製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法(MF4270)−ネットワーク接続−



製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法(MF4270)−ネットワーク接続−
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000040996



ここでは、MF4270をネットワーク環境で使用する場合に必要となる基本的なネットワーク設定について説明します。

MF4270のドライバをインストールする前には、MF本体での基本的な設定(IPアドレスなどの設定)と、ネットワークケーブルの接続作業が必要です。

MF本体側の設定をされていない場合は、ドライバのインストールの前に関連情報TCP/IPの基本的な設定とネットワークケーブルの接続をする方法(MF4270)」をご参照いただき設定を行ってください。
MF4270をローカルプリンタとして使用する場合は、USBケーブルを使って直接コンピュータに接続してください。
USB接続でご利用の場合には、関連情報製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法(MF4270)−USB接続−」をご参照ください。

製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法

【重要】
  • Windows 2000/XP/Server2003/Vista をお使いの場合は、管理者モードでログオンしてください。
  • MF4270の電源が入っているか確認してください。
  • ネットワークケーブルが接続されているかどうか確認してください…接続方法はこちら
  • IPアドレスが正しく取得されているかどうか確認してください…設定方法はこちら

MFドライバのインストール手順
1 MF4270に付属のCD-ROMをコンピュータにセットします。
Windows Vistaの場合、CD-ROMをセットした後に「ユーザーアカウント制御」画面が開く場合があります。
その際は [続行]ボタンを押してください。
2

「MF4200シリーズCD-ROM Setup」画面が開いたら、[おまかせインストール]ボタンをクリックします。

「MF4200シリーズCD-ROM Setup」画面が表示されない場合は、タスクバーの[スタート]→[マイコンピュータ]をクリックします。

Windows Vistaの場合 タスクバーの[スタート]→[コンピュータ
Windows 2000の場合 デスクトップ上の[マイコンピュータ]をダブルクリック

次に、CD-ROMアイコンを開き、[Mlnst(Mlnst.exe)]をダブルクリックします。

3

「接続方法の選択」画面が開いたら、「プリンタをネットワーク経由で接続する」側の[次へ]ボタンを押します。

Windows Server 2003ではソフトウェアのインストール時にこのステップは表示されません。
4

「おまかせインストール」画面が開いたら、[インストール]ボタンを押します。

5

「使用許諾契約」画面が開いたら、内容を確認して[はい]ボタンを押します。

6

「MF ドライバセットアップへようこそ」画面が開いたら、[次へ]ボタンを押します。

Windows ファイアウォールが有効になっている場合は右の画面が表示されます。
その場合は、[はい]をクリックして、インストールを継続してください。
7

「デバイスの選択」画面が開いたら、「デバイス一覧」よりMF4270を選択します。

リスト上でMF4270が反転していることを確認して、[次へ]ボタンを押します。

MF本体側の設定をされていない場合は、デバイス一覧にMF4270が表示されません。
ドライバのインストールの前に関連情報製品同梱CD-ROMからドライバをインストールする方法(MF4270)−ネットワーク接続−」をご参照いただき設定を行ってください。
8

「ドライバの選択」画面が開いたら、「インストールするドライバ」より、[プリンタ]と[ファクス]のチェックボックスを選択し、[次へ]ボタンを押します。

ファクス機能を使用しない場合は、チェックボックスにチェックを入れずに[次へ]ボタンを押します。
9

プリンタの「設定の確認」画面が開いたら、[次へ]ボタンを押します。

プリンタ名は任意の名前を入力することもできます。
Windows 2000/XP/Sever 2003/Vista でプリンタを共有する場合は、[プリンタを共有する]を選択してください。
共有名は任意の名前を入力することもできます。
必要であれば、共有プリンタの名前を変更することができます。
他のOSにインストールするドライバを設定する場合は、[ドライバの追加]をクリックし、代替ドライバをインストールします。
クライアントのコンピュータはネットワークを介してそのドライバをインストールできます。
10

ファクスの「設定の確認」画面が開いたら、[次へ]ボタンを押します。

【手順 8】でファクスを選択していない場合は、この画面は表示されません。
ファクス名は任意の名前を入力することもできます。
Windows 2000/XP/Sever 2003/Vista でファクスを共有する場合は、[ファクスを共有する]を選択してください。
共有名は任意の名前を入力することもできます。
必要であれば、共有ファクスの名前を変更することができます。
11 「インストールする項目」の内容を確認し、[開始]ボタンを押します。
インストールが開始されます。
12 「通常使うプリンタの設定」画面が開いたら、一覧よりMF4270を選択し、[次へ]ボタンを押します。
13

「テストページの印刷」画面が開いたら、テンストページを印刷したいプリンタまたはファクスのチェックボックスをクリックし、[次へ]ボタンを押します。

プリンタテストページが出力されます。

【手順 8】でファクスを選択していない場合は、ファクスのチェックボックスは表示されません。
ファクスのチェックボックスを選択した場合は、[次へ]を押した後に「ファクス送信設定」画面が表示されます。
名前、電話番号などの必要な情報を入力し、テストページを送信してください。
この操作を中止する場合は画面上の[キャンセル]をクリックしてください。
14 「MF ドライバのインストールを完了しました」画面が開いたら、[終了]ボタンを押します。
15

「MF ドライバのインストールを完了しました」画面を閉じると、「インストール」画面に戻ります。

次へ]ボタンを押します。

16 「セットアップを終了します」画面が開いたら、[今すぐコンピュータを再起動する(推奨)]のチェックボックスを選択し、[再起動]ボタンを押します。
17 コンピュータが再起動しましたら、CD-ROMを取り出してください。

ネットワーク接続で本製品を使用したいコンピュータが複数ある場合は、それぞれのコンピュータに【手順 1】からの手順を行ってください。
以上でインストールは完了です。

 

戻る


■関連情報

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4270

 

[TOP▲]
このページのトップへ