製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法(MF7450N/7350N/7330)−ネットワーク接続−



製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法(MF7450N/7350N/7330)−ネットワーク接続−
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038692



ここでは、Windows環境のネットワーク接続において、製品同梱CD-ROMを使ってプリンタドライバのインストールする手順について説明してます。
なお、USB接続でのインストール方法については、「製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法(MF7450N/7350N/7330)−USB接続−」を参照してください。


INDEX

  1. ネットワーク(TCP/IP)上のプリンタを自動検索する場合
    プリンタをネットワークに接続する(必須)
    CD-ROMを起動し、インストールを開始する(必須)
    プリンタドライバをインストールする
    ファクスドライバをインストールする
    スキャナドライバをインストールする
    インストールを終了し、コンピュータを再起動する(必須)
  2. ポートを手動で設定してプリンタドライバをインストールする方法
    プリンタをネットワークに接続する(必須)
    CD-ROMを起動し、インストールを開始する(必須)
    プリンタドライバをインストールする
    ファクスドライバをインストールする
    スキャナドライバをインストールする
    インストールを終了し、コンピュータを再起動する(必須)

ネットワーク(TCP/IP)上のプリンタを自動検索する場合

ネットワークプロトコルとしてTCP/IPをお使いの場合は、本手順でプリンタドライバをインストールします。ネットワーク上にあるプリンタを自動検索して、プリンタを選択するだけで簡単にインストールできます。

【重要】
  • 本インストール方法は、TCP/IPネットワーク環境(ネットワークプロトコル)でのみインストールできます。お使いのネットワーク環境がわからない場合は、ネットワーク管理者にご確認ください。
  • Windows Vistaで[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示された場合は、以下の操作を行ってください。
    →管理者アカウントとしてログオンしているときは、[許可]または[続行]をクリックします。
    →標準ユーザーとしてログオンしているときは、管理者アカウントのパスワードを入力したあと、[OK]をクリックします。
  • Windows Vistaで[Windowsセキュリティ]ダイアログボックスが表示された場合は、[このドライバソフトウエアをインストールします]をクリックします。
  • インストール前に、他のアプリケーションソフトウエアをすべて終了してください。
  • プリンタの電源が入っていないときや、オフラインのときにインストールすると、正常にインストールできないことがあります。
  • プラグアンドプレイの自動インストールにより、ウィザードが表示された場合は、[キャンセル]をクリックして本手順でインストールを行ってください。
  • Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vistaをお使いの場合、起動した際に、必ずAdministratorsのメンバーとしてログオンしてください。


ネットワーク上のプリンタを自動検索する方法
1

プリンタをネットワークに接続します。

プリンタの電源が入っていること、およびプリンタのオンラインランプが点灯していることを確認します。
2

付属のプリンタドライバ用のCD-ROMをコンピュータのCD-ROMドライブにセットします。

「CD-ROM Setup」画面が表示されたら、[インストール]をクリックします。

CD-ROMメニューが表示されない場合は、以下の手順を行ってください。
Windows 98/Windows Me
Windows 2000/Windows XP
Windows Server 2003
[マイコンピュータ]からCD-ROMを開いて、[Mlnst.exe]をダブルクリックします。
Windows Vista ・[自動再生]ダイアログボックスが表示されたときは、[Mlnst.exeの実行]をクリックします。
・Windowsのエクスプローラが表示されたときは、[Mlnst.exe]をダブルクリックします。
・何も表示されないときは[スタート(Windowsマーク]から[コンピュータ]を開き、CD-ROMアイコンをダブルクリックします。

Mlnst.exeがCD-ROM内にない場合

1.CD-ROM内の[CARPS2]フォルダにある[Setup.exe]アイコンをダブルクリックします。
2.[Readme ファイルの表示]をクリックして、Readmeファイルの内容を確認したあと、[次へ]をクリックします。
3.使用許諾契約書の内容を確認したあと、[はい]をクリックして次の【手順 7】へ進みます。
3

「インストール」画面が開いたら、[CARPS2 プリンタドライバ]、[ファクスドライバ]、[Color Network ScanGear]にチェックマークを付け、[インストール]をクリックします。

この画面でチェックマークが付いているソフトウエアは、順次インストールされます。 ここでは、プリンタドライバ、ファクスドライバ、スキャナドライバすべてをインストールする例で説明します。
必要に応じて、チェックマークを外します。


4 インストール画面が進みます。

●CARPS2 プリンタドライバのインストール

「CARPS2 Printer Driver セットアップウィザードへようこそ」画面が開いたら、 [Readme ファイルの表示]をクリックしてReadmeファイルの内容を確認したあと、[次へ]をクリックします。

【手順 3】で「CARPS2 プリンタドライバ」を選択しなかった場合は、この画面は表示されません。選択したドライバに応じて「ファクスドライバをインストールする」または「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。

5 使用許諾契約書が画面に表示されます。
内容を確認したあと、[はい]をクリックします。
6

Canon Driver Information Assist Serviceが既にインストールされていて、Windowsファイアウォール機能を持っているOSをお使いの場合に、以下の画面が表示されたときは、[はい]または[いいえ]をクリックします。

[はい]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceに対するWindowsファイウォールのブロックが解除され、デバイス情報取得や部門管理を行えるようになります。
[いいえ]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceは使用できなくなります。
7 ネットワーク上のプリンタを探索してインストール]を選択したあと、[次へ]をクリックします。

ネットワーク上にあるスリープ状態のプリンタも探索する場合は、[スリープ状態のプリンタも復帰させて探索する]にチェックマークを付けます。
8

「処理の選択」画面が表示されたら、[次へ]をクリックします。

共有プリンタ環境で、デバイス情報取得、および部門管理機能を使用する場合は、プリントサーバでインストールを行うときに[Canon Driver Information Assist Service]にチェックマークを付けます。
既にプリンタドライバがインストールされている場合は、右の画面が表示されます。実行する処理を選択したあと、[次へ]をクリックします。

[プリンタを追加し、既存のドライバも更新する] 新規にプリンタドライバを追加して、併せて既に登録されているプリンタドライバを更新します。
[プリンタを追加する] 新規にプリンタドライバを追加して、既に登録されている同じ機種のプリンタドライバのみ更新します。
9

プリンタが検索されます。

10

Windowsファイアウォール機能を持っているOSをお使いの場合に、以下の画面が表示されたときは、[はい]または[いいえ]をクリックします。

[はい]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceに対するWindowsファイウォールのブロックが解除され、デバイス情報取得や部門管理を行えるようになります。
[いいえ]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceは使用できなくなります。
11 「プリンタ一覧」に、探索されたプリンタが表示されます。

プリンタ一覧]からインストールするプリンタを選択したあと、[追加]をクリックします。

[すべて選択]をクリックすると、探索されたプリンタがすべて選択されます。プリンタが探索されない([プリンタ一覧]にプリンタが表示されない)場合は、[再探索]をクリックします。

[インストールするプリンタ一覧]からインストールしないプリンタを選択したあと[削除]をクリックすると、選択したプリンタが削除されます。

[再探索]をクリックしてもプリンタが探索されない場合は、「ポートを手動で設定する場合」を参照してインストールしてください。
12

インストールするプリンタを確認したあと、[次へ]をクリックします。

プリンタ名を変更する場合や、通常使うプリンタとして設定する場合は、[プリンタ情報を設定する]にチェックマークを付けます。
プリントサーバとして、プリンタを共有する場合は、表示された画面の[プリンタを共有する]にチェックマークを付けます。さらに、[共有名]に任意の共有名を入力することもできます。
13 「インストールするプリンタ一覧」を確認したあと、[開始]をクリックします。
14

「インストール開始後は中止することができません。よろしいですか?」というメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。

インストールが開始されます。

お使いの環境によっては、コンピュータの再起動を促すメッセージが表示される場合があります。その場合は、コンピュータの再起動後にインストールを続けてください。

プリンタドライバのインストールが終了すると、引き続きファクスドライバ、またはスキャナドライバのインストールが開始されます。

【手順 3】で選択したドライバに応じて「ファクスドライバをインストールする」または「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。
プリンタドライバのみ選択した場合は、「インストールを終了し、コンピュータを再起動する」へお進みください。

15

●ファクスドライバのインストール

「Raster/LIPS4 FaxDriver セットアップウィザードへようこそ」画面が開いたら、 [Readme ファイルの表示]をクリックしてReadmeファイルの内容を確認したあと、[次へ]をクリックします。

【手順 3】で「ファクスドライバ」を選択しなかった場合は、この画面は表示されません。選択したドライバに応じて「プリンタドライバをインストールする」または「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。

16 使用許諾契約書が画面に表示されます。
内容を確認したあと、[はい]をクリックします。
17 ネットワーク上のファクスを探索してインストール]を選択したあと、[次へ]をクリックします。

ネットワーク上にあるスリープ状態のファクスも探索する場合は、[スリープ状態のファクスも復帰させて探索する]にチェックマークを付けます。
18

ファクスが検索されます。

19 「ファクス一覧」に、探索されたプリンタが表示されます。

ファクス一覧]からインストールするプリンタを選択したあと、[追加]をクリックします。

[すべて選択]をクリックすると、探索されたファクスがすべて選択されます。ファクスが探索されない([ファクス一覧]にファクスが表示されない)場合は、[再探索]をクリックします。

[インストールするファクス一覧]からインストールしないファクスを選択したあと[削除]をクリックすると、選択したファクスが削除されます。

[再探索]をクリックしてもファクスが探索されない場合は、「ポートを手動で設定する場合」を参照してインストールしてください。
20

インストールするファクスを確認したあと、[次へ]をクリックします。

ファクス名を変更する場合や、通常使うファクスとして設定する場合は、[ファクス情報を設定する]にチェックマークを付けます。
21 「インストールするファクス一覧」を確認したあと、[開始]をクリックします。
22

「インストール開始後は中止することができません。よろしいですか?」というメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。

23

インストールが開始されます。

ファクスドライバのインストールが終了すると、引き続き、スキャナドライバのインストールが開始されます。

【手順 3】で「Color Network ScanGear」を選択した場合は「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。
「Color Network ScanGear」を選択していない場合は、「インストールを終了し、コンピュータを再起動する」へお進みください。

24

●Color Network ScanGearのインストール

「Color Network ScanGear」の画面が表示されます。

【手順 3】で「Color Network ScanGear」を選択しなかった場合は、この画面は表示されません。選択したドライバに応じて「プリンタドライバをインストールする」または「ファクスドライバをインストールする」へお進みください。


「Color Network ScanGear セットアップ」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。
25 使用許諾契約書が画面に表示されます。
内容を確認したあと、[はい]をクリックします。
26 「インストール先の選択」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。
27 「プログラムフォルダの選択」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。
28 「ファイルのコピーの開始」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。

インストールが開始されます。

29 「InstallShield Wizaedの完了」画面が開いたら、[完了]をクリックします。
30 「インストール」画面に戻ったら、[次へ]をクリックします。
31

「セットアップを終了します」画面が開いたら、[今すぐコンピュータを再起動する(推奨)]にチェックを入れ、[再起動]をクリックします。

インストール終了後に、デバイス情報の取得が自動で行われます。
共有プリンタ環境でデバイス情報を取得するには、プリントサーバへCanon Driver Information Assist Serviceのインストールが必要です。
以上で、インストールは完了です。

 

戻る


■ポートを手動で設定してプリンタドライバをインストールする方法

次の手順でプリンタドライバをインストールしてください。

【重要】
  • 本インストール方法は、TCP/IPネットワーク環境(ネットワークプロトコル)でのみインストールできます。お使いのネットワーク環境がわからない場合は、ネットワーク管理者にご確認ください。
  • Windows Vistaで[ユーザーアカウント制御]ダイアログボックスが表示された場合は、以下の操作を行ってください。
    →管理者アカウントとしてログオンしているときは、[許可]または[続行]をクリックします。
    →標準ユーザーとしてログオンしているときは、管理者アカウントのパスワードを入力したあと、[OK]をクリックします。
  • Windows Vistaで[Windowsセキュリティ]ダイアログボックスが表示された場合は、[このドライバソフトウエアをインストールします]をクリックします。
  • インストール前に、他のアプリケーションソフトウエアをすべて終了してください。
  • プリンタの電源が入っていないときや、オフラインのときにインストールすると、正常にインストールできないことがあります。
  • プラグアンドプレイの自動インストールにより、ウィザードが表示された場合は、[キャンセル]をクリックして本手順でインストールを行ってください。
  • Windows 2000/Windows XP/Windows Server 2003/Windows Vistaをお使いの場合、起動した際に、必ずAdministratorsのメンバーとしてログオンしてください。


ポートを手動で指定してインストールする方法
1

プリンタをネットワークに接続します。

プリンタの電源が入っていること、およびプリンタのオンラインランプが点灯していることを確認します。
2

付属のプリンタドライバ用のCD-ROMをコンピュータのCD-ROMドライブにセットします。

「CD-ROM Setup」画面が表示されたら、[インストール]をクリックします。

CD-ROMメニューが表示されない場合は、以下の手順を行ってください。
Windows 98/Windows Me
Windows 2000/Windows XP
Windows Server 2003
[マイコンピュータ]からCD-ROMを開いて、[Mlnst.exe]をダブルクリックします。
Windows Vista ・[自動再生]ダイアログボックスが表示されたときは、[Mlnst.exeの実行]をクリックします。
・Windowsのエクスプローラが表示されたときは、[Mlnst.exe]をダブルクリックします。
・何も表示されないときは[スタート(Windowsマーク]から[コンピュータ]を開き、CD-ROMアイコンをダブルクリックします。

Mlnst.exeがCD-ROM内にない場合

1.CD-ROM内の[CARPS2]フォルダにある[Setup.exe]アイコンをダブルクリックします。
2.[Readme ファイルの表示]をクリックして、Readmeファイルの内容を確認したあと、[次へ]をクリックします。
3.使用許諾契約書の内容を確認したあと、[はい]をクリックして次の【手順 7】へ進みます。
3

「インストール」画面が開いたら、[CARPS2 プリンタドライバ]、[ファクスドライバ]、[Color Network ScanGear]にチェックマークを付け、[インストール]をクリックします。

この画面でチェックマークが付いているソフトウエアは、順次インストールされます。 ここでは、プリンタドライバ、ファクスドライバ、スキャナドライバすべてをインストールする例で説明します。
必要に応じて、チェックマークを外します。


4 インストール画面が進みます。

●CARPS2 プリンタドライバのインストール

「CARPS2 Printer Driver セットアップウィザードへようこそ」画面が開いたら、 [Readme ファイルの表示]をクリックしてReadmeファイルの内容を確認したあと、[次へ]をクリックします。

【手順 3】で「CARPS2 プリンタドライバ」を選択しなかった場合は、この画面は表示されません。選択したドライバに応じて「ファクスドライバをインストールする」または「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。

5 使用許諾契約書が画面に表示されます。
内容を確認したあと、[はい]をクリックします。
6

Canon Driver Information Assist Serviceが既にインストールされていて、Windowsファイアウォール機能を持っているOSをお使いの場合に、以下の画面が表示されたときは、[はい]または[いいえ]をクリックします。

[はい]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceに対するWindowsファイウォールのブロックが解除され、デバイス情報取得や部門管理を行えるようになります。
[いいえ]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceは使用できなくなります。
7 ポートを設定してインストール]を選択したあと、[次へ]をクリックします。
8

「処理の選択」画面が表示されたら、[次へ]をクリックします。

共有プリンタ環境で、デバイス情報取得、および部門管理機能を使用する場合は、プリントサーバでインストールを行うときに[Canon Driver Information Assist Service]にチェックマークを付けます。
既にプリンタドライバがインストールされている場合は、右の画面が表示されます。実行する処理を選択したあと、[次へ]をクリックします。

[プリンタを追加し、既存のドライバも更新する] 新規にプリンタドライバを追加して、併せて既に登録されているプリンタドライバを更新します。
[プリンタを追加する] 新規にプリンタドライバを追加して、既に登録されている同じ機種のプリンタドライバのみ更新します。
9

プリンタが検索されます。

10

Windowsファイアウォール機能を持っているOSをお使いの場合に、以下の画面が表示されたときは、[はい]または[いいえ]をクリックします。

[はい]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceに対するWindowsファイウォールのブロックが解除され、デバイス情報取得や部門管理を行えるようになります。
[いいえ]をクリックすると、Canon Driver Information Assist Serviceは使用できなくなります。
11 「プリンタ一覧」に、探索されたプリンタが表示されます。

プリンタ一覧]からインストールするプリンタを選択したあと、[追加]をクリックします。

[すべて選択]をクリックすると、探索されたプリンタがすべて選択されます。プリンタが探索されない([プリンタ一覧]にプリンタが表示されない)場合は、[再探索]をクリックします。

[インストールするプリンタ一覧]からインストールしないプリンタを選択したあと[削除]をクリックすると、選択したプリンタが削除されます。

12

インストールするプリンタを確認したあと、[次へ]をクリックします。

プリンタ名を変更する場合や、通常使うプリンタとして設定する場合は、[プリンタ情報を設定する]にチェックマークを付けます。
プリントサーバとして、プリンタを共有する場合は、表示された画面の[プリンタを共有する]にチェックマークを付けます。さらに、[共有名]に任意の共有名を入力することもできます。
13

「使用するポート」を選択します。

本機をメインプリンタとして使用する場合は、[通常のプリンタとして使う]にチェックを入れます。

次へ]をクリックします。

プリンタを共有する場合は、[プリンタを共有する]にチェックを入れ、共有名を入力します。
14 「インストールするプリンタ一覧」を確認したあと、[開始]をクリックします。
15

「インストール開始後は中止することができません。よろしいですか?」というメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。

インストールが開始されます。

お使いの環境によっては、コンピュータの再起動を促すメッセージが表示される場合があります。その場合は、コンピュータの再起動後にインストールを続けてください。

プリンタドライバのインストールが終了すると、引き続きファクスドライバ、またはスキャナドライバのインストールが開始されます。

【手順 3】で選択したドライバに応じて「ファクスドライバをインストールする」または「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。
プリンタドライバのみ選択した場合は、「インストールを終了し、コンピュータを再起動する」へお進みください。

 

16

●ファクスドライバのインストール

「Raster/LIPS4 FaxDriver セットアップウィザードへようこそ」画面が開いたら、 [Readme ファイルの表示]をクリックしてReadmeファイルの内容を確認したあと、[次へ]をクリックします。

【手順 3】で「ファクスドライバ」を選択しなかった場合は、この画面は表示されません。選択したドライバに応じて「プリンタドライバをインストールする」または「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。

17 使用許諾契約書が画面に表示されます。
内容を確認したあと、[はい]をクリックします。
18 ポートを手動で設定してインストール]を選択したあと、[次へ]をクリックします。
19

ファクスが検索されます。

20 「ファクス一覧」に、探索されたプリンタが表示されます。

ファクス一覧]からインストールするプリンタを選択したあと、[追加]をクリックします。

[すべて選択]をクリックすると、探索されたファクスがすべて選択されます。ファクスが探索されない([ファクス一覧]にファクスが表示されない)場合は、[再探索]をクリックします。

[インストールするファクス一覧]からインストールしないファクスを選択したあと[削除]をクリックすると、選択したファクスが削除されます。

21

インストールするファクスを確認したあと、[次へ]をクリックします。

ファクス名を変更する場合や、通常使うファクスとして設定する場合は、[ファクス情報を設定する]にチェックマークを付けます。
22

「使用するポート」を選択します。

本機をメインファクスとして使用する場合は、[通常のファクスとして使う]にチェックを入れます。

次へ]をクリックします。

ファクスを共有する場合は、[ファクスを共有する]にチェックを入れ、共有名を入力します。
23 「インストールするファクス一覧」を確認したあと、[開始]をクリックします。
24

「インストール開始後は中止することができません。よろしいですか?」というメッセージが表示されたら、[はい]をクリックします。

25

インストールが開始されます。

ファクスドライバのインストールが終了すると、引き続き、スキャナドライバのインストールが開始されます。

【手順 3】で「Color Network ScanGear」を選択した場合は「スキャナドライバをインストールする」へお進みください。
「Color Network ScanGear」を選択していない場合は、「インストールを終了し、コンピュータを再起動する」へお進みください。

26

●Color Network ScanGearのインストール

「Color Network ScanGear」の画面が表示されます。

【手順 3】で「Color Network ScanGear」を選択しなかった場合は、この画面は表示されません。選択したドライバに応じて「プリンタドライバをインストールする」または「ファクスドライバをインストールする」へお進みください。


「Color Network ScanGear セットアップ」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。
27 使用許諾契約書が画面に表示されます。
内容を確認したあと、[はい]をクリックします。
28 「インストール先の選択」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。
29 「プログラムフォルダの選択」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。
30 「ファイルのコピーの開始」画面が開いたら、[次へ]をクリックします。

インストールが開始されます。

31 「InstallShield Wizaedの完了」画面が開いたら、[完了]をクリックします。
32 「インストール」画面に戻ったら、[次へ]をクリックします。
33

「セットアップを終了します」画面が開いたら、[今すぐコンピュータを再起動する(推奨)]にチェックを入れ、[再起動]をクリックします。

インストール終了後に、デバイス情報の取得が自動で行われます。
共有プリンタ環境でデバイス情報を取得するには、プリントサーバへCanon Driver Information Assist Serviceのインストールが必要です。
以上で、インストールは完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7450N / MF7350N / MF7330

 

[TOP▲]
このページのトップへ