送信できるファイル形式と設定方法について(電子メール/ファイルサーバ送信)



送信できるファイル形式と設定方法について(電子メール/ファイルサーバ送信)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038242



ここでは、送信できるファイル形式と設定方法について説明します。


INDEX

  1. 送信できるファイル形式
  2. ファイル形式の設定方法

■送信できるファイル形式

電子メール/ファイルサーバ送信(SMB送信)の際に、以下のファイル形式を設定することができます。

画像ファイルの形式
電子メール(白黒)/ファイルサーバ(白黒)送信 <PDF>
<TIFF(シロクロ)>
電子メール(カラー)/ファイルサーバ(カラー)送信 <JPEG>
<PDF(コウアッシュク)>

 

分割
<シナイ> 複数の画像をページごとに分割しないで、1つのファイルとして送信します。
<スル> 複数の画像をページごとに分割して、別々のファイルとして送信します。

 

画像解像度
電子メール(白黒)/ファイルサーバ(白黒)送信 <200×200dpi>
<300×300dpi>
<400×400dpi>
<600×600dpi>
<150×150dpi>
<200×100dpi>
電子メール(カラー)/ファイルサーバ(カラー)送信 <200×200dpi>
<300×300dpi>
<150×150dpi>
<100×100dpi>

 

原稿の種類
<モジ/シャシン> 文字と写真のある原稿に適しています。
<モジ> 文字原稿に適しています。
<シャシン> 細かい文字や写真のある原稿に適しています。

 

戻る


■ファイル形式の設定方法

以下の手順で、画像ファイルの形式、分割、画像解像度、原稿の種類の設定ができます。

画像/原稿の設定 液晶表示
1 原稿をセットします。

ADFを使用しない場合は、1枚目の原稿を原稿台ガラスにセットします。
複数枚の原稿をカラー画像で電子メール送信する場合は、原稿をADFにセットしてください。
原稿台ガラスでは1枚しか送信できません。
ファクス
 
2 送信/ファクス]を繰り返し押して送信方法を選択し、[OK]を押します。

ファイルサーバ送信の場合、送信方法については所定の選択項目はありません。表示される送信方法の項目からいずれかを選択し、[OK]を押してください。
電子メールまたはファイルサーバ送信でカラー画像を送信する場合は、<デンシメール:カラー>を選択してください。
デンシメール:シロクロ
 
シロクロ 0808 10:00
メールアドレス ニュウリョク
3

宛先を指定します。

宛先の詳細につきましては、「宛先登録機能の種類」をご参照ください。
スタートデ ソウシン
XXXXXX_
4 OK]を繰り返し押して<ファイルケイシキ>を表示させます。
ファイルケイシキ
PDF
5 (-)]または[(+)]ボタンを押して送信する画像のファイル形式を選択し、[OK]ボタンを押します。

画像ファイルの形式
電子メール(白黒)/ファイルサーバ(白黒)送信 <PDF>
<TIFF(シロクロ)>
電子メール(カラー)/ファイルサーバ(カラー)送信 <JPEG>
<PDF(コウアッシュク)>
6 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ページゴトニ ブンカツ>を<シナイ>または<スル>に選択し、[OK]ボタンを押します。

分割
<シナイ> 複数の画像をページごとに分割しないで、1つのファイルとして送信します。
<スル> 複数の画像をページごとに分割して、別々のファイルとして送信します。

【手順 5】で<JPEG>に設定すると、この手順は表示されません。
ページゴトニ ブンカツ
スル
7 (-)]または[(+)]ボタンを押して送信する画像の解像度を選択し、[OK]ボタンを押します。

画像解像度
電子メール(白黒)/ファイルサーバ(白黒)送信 <200×200dpi>
<300×300dpi>
<400×400dpi>
<600×600dpi>
<150×150dpi>
<200×100dpi>
電子メール(カラー)/ファイルサーバ(カラー)送信 <200×200dpi>
<300×300dpi>
<150×150dpi>
<100×100dpi>

【手順 5】でファイル形式を<PDF(コウアッシュク)>に設定した場合は、自動的に<300×300dpi>に設定されます。
カイゾウド
200×200dpi
8 (-)]または[(+)]ボタンを押して原稿の種類を選択し、[OK]ボタンを押します。

原稿の種類
<モジ/シャシン> 文字と写真のある原稿に適しています。
<モジ> 文字原稿に適しています。
<シャシン> 細かい文字や写真のある原稿に適しています。

【手順 5】でファイル形式を<PDF(コウアッシュク)>に設定した場合、原稿の種類は自動的に<モジ/シャシン>に設定されます。
【手順 9】に進んでください。
ゲンコウノ シュルイ
モジ/シャシン
9

スタート]を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、[(-)]または[(+)]ボタンを押して原稿のサイズを選択し、[OK]ボタンを押します。
また、複数枚セットする場合は、原稿1枚ごと[スタート]を押し、すべての原稿の読み込みが完了したら[OK]を押します。
<ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ>の<ファクスセッテイ>で<ソウシン キノウ セッテイ>の<ダイヤルタイムアウト>が<ON>に設定されている場合、スピードダイヤルを使って宛先を指定すると一定時間経過後に原稿の読み込み操作が開始されます。
このため、[スタート]を押さなくとも読み込み操作を自動的に開始させることができます。

電子メール/ファイルサーバ送信の場合は、必要に応じて送信文書名や本文の他、電子メールに使用する件名、送信先アドレス、重要度をあらかじめ設定しておくことができます。
設定方法につきましては、「送信機能をお好みに応じて調整する」をご参照ください。

スタートデ ソウシン
XXXXXX_
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ