グループ宛先の登録・編集・削除方法(MF7455N/7450N/7430/7350N/7330)



グループ宛先の登録・編集・削除方法(MF7455N/7450N/7430/7350N/7330)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000038728



グループ宛先とは、すでに登録されている最大499件までの各宛先をひとつの宛先として登録する機能です。


INDEX

  1. グループ宛先を登録する
  2. 宛先の登録内容を変更する
  3. 宛先を消去する(1グループを削除する)
  4. 宛先を消去する(グループ内の1宛先を削除する)

■グループ宛先を登録する

ここではグループ宛先の登録方法を説明します。

【重要】
グループ宛先に登録するファクス、電子メール、ファイルサーバなどの各宛先を登録してから、グループ宛先の登録を行ってください。
登録方法につきましては、「宛先表の登録・編集・削除方法」をご参照ください。

グループ宛先には、すでに登録済のグループ宛先は登録することができません。
オプションのネットワークインターフェースボード(MF7455N/7450N/7350Nは標準装備)とシンプルSEND拡張キットを有効にした場合は、電子メール、I ファクス、ファイルサーバの宛先もグループに登録することができます。


グループ宛先を登録 液晶表示
1 操作パネルの[初期設定/登録]キーを押します。
2 タッチパネルディスプレイに「初期設定/登録の種類を選んでください。」画面が表示されたら、[宛先表仕様設定]を押します。

宛先表の暗証番号が設定されている場合は、暗証番号の入力画面が表示されます。
暗証番号を入力して[OK]を押してください。
3 「宛先表仕様設定」画面が開いたら、[宛先の登録]を押します。
4 「宛先の登録」画面が開いたら、[新規宛先の登録]を押します。
5 「新規宛先の登録」画面が開いたら、[グループ]を押します。
6

「グループ」画面が開いたら、[宛先表]を押します。

7

登録する宛先を選択したあと、[OK]を押します。

複数の宛先を選択することができます。
選択された宛先にはチェックマークがつきます。
指定した宛先を取り消す場合は、もう一度宛先を選択してチェックマークを解除します。
選択するボタンが表示されていない場合は、[▼][▲]を押します。


●ドロップダウンリスト

宛先の種類ドロップダウンリストを使うと、リストに表示される宛先の種類を限定することができます。

オプションのシンプルSEND拡張キットを有効にしていない場合は、ドロップダウンリストは表示されません。

●詳細情報

宛先を選択したあと[詳細情報]を押すと、下の画面が表示され、選択した宛先の詳細情報を確認することができます。

元の画面に戻るときは[閉じる]を押します。

●宛先を消去するには

消去したい宛先を選択し、[消去]を押します。
選択した宛先が消去されます。

選択するボタンが表示されていない場合は、[▼][▲]を押します。
8 「グループ」画面に戻ったら、宛先を選択し[次へ]を押します。
7 「名称登録」画面が開いたら、宛先の名称を入力したあと、[次へ]を押します。

「かな漢」「カタカナ」「英字」「記号」「コード入力」モードで、半角16文字、全角8文字まで登録できます。
「カタカナ(半角)」で入力した濁音、半濁音は半角1文字分に数えます。
8 「名称登録:フリガナ」画面が開いたら、宛先の名称のフリガナを入力したあと、[OK]を押します。

【手順 7】で入力した文字のフリガナが、あらかじめ入力されています。
「カタカナ(半角)」「英字」「記号(半角)」モードで、16文字まで登録できます。
9 新規宛先の登録画面に戻ります。  
以上で設定は完了です。
続けてグループ宛先を登録するときは、【手順 5】からの作業を繰り返し行ってください。

 

戻る


■宛先の登録内容を変更する

ここでは宛先の登録内容を説明します。

宛先の登録内容を変更 液晶表示
1 操作パネルの[初期設定/登録]キーを押します。
2 タッチパネルディスプレイに「初期設定/登録の種類を選んでください。」画面が表示されたら、[宛先表仕様設定]を押します。

宛先表の暗証番号が設定されている場合は、暗証番号の入力画面が表示されます。
暗証番号を入力して[OK]を押してください。
3 「宛先表仕様設定」画面が開いたら、[宛先の登録]を押します。
4 「宛先の登録」画面が開いたら、変更する宛先を選択したあと、[詳細編集]を押します。

選択した宛先の設定項目が表示されます。

宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。
選択するボタンが表示されていない場合は、[▼][▲]を押します。
サブ宛先の「ワンタッチボタン」を選択することはできません。
宛先表ドロップダウンリストで「すべて」を選択した場合、ワンタッチボタンに登録した宛先も表示されます。
ただしワンタッチボタンに登録されている宛先の編集はできません。
ワンタッチボタンについては関連情報ワンタッチボタンの登録・編集・削除方法(MF7455N/7450N/7430/7350N/7330)」を参照してください。
5 閉じる]を押して、新規宛先の登録画面に戻ります。  
以上で登録内容変更は完了です。

 

戻る


■宛先を消去する(1グループを削除する)

ここでは宛先の消去方法を説明します。

グループごとの削除ではなく、グループ内で消去する宛先を選択したい場合は、 「宛先を消去する(グループ内の1宛先を削除する)」をご参照ください。

宛先の消去 液晶表示
1 操作パネルの[初期設定/登録]キーを押します。
2 タッチパネルディスプレイに「初期設定/登録の種類を選んでください。」画面が表示されたら、[宛先表仕様設定]を押します。

宛先表の暗証番号が設定されている場合は、暗証番号の入力画面が表示されます。
暗証番号を入力して[OK]を押してください。
3 「宛先表仕様設定」画面が開いたら、[宛先の登録]を押します。
4 「宛先の登録」画面が開いたら、削除する宛先を選択したあと、[消去]を押します。

「宛先を消去してもよろしいですか?」とメッセージが表示されたら、[はい]を押します。

複数の宛先を一度に消去することはできません。
宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。
選択するボタンが表示されていない場合は、[▼][▲]を押します。
サブ宛先の「ワンタッチボタン」を選択することはできません。
宛先表ドロップダウンリストで「すべて」を選択した場合、ワンタッチボタンに登録した宛先も表示されます。
ただしワンタッチボタンに登録されている宛先は消去はできません。
ワンタッチボタンについては関連情報ワンタッチボタンの登録・編集・削除方法(MF7455N/7450N/7430/7350N/7330)」を参照してください。
5 閉じる]を押して、新規宛先の登録画面に戻ります。  
以上で宛先の消去は完了です。

 

 

戻る


■宛先を消去する(グループ内の1宛先を削除する)

ここでは宛先の消去方法を説明します。

複数宛先が登録されているグループを、グループごと消去したい場合は、「宛先を消去する(1グループを削除する)」をご参照ください。

宛先の消去 液晶表示
1 操作パネルの[初期設定/登録]キーを押します。
2 タッチパネルディスプレイに「初期設定/登録の種類を選んでください。」画面が表示されたら、[宛先表仕様設定]を押します。

宛先表の暗証番号が設定されている場合は、暗証番号の入力画面が表示されます。
暗証番号を入力して[OK]を押してください。
3 「宛先表仕様設定」画面が開いたら、[宛先の登録]を押します。
4 「宛先の登録」画面が開いたら、削除する宛先を含んだグループを選択したあと、[詳細編集]を押します。

宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。
選択するボタンが表示されていない場合は、[▼][▲]を押します。
サブ宛先の「ワンタッチボタン」を選択することはできません。
宛先表ドロップダウンリストで「すべて」を選択した場合、ワンタッチボタンに登録した宛先も表示されます。
ただしワンタッチボタンに登録されている宛先は消去はできません。
ワンタッチボタンについては関連情報ワンタッチボタンの登録・編集・削除方法(MF7455N/7450N/7430/7350N/7330)」を参照してください。
5 「グループ」画面が表示されたら、削除したい宛先を選択し、[消去]を押します。

[消去]を押すと、確認画面などは表示されずに、すぐに宛先が消去されますのでご注意ください。

5 閉じる]を押して、新規宛先の登録画面に戻ります。  
以上で宛先の消去は完了です。

 

戻る



■参考

宛先表画面で[あ]、[か]、[さ]などの目次キーを押すと、入力したフリガナの1文字目をもとに宛先を限定し、並べ替えて表示することができます。




■関連情報

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7450N / MF7350N / MF7330

 

[TOP▲]
このページのトップへ