両面コピーを取る方法(MF7000シリーズ)



両面コピーを取る方法(MF7000シリーズ)
更新日 : 2016年4月15日
文書番号 : Q000038778



コピー機能の場合、片面の原稿を用紙の両面にコピーしたり、両面の原稿を用紙の片面にコピーできます。

【重要】
紙質によってはコピーできない場合があります。

MF7140NDのみ標準で両面ユニットが搭載されています。
その他のMF7000シリーズはオプションで両面ユニットの増設が必要です。

オプションの両面ユニット・A1(両面ユニット・B1)の詳細については、「オプションについて(MF7000シリーズ)」をご参照ください。
両面を設定してコピーする場合は、原稿の天部(上側)が原稿台ガラス、またはフィーダの奥側になるようにセットしてください。
設定した内容は、コピー基本画面の[両面]の上に表示されます。

両面モードで使用できる用紙は、次のとおりです。

  • 用紙サイズ:A3、B4、A4、A4R、B5、B5R、A5R(封筒、郵便はがきは両面コピーできません。
  • 用紙の厚さ:64〜90g/m2>

INDEX

  1. 片面原稿を用紙の両面にコピーする(片面→両面)
  2. 両面原稿から用紙の両面にコピーする(両面→両面)
  3. 両面原稿から用紙の片面にコピーする(両面→片面)
  4. ブック原稿から用紙の両面にコピーする(ページ連写両面)

■片面原稿を用紙の両面にコピーする(片面→両面)

2枚の片面原稿を、1枚の用紙の表裏に両面コピーします。

【重要】
片面→両面を設定するには、本製品にオプションの両面ユニット・A1(両面ユニット・B1)を装着する必要があります。
片面→両面は、ページ転写、縮小レイアウトと組み合わせた設定はできません。

原稿が奇数枚の場合は、両面コピーの最終プリントの裏面は白紙になります。
原稿サイズ混載と組み合わせたときに、表と裏になる原稿が異なる原稿を用紙の両面にコピーする場合は、あらかじめプリントする用紙を選択してください。

片面→両面コピーをする 液晶表示
1 原稿をセットして、[両面]を押します。
2 片面→両面]を押します。

コピー表裏の画像配置方法を設定する場合は、[詳細設定]を押して、両面コピーの種類を選択したあと、[閉じる]を押します。

選択する項目
[左右開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)を同じにします。
[上下開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)を逆にします。


種類の選択画面に戻ります。
3 OK]を押します。
4 コピー基本画面に戻り、『両面』の上に『片面→両面』と表示されます。
5 スタート]を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、両面の表示に従って、原稿1枚ごとに[スタート]を押してください。
原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。

コピーが開始されます。
以上でコピーは完了です。

設定を解除するには、[両面]→[設定取消]の順に押します。
他のコピーモードと一括して設定を解除するにはリセットを押します。

 

戻る


■両面原稿から用紙の両面にコピーする(両面→両面)

フィーダにセットした両面の原稿表裏を、1枚の用紙の表裏に両面コピーします。

【重要】
両面→両面を設定するには、本製品にオプションの両面ユニット・A1(両面ユニット・B1)を装着する必要があります。
両面→両面は、ページ転写、縮小レイアウトと組み合わせた設定はできません。


両面→両面コピーをする 液晶表示
1 原稿をセットして、[両面]を押します。
2 両面→両面]を押します。

原稿とコピー表裏の画像配置方法を設定する場合は、[詳細設定]を押して、原稿とコピーの種類を選択したあと、[閉じる]を押します。

選択する項目(原稿)
[左右開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)が同じ場合に選択します。
[上下開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)が逆の場合に選択します。

選択する項目(コピー)
[左右開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)を同じにします。
[上下開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)を逆にします。


種類の選択画面に戻ります。
3 OK]を押します。
4 コピー基本画面に戻り、『両面』の上に『両面→両面』と表示されます。
5 スタート]を押します。

原稿台ガラスに原稿をセットした場合は、両面の表示に従って、原稿1枚ごとに[スタート]を押してください。
原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。

コピーが開始されます。
以上でコピーは完了です。

設定を解除するには、[両面]→[設定取消]の順に押します。
他のコピーモードと一括して設定を解除するにはリセットを押します。

 

戻る


■両面原稿から用紙の片面にコピーする(両面→片面)

フィーダにセットした両面の原稿表裏を、別々の用紙に片面コピーします。

【重要】
両面→片面は、ページ転写、縮小レイアウトと組み合わせた設定はできません。
A4R、B5Rなどのヨコ向きの原稿は、必ずヨコ置きにセットしてコピーしてください。
タテ置きにセットしてコピーすると、原稿の表面と裏面のコピーの天地が逆になります。

両面→片面コピーをする 液晶表示
1 原稿をセットして、[両面]を押します。
2 両面→片面]を押します。

原稿表裏の画像配置方法を設定する場合は、[詳細設定]を押して、両面原稿の種類を選択したあと、[閉じる]を押します。

選択する項目
[左右開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)が同じ場合に選択します。
[上下開き] 表面と裏面の画像の天地(上下)が逆の場合に選択します。


種類の選択画面に戻ります。
3 OK]を押します。
4 コピー基本画面に戻り、『両面』の上に『両面→片面』と表示されます。
5 スタート]を押します。

コピーが開始されます。

以上でコピーは完了です。

設定を解除するには、[両面]→[設定取消]の順に押します。
他のコピーモードと一括して設定を解除するにはリセットを押します。

 

戻る


■ブック原稿から用紙の両面にコピーする(ページ連写両面)

ブック原稿左右または、表裏ページを1枚の用紙の表裏にコピーします。

●左右ページ両面

左右ページの原稿を用紙の表裏にコピーします。

●表裏ページ両面

表裏ページの原稿を用紙の表裏にコピーします。


【重要】
ページ連写両面を設定するには、本製品にオプションの両面ユニット・A1(両面ユニット・B1)を装着する必要があります。
ページ連写両面は、ページ転写、縮小レイアウト、パンチ穴消し、原稿サイズ混載と組み合わせた設定はできません。
ページ連写両面コピーで使用する用紙サイズは、A4またはB5を選択してください。
表裏ページ両面を選択してコピーした場合は、両面コピーの1枚目の表面と最終プリントの裏面は白紙になります。
原稿は原稿台ガラスにセットしてください。フィーダに原稿をセットしてページ連写両面で読み込むことはできません。


ページ連写両面コピーをする 液晶表示
1 原稿台ガラスに原稿をセットして、[両面]を押します。

コピーをページ順にそろえるときは、原稿の先頭ページの見開きからコピーしてください。
ブック原稿は原稿の天部(上側)が原稿台ガラスの奥川になるようにし、左奥の矢印に角をあわせてセットします。
2 ページ連写両面]→[次へ]を押します。

3 ページ連写両面の種類を選択したあと、[次へ]を押します。

選択する項目
[左右ページ開き] ブック原稿の左右ページを1枚の用紙の表裏にコピーします。
[表裏ページ開き] ブック原稿の左ページの表裏または右ページの表裏を1枚の用紙の表裏にコピーします。
4 ブック原稿の種類を選択したあと、[OK]を押します。
ブックの原稿の開きかたを指定します。

原稿台ガラスにふせて置いた状態にあわせて、右図のように指定してください。

原稿台ガラスにふせて置いた状態

5 コピー基本画面に戻り、『両面』の上に『ページ連写両面』と表示されます。
6 スタート]を押します。

次の見開きをコピーする場合は、原稿をセットして再度[スタート]を押します。

読み込みが開始されます。

7 原稿の読み込みが終了したら、[読込終了]を押します。

コピーが開始されます。
以上でコピーは完了です。

設定を解除するには、[両面]→[設定取消]の順に押します。
他のコピーモードと一括して設定を解除するにはリセットを押します。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7450N / MF7430D / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ