短縮ダイヤルの登録・編集・削除方法



短縮ダイヤルの登録・編集・削除方法
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000037414



ここでは短縮ダイヤルの宛先登録/編集/削除の方法について説明します。

短縮ダイヤルとは、登録済みの宛先を短縮番号を使って呼び出す機能です。
原稿送信時は、[短縮]を押した後、3桁の登録先番号(000〜191)を入力するだけで宛先を指定できます。

短縮ダイヤルは最大192件登録することができます。

なお、短縮ダイヤル以外の宛先登録機能につきましては、「宛先登録機能の種類」をご参照ください。


INDEX

  1. 短縮ダイヤルにファクス番号を登録する
  2. 短縮ダイヤルに電子メールアドレスを登録する
  3. 短縮ダイヤルにファイルサーバ送信先を登録する
  4. 登録した短縮ダイヤルの編集をする
  5. 登録した短縮ダイヤルを削除する

■短縮ダイヤルにファクス番号を登録する

ファクス番号を登録する 液晶表示
1 [初期設定/登録]を押します。  
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<アテサキヒョウ シヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
6.アテサキヒョウ シヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<タンシュク ダイヤル>を選択し、[OK]ボタンを押します。
アテサキヒョウ シヨウセッテイ
1.タンシュク ダイヤル
4 (-)]または[(+)]ボタンを押して登録する短縮ダイヤル(000〜191)を選択し、[OK]ボタンを押します。

操作パネル状の以下のキーを使って選択することもできます。
  [短縮]を押したあと、テンキーを使って3桁の番号(000〜191)を入力します。
タンシュク ダイヤル
[01] ミトウロクデス
5 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ファクス>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
ファクス
6 (-)]または[(+)]ボタンを押して<デンワバンゴウ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
1.デンワバンゴウ
7 テンキーを使って登録するファクス番号(スペースとポーズを含め最大120桁)を入力し、[OK]を押します。
デンワバンゴウ
_
8 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ナマエ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
2.ナマエ
9 テンキーを使って相手先の名前(スペースを含め最大16文字)を入力し、[OK]を押します。

以下の通信機能も設定する場合は、次の手順に進んでください。
設定しない場合は、[ストップ/リセット]を押して登録操作を完了します。

<コクナイ/コクサイツウシン> 海外送信で通信エラーがよく発生する場合に設定します。
<ソウシンスピード> 通信エラーがよく発生する場合に送信速度を変更します。
<ECM ソウシン> ECM方式で原稿を送信します。
ECM方式とは通信画像のエラーを自動的に干せして通信する機能で、相手機もこの方式に対応している必要があります。

ナマエ :ア
_
10 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ショウサイ セッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
3.ショウサイ セッテイ
11 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ショウサイ セッテイ
ON
12 (-)]または[(+)]ボタンを押して<コクナイ/コクサイツウシン>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ショウサイ セッテイ
1.コクナイ/コクサイソウシン
13 (-)]または[(+)]ボタンを押して設定項目を選択し、[OK]ボタンを押します。

通常は<コクナイ ソウシン>に設定します。
海外送信で通信エラーがよく発生する場合は、<コクサイソウシン1>に設定してください。
エラーが解決されない場合は、<コクサイソウシン2>、<コクサイソウシン3>の順に設定を変更してください。

コクナイ/コクサイソウシン
コクナイ ソウシン
14 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ソウシンスピード>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ショウサイ セッテイ
2.ソウシンスピード
15 (-)]または[(+)]ボタンを押して送信速度(33600bps、14400bps、9600bps、4800bps)を選択し、[OK]ボタンを押します。
<33600bps>で通信エラーがよく発生する場合は、<14400bps>、<9600bps>、<4800bps>の順に設定を変更してください。
ソウシンスピード
33600bps
16 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ECM ソウシン>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ショウサイ セッテイ
3.ECM ツウシン
17 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ECM ツウシン
ON
18

[ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。

 
以上で登録操作は完了です。

 

戻る


■短縮ダイヤルに電子メールアドレスを登録する

電子メールアドレスを登録する 液晶表示
1 [初期設定/登録]を押します。  
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<アテサキヒョウシヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
6.アテサキヒョウ シヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<タンシュク ダイヤル>を選択し、[OK]ボタンを押します。
アテサキヒョウ シヨウセッテイ
1.タンシュク ダイヤル
4 (-)]または[(+)]ボタンを押して登録する短縮ダイヤル(000〜191)を選択し、[OK]ボタンを押します。

操作パネル上の以下のキーを使って選択することもできます。
  [短縮]を押したあと、テンキーを使って3桁の番号(000〜191)を入力します。
タンシュク ダイヤル
[01] ミトウロクデス
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<Eメール>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
Eメール
6 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<デンシメール アドレス>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
1.デンシメール アドレス
7 テンキーを使って登録する電子メールアドレス(最大120桁)を入力し、[OK]ボタンを押します。
デンシメール アドレス :a
_
8 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ナマエ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
2.ナマエ
9 テンキーを使って相手先の名前(スペースを含め最大16文字)を入力し、[OK]ボタンを押します。
ナマエ :ア
_
10 [ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。  
以上で登録操作は完了です。

 

戻る


■短縮ダイヤルにファイルサーバ送信先を登録する

ファイルサーバ送信先を登録する 液晶表示
1 [初期設定/登録]を押します。  
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<アテサキヒョウシヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
6.アテサキヒョウ シヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<タンシュク ダイヤル>を選択し、[OK]ボタンを押します。
アテサキヒョウ シヨウセッテイ
1.タンシュク ダイヤル
4 (-)]または[(+)]ボタンを押して登録する短縮ダイヤル(000〜191)を選択し、[OK]ボタンを押します。

操作パネル上の以下のキーを使って選択することもできます。
  [短縮]を押したあと、テンキーを使って3桁の番号(000〜191)を入力します。
タンシュク ダイヤル
[01] ミトウロクデス
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<SMB>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
SMB
6 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ホストメイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
1.ホストメイ
7 テンキーを使ってファイルサーバのホスト名(最大120文字)を入力し、[OK]ボタンを押します。
ホストメイ :1
_
8 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ナマエ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
2.ナマエ
9 テンキーを使って相手先の名前(最大16文字)を入力し、[OK]ボタンを押します。
ナマエ :ア
_
10 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<フォルダヘノ パス>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
3.フォルダノパス
  テンキーを使って送信先のフォルダ名(最大24文字)を入力し、[OK]ボタンを押します。
フォルダノパス :a
_
11 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ユーザ メイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
ユーザ メイ
12 テンキーを使ってユーザ名(最大24文字)を入力し、[OK]ボタンを押します。
ユーザ メイ :a
_
13 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<アンショウバンゴウ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
5.アンショウ バンゴウ
14 テンキーを使ってパスワード(最大14文字)を入力し、[OK]ボタンを押します。
アンショウバンゴウ :a
_

15

[ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。  
以上で登録操作は完了です。

 

戻る


■登録した短縮ダイヤルの編集をする

ファイルサーバ送信先を登録する 液晶表示
1 [初期設定/登録]を押します。  
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<アテサキヒョウシヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
6.アテサキヒョウ シヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<タンシュク ダイヤル>を選択し、[OK]ボタンを押します。
アテサキヒョウ シヨウセッテイ
1.タンシュク ダイヤル
4 (-)]または[(+)]ボタンを押して登録する短縮ダイヤル(000〜191)を選択し、[OK]ボタンを押します。

操作パネル上の以下のキーを使って選択することもできます。
  [短縮]を押したあと、テンキーを使って3桁の番号(000〜191)を入力します。
タンシュク ダイヤル
[01] XXXXXXXX
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<デンワバンゴウ>または、<デンシメール アドレス>を選択し、[OK]ボタンを押します。

ファイルサーバの送信の場合は、<ホストメイ>、<ナマエ>、<フォルダヘノ パス>、<ユーザ メイ>、<アンショウバンゴウ>を編集することができます。


タンシュク ダイヤル
1.デンワバンゴウ
6 ファクス番号を変更する場合は、[(-)]を押してカーソルを移動します。
変更する内容がファクス番号以外の場合は、[(-)]を押して変更する番号または文字にカーソルを移動し、[クリア]ボタンを押します。

入力内容をすべて消去する場合は、[クリア]を長押しします。

デンシメール アドレス :a
XXXXX@XXXXX.jp_
7 テンキーを使って新しい番号またはアドレスを入力し、[OK]ボタンを押します。

デンシメール アドレス :a
ZZZZZZ@ZZZZZZ.jp_
8 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ナマエ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
タンシュク ダイヤル
2.ナマエ
9 (-)]押して変更する文字にカーソルを移動し、[クリア]ボタンを押します。

入力内容をすべて消去する場合は、[クリア]を長押しします。

ナマエ
XXXX_
10 テンキーを使って新しい名前を入力し、[OK]を押します。

登録されている宛先がファクス番号の場合は、通信機能の設定で変更できます。(操作ガイド総合編P.4-8)

ナマエ
ZZZZ_
11 [ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。  
以上で編集操作は完了です。

 

戻る


■登録した短縮ダイヤルを削除する

短縮ダイヤルを削除する 液晶表示
1 [初期設定/登録]を押します。  
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<アテサキヒョウシヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
6.アテサキヒョウ シヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<タンシュク ダイヤル>を選択し、[OK]ボタンを押します。
アテサキヒョウ シヨウセッテイ
1.タンシュク ダイヤル
4 (-)]または[(+)]ボタンを押して登録する短縮ダイヤル(000〜191)を選択し、[OK]ボタンを押します。

操作パネル上の以下のキーを使って選択することもできます。
  [短縮]を押したあと、テンキーを使って3桁の番号(000〜191)を入力します。
タンシュク ダイヤル
[01] XXXXXXXX
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<デンワバンゴウ>、<デンシシメール アドレス>、または<ホストメイン>を選択し、[OK]ボタンを押します。

ファイルサーバの送信の場合は、<ホストメイ>、<ナマエ>、<フォルダヘノ パス>、<ユーザ メイ>、<アンショウバンゴウ>を編集することができます。
タンシュク ダイヤル
1.デンワ バンゴウ
6 [クリア]を長押しして番号、アドレス、またはホスト名を削除し、[OK]ボタンを押します。

番号、アドレス、またはホスト名を消去した場合は、相手先の名前など他の登録内容も自動的にすべて消去されます。

 
7 [ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。  
以上で削除操作は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ