手差しトレイに用紙をセットする方法(MF4150/4130/4120/4010)



手差しトレイに用紙をセットする方法(MF4150/4130/4120/4010)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000035194



ここでは、MF4150/4130/4120/4010の手差しトレイに用紙をセットする方法について説明します。

MF4150/4130/4120/4010では、セットした用紙サイズと本体側の<ヨウシセッテイ>の設定が一致していないと「タダシイヨウシヲ セットシテクダサイ」のメッセージが表示され、出力を停止します。 必ずセットした用紙と<ヨウシセッテイ>の設定を一致させてください。

用紙サイズの登録方法は、関連情報用紙のサイズと種類を設定する方法」をご参照ください。
用紙トレイ(カセット)に用紙をセットする方法については、関連情報用紙トレイ(カセット)に用紙をセットする方法」をご参照ください。

また、 手差しトレイにセットできる用紙の種類や枚数は、用紙の種類によって異なります。
詳しくは、関連情報使用できる用紙と給紙方法」をご参照ください。


■手差しトレイに用紙をセットする方法(MF4150/4130/4120/4010)

OHPフィルム、ラベル、規格外の用紙、封筒などにプリントする場合は、手差しトレイを使用してください。
手差しトレイには用紙を1枚ずつセットします。

手差しトレイにセットされた用紙は、用紙トレイにセットされた用紙よりも先に給紙されます。
洋形4号、洋形2号の封筒を使用してください。
プリンタドライバで正しい封筒サイズを設定してください。
受信したファクスのプリントは、用紙トレイからのみ給紙が可能です。 手差しトレイに用紙がセットされている場合は、<テザシノ ヨウシヲ ジョキョ>と表示されます。

手差しトレイに用紙をセットする方法(MF4150/4130/4120/4010)
1

手差しトレイ用紙ガイドの幅を紙幅より少し広めにセットします。

2

用紙をセットする場合は、プリントしたい面を上にして手差しトレイにまっすぐに差し込みます。

 

ロゴがプリントされた用紙をセットする場合は、プリントしたい面(ロゴ側)を上にして、用紙の上端から先に手差しトレイにセットします。

封筒をセットする場合は、プリントしたい面を上にして右端から先に封筒をまっすぐに手差しトレイに差し込みます。

封筒の短いほうの辺にフタがついている場合、必ずフタのついている側から手差しトレイに差し込んでください。この向きに入れないと紙づまりの原因になります。

 

3

手差しトレイ用紙ガイドを用紙の幅に合わせます。

ガイドが用紙のサイズに合っていないと、きちんとプリントされないことがあります。

 

続いて、セットした用紙のサイズと種類を設定します。
用紙のサイズと種類の設定方法については、関連情報用紙のサイズと種類を設定する方法」を参照してください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4150 / MF4130 / MF4120 / MF4010

 

[TOP▲]
このページのトップへ