メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除をする方法(MF7000シリーズ)



メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除をする方法(MF7000シリーズ)
更新日 : 2013年11月1日
文書番号 : Q000039252



ここではファクスジョブの確認と消去方法について説明します。

プリント/コピージョブの確認・削除方法につきましては、こちらをご参照ください。

INDEX

  1. ファクスジョブを確認する
  2. 受信したファクス文書を消去する
  3. 受信したIファクス文書を消去する

■ファクスジョブを確認する

ファクスジョブの受付日時やページ数などの、詳細情報を確認できます。

システム管理設定(初期設定/登録)の[ジョブ履歴表示のON/OFF]が[OFF]に設定されている場合は、「ジョブ履歴」は表示されません。
 

表示されるジョブ数は以下のようになります。

表示されるジョブ数
送信ジョブ状況画面 70件
受信ジョブ状況画面 90件
ジョブ履歴画面 100件*1
表示できるジョブの最大件数を超えると、新しいジョブが1件追加されるたびに、古いジョブが1件消去されます。
*1 送受信のジョブ履歴は100件まで表示可能です。内部的に保持している件数は128件になります。

ジョブ確認手順 液晶表示
1 システム状況/中止]を押します。
2 ファクス]を押します。
3

送信ジョブ状況]、[受信ジョブ状況]、または[ジョブ履歴]を押します。

選択したジョブに応じて以下を参照してください。

●[送信ジョブ状況]を選択した場合

詳細を表示するジョブを選択したあと、[詳細情報]を押します。

削除する文書が表示されていない場合には、[▼][▲]を押して表示させます。

●[受信ジョブ状況]を選択した場合

[詳細情報]を押します。

●[ジョブ履歴]を選択した場合

詳細を表示するジョブを選択したあと、[詳細情報]を押します。

削除する文書が表示されていない場合には、[▼][▲]を押して表示させます。
4

詳細情報を確認します。

ここでは[送信ジョブ状況]を選択しています。

 

5 ファクス画面に戻るまで[閉じる]を押していきます。  
以上でジョブ確認は完了です。

 

戻る


■受信したファクス文書を消去する

メモリに保存されている受信文書を消去します。
通常メモリに蓄積された文書は、メモリ受信を解除したり、予約送信ジョブが送信されるとメモリから削除されますが、必要のない文書をプリントせずに消去したいときなどには、次の方法で消去することができます。

メモリがいっぱいになると、ファクスやIファクスを受信することができなくなります。メモリがいっぱいになるのは以下のような場合です。

  • メモリ送信やメモリ受信(用紙キレやトナー切れなどで一時的にメモリに保存した文書も含む)のジョブが合計95件を超えたとき
  • メモリ内に約1000ページの文書が保存されているとき

文書削除手順 液晶表示
1 システム状況/中止]を押します。
2 ファクス]を押します。
3

受信ジョブ状況]を押します。

 

4

消去するジョブを選択したあと、[消去]を押します。

削除する文書が表示されていない場合には、[▼][▲]を押して表示させます。
複数の文書を消去するときは、1つずつ選択して消去してください。
プリント中のジョブを消去することはできません。
受信中のジョブを選択すると、[消去]が[中止]に変わり、受信を中止することができます。
5

「受信文書を消去してもよろしいですか?」画面が開いたら、[はい]を押します。

消去しないときは、[いいえ]を押します。

「消去しました。」というメッセージが表示され、選択した文書が消去されます。

6 操作が終了したら、[閉じる]を押します。

続けて [閉じる]を押して、初期画面に戻ります。
以上で文書削除は完了です。

 

戻る


■受信したIファクス文書を消去する

メモリに保存されている受信文書を消去します。
通常メモリに蓄積された文書は、メモリ受信を解除したり、予約送信ジョブが送信されるとメモリから削除されますが、必要のない文書をプリントせずに消去したいときなどには、次の方法で消去することができます。

メモリがいっぱいになると、ファクスやIファクスを受信することができなくなります。メモリがいっぱいになるのは以下のような場合です。

  • メモリ送信やメモリ受信(用紙キレやトナー切れなどで一時的にメモリに保存した文書も含む)のジョブが合計95件を超えたとき
  • メモリ内に約1000ページの文書が保存されているとき

文書削除手順 液晶表示
1 システム状況/中止]を押します。
2 送受信]を押します。
3 受信ジョブ履歴]を押します。
4

Iファクス受信文書]を押します。

 

5

消去するジョブを選択したあと、[消去]を押します。

削除する文書が表示されていない場合には、[▼][▲]を押して表示させます。
ジョブの詳細情報を確認するには[詳細情報]を押します。
複数の文書を消去するときは、1つずつ選択して消去してください。
6

「受信文書を消去してもよろしいですか?」画面が開いたら、[はい]を押します。

消去しないときは、[いいえ]を押します。
「消去しています。」というメッセージが表示され、選択した文書が消去されます。
7 操作が終了したら、[閉じる]を押します。
続けて [閉じる]を押して、初期画面に戻ります。
以上で文書削除は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455N / MF7450N / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ