メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除をする方法(MF4680)



メモリに保存されているファクスジョブの確認・削除をする方法(MF4680)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000040210



ここでは、ファクスの送信ジョブと受信ジョブの中止と確認/削除方法について説明します。
送受信のタイミングによって操作方法が異なりますので、以下の表を参考に送受信状況に合った操作を行ってください。

通信 原稿読み込み中(処理中) 送受信中/送信待機中 履歴
送信 中止方法 メモリ確認/削除方法 確認方法
受信 中止方法 メモリ確認/削除方法 確認方法

「実行/メモリ」ランプが点灯していることを確認してください。「実行/メモリ」ランプが消灯している場合は、メモリに保存されているプリントジョブは全て消えています。
ファクスジョブの確認・中止につきましてはこちら、スキャンジョブの中止方法につきましてはこちらをご参照ください。

INDEX

  1. 送信ジョブを中止する
  2. 送信中または送信待機中のジョブを確認/削除する
  3. 送信履歴を確認する
  4. 受信ジョブを中止する
  5. 受信中のジョブを確認/削除する
  6. 受信履歴を確認する

■送信ジョブを中止する

ここでは、原稿を読み込み中の場合に中止する方法を説明します。送信のタイミングによっては中止できない場合があります。
以下の操作で中止できない場合は、次の手順「送信中または送信待機中のジョブを確認/削除する」の操作をお試しください。

受信ジョブの中止方法 液晶表示
1 ストップ/リセット]を押します。
以上で中止操作は完了です。

 

戻る


■送信中または送信待機中のジョブを確認/削除する

送信待機中または、「送信ジョブを中止する」の操作で中止できない場合は、こちらの操作を行ってください。

送信ジョブの確認と削除方法 液晶表示
1 システムモニタ]を繰り返し押して<ツウシン ジョウキョウ>を選択し、[OK]を押します。
ツウシン ジョウキョウ
 
2 (-)]または[(+)]ボタンを押してメモリ内にある送信ジョブを確認します。

ジョブを削除する場合は、【手順 3】に進んでください。
削除しない場合は、[ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。

ここで送信ジョブが表示されない場合は、既に送信されているか、削除されているかのどちらかです。詳しくは「送信履歴を確認する」の手順でご確認ください。
 
3 (-)]または[(+)]ボタンを押して削除するジョブを選択し、[OK]を押します。
 
4 (-)]または[(+)]ボタンを押して<キャンセル>を選択し、[OK]を押します。
 
5 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ハイ>を選択し、[OK]を押します。
削除操作を中止する場合は、[(+)]ボタンを押して<イイエ>を選択します。

 
6 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
ファクス
 
以上でジョブの削除は完了です。

 

戻る


■送信履歴を確認する

以下の操作で送信履歴を確認します。

送信履歴の確認方法 液晶表示
1 システムモニタ]を繰り返し押して<ツウシンリレキ>を選択し、[OK]を押します。
<システム カンリ セッテイ>の<ジョブリレキ ヒョウジ>が<OFF>に設定されている場合、<ツウシンリレキ>は表示されません。
ツウシンリレキ
 
2

(-)]または[(+)]ボタンを押し、送信履歴を表示します。

001 10:00 TX OK
0123456789
3 ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。
ファクス
 
以上で確認操作は完了です。

 

戻る


■受信ジョブを中止する

以下の操作で原稿の受信操作を中止します。受信ノタイミングによっては中止できない場合もあります。

受信ジョブの中止方法 液晶表示
1 ストップ/リセット]を押します。
2 <ジョブヲ チュウシシマスカ?>と表示されたら、[(-)]ボタンを押して<ハイ>を選択します。
ジョブヲ チュウシシマスカ?
<ハイ
イイエ>
以上で中止操作は完了です。

 

戻る


■受信中のジョブを確認/削除する

以下の操作で受信中のジョブを確認、または削除します。

送信ジョブの確認と削除方法 液晶表示
1 システムモニタ]を繰り返し押して<ツウシン ジョウキョウ>を選択し、[OK]を押します。
ツウシン ジョウキョウ
 
2 (-)]または[(+)]ボタンを押してメモリ内にある受信中ジョブを確認します。

ジョブを削除する場合は、【手順 3】に進んでください。
削除しない場合は、[ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。

 
3 (-)]または[(+)]ボタンを押して削除するジョブを選択し、[OK]を押します。
 
4 (-)]または[(+)]ボタンを押して<キャンセル>を選択し、[OK]を押します。
 
5 (-)]または[(+)]ボタンを押して<ハイ>を選択し、[OK]を押します。
削除操作を中止する場合は、[(+)]ボタンを押して<イイエ>を選択します。

 
6 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
ファクス
 
以上でジョブの削除は完了です。

 

戻る


■受信履歴を確認する

以下の操作で受信履歴を確認します。

受信履歴の確認方法 液晶表示
1 システムモニタ]を繰り返し押して<ツウシンリレキ>を選択し、[OK]を押します。
<システム カンリ セッテイ>の<ジョブリレキ ヒョウジ>が<OFF>に設定されている場合、<ツウシンリレキ>は表示されません。
ツウシンリレキ
 
2

(-)]または[(+)]ボタンを押し、受信履歴を表示します。

001 10:00 TX OK
0123456789
3 ストップ/リセット]を押して待受画面に戻ります。
ファクス
 
以上で確認操作は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ