送信機能をお好みに応じて調整する(MF4680)



送信機能をお好みに応じて調整する(MF4680)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038246



ここでは、送信機能の調整方法について説明します。


INDEX

  1. リトライ回数を設定する(電子メール/ファイルサーバ送信)
  2. 自動リダイヤルを設定する(ファクス送信)
  3. 送信機能の詳細な設定をする(電子メール/ファイルサーバ/USBメモリ送信)

■リトライ回数を設定する(電子メール/ファイルサーバ送信)

リトライとは、受信側が送信/受信中などの状態により送信することができない場合や、エラーが生じた場合に自動的に再送信する機能です。
ここではその回数を設定します。

リトライ回数の設定方法 液晶表示
1 初期設定/登録]を押します。
メニュー
1.ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
5.ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<キョウツウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ
1.キョウツウセッテイ
4 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシン キノウ セッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
キョウツウセッテイ
1.ソウシン キノウ セッテイ
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<リトライカイスウ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシン キノウ セッテイ
3.リトライカイスウ
6 (-)]または[(+)]ボタンまたは、テンキーを使ってリトライ回数(0〜5回)を入力し、[OK]を押します。
リトライカイスウ
3カイ
7 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
ファクス
 
以上で設定は完了です。

 

戻る


■自動リダイヤルを設定する(ファクス送信)

自動リダイヤルとは、ファクス送信時に相手先が話し中などで送信できない場合や送信エラーが発生したときに、自動的に再送信する機能です。
自動リダイヤルを設定した場合は、リダイヤルする回数や間隔などを設定できます。

自動リダイヤルの設定方法 液晶表示
1 初期設定/登録]を押します。
メニュー
1.ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
5.ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ファクスセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ
2.ファクスセッテイ
4 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシン キノウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ファクスセッテイ
3.ソウシン キノウ セッテイ
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<シドウ リダイヤル>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシン キノウ セッテイ
3.ジドウ リダイヤル
6 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ON>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ジドウリダイヤル
ON
7 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<リダイヤル カイスウ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ジドウリダイヤル
1.リダイヤル カイスウ
8 (-)]または[(+)]ボタンまたは、テンキーを使ってリトライ回数(1〜10回)を入力し、[OK]を押します。
リダイヤル カイスウ
2カイ
9 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<リダイヤル カンカク>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ジドウ リダイヤル
2.リダイヤル カンカク
10 (-)]または[(+)]ボタンまたは、テンキーを使ってリダイヤルする間隔(1分間隔で2〜99分)を入力し、[OK]を押します。
リダイヤル カンカク
2フン
11 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<送信エラージ リダイヤル>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ジドウ リダイヤル
3.ソウシンエラージリダイヤル
12 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ON>または<OFF>を選択し、[OK]ボタンを押します。

ソウシンエラージ リダイヤル
<ON> 送信エラー時に自動リダイヤルして送信文書の全ページが再送されます。
<OFF> 送信エラー時はリダイヤルしません。
ソウシンエラージリダイヤル
ON
13 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
ファクス
 
以上で設定は完了です。

 

戻る


■送信機能の詳細な設定をする(電子メール/ファイルサーバ/USBメモリ送信)

送信方法に応じて、あらかじめ以下の設定をしておくことができます。

送信方法 内容
電子メール送信 送信文書名、件名、本文、返信先アドレス、重要度
ファイルサーバ/USBメモリ送信 送信文書名、本文


送信機能の詳細設定方法 液晶表示
1 初期設定/登録]を押します。
メニュー
1.ヨウシ セッテイ
2 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
メニュー
5.ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<キョウツウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシン/ジュシンシヨウセッテイ
1.キョウツウセッテイ
4 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシン キノウセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
キョウツウセッテイ
1.ソウシン キノウ セッテイ
5 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシンセッテイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシン キノウ セッテイ
6.ソウシンセッテイ
6 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ソウシン ファイルメイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシンセッテイ
1.ソウシン ファイルメイ
7 テンキーを使って送信文書名(最大24文字)を入力し、[OK]を押します。
ソウシンファイルメイ :ア
_  
8 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ケンメイ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシンセッテイ
2.ケンメイ
9 テンキーを使って件名(最大40文字)を入力し、[OK]を押します。
ケンメイ :ア
_  
10 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ホンブン>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシンセッテイ
3.ホンブン
11 テンキーを使って本文(最大140文字)を入力し、[OK]を押します。
ホンブン :ア
_  
12 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<ヘンシンサキ>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシンセッテイ
4.ヘンシンサキ
13 テンキーを使って返信先(最大120文字)を入力し、[OK]を押します。
ホンブン

:a

_  
14 (-)]または[(+)]ボタンを押し、<デンシメール/ジュウヨウド>を選択し、[OK]ボタンを押します。
ソウシンセッテイ
5.デンシメールノ ジュウヨウド
15 (-)]または[(+)]ボタンを押し、電子メールの重要度(<フツウ>、<ヒクイ>、<タカイ>)を選択し、[OK]ボタンを押します。
デンシメールノ ジュウヨウド
フツウ
16 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
ファクス
 
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ