら[OK]ボタンを押します。

ファクス シヨウ セッテイ
4 プリント セッテイ
4

(-)]または[(+)]ボタンを押し、ディスプレイに<インジ ケイゾク>が表示されたら[OK]ボタンを押します。

プリント セッテイ
2 インジ ケイゾク
5

(-)]または[(+)]ボタンを押し、<ON>または<OFF>を選択し、[OK]ボタンを押します。

インジ ケイゾク
              OFF

6

[ストップ/リセット]ボタンを押して、待ち受け画面に戻ります。  

以上で印字継続の設定を変更する方法は完了です。

 

戻る

【詳細2】「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示された場合の対処方法(プリンタ・コピー機能使用時)

■「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」と表示された場合の対処方法(プリンタ・コピー機能使用時)

プリンタ機能・コピー機能を使用している場合は、「トナーガ ナクナリマシタ / トナーヲ コウカンシテクダサイ」のメッセージが表示された状態でも、しばらくの間はそのまま出力が可能です。
トナーが残り少なくなっているので、カートリッジを外し、数回ゆすってトナーを均一にならした後、本体に戻してください。

なお、 カートリッジ交換時期*が近づいておりますので、新しいカートリッジをご用意ください。
カートリッジの交換方法については、関連情報トナーカートリッジの交換方法」 を参照してください。


*カートリッジ交換時期
カートリッジは消耗品のため、トナーが少なくなったら交換してください。
プリントした用紙に白いスジや色の薄い帯が現れたときは、トナーが残り少なくなっています。
なお、[トナー残量] ボタンを押し、トナーカートリッジが寿命の場合も、トナーカートリッジを交換してください。
トナー残量の確認方法については、こちらを参照してください。

 

戻る

【詳細3】トナー残量を確認する方法(MF4150/4130/4120)

■トナー残量を確認する方法

メイン操作パネルの [トナー残量] キーを押して、トナーカートリッジのトナー残量を確認することができます。
トナー残量は、ディスプレイに以下の4段階で表示されます。
トナーカートリッジが寿命の場合は、トナーカートリッジを交換してください。

待受画面に戻るには、[ストップ/リセット] キーを押します。

液晶表示
トナーカートリッジの状態
トナーカートリッジは充分に使用できる状態です。
通常に使用できる状態です。

トナーカートリッジの寿命が近づいています。
交換用のトナーカートリッジを用意してください。

トナーカートリッジが寿命になりました。
トナーカートリッジを交換してください。

 

ディスプレイの左右に表示されている%の数値が変更するわけではありません。
ディスプレイ中央部の四角いインジケータにて残量の目安をご確認ください。

 

戻る
関連情報:戻る

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4150

 

[TOP▲]
このページのトップへ