MF Toolboxを使って原稿を読み込む



MF Toolboxを使って原稿を読み込む
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041118



対処方法

MF Toolbox のボタンを使って原稿を読み込むことができます。



タスクバーの[スタート]から[(すべての)プログラム]→[Canon]→[MF Toolbox 4.9]→[Toolbox 4.9]をクリックして開くこともで
きます。



  • [メール]:原稿が読み込まれ、E メールソフトで作成したメールに添付されます。
  • [OCR]:原稿が読み込まれ、OCR ソフト(文字読み取りソフト)に読み込まれます。
  • [保存]:原稿が読み込まれ、保存されます。
  • [PDF]:原稿が読み込まれ、PDF 形式のファイルとして保存されます。
  • [スキャン-1]、[スキャン-2]:原稿が読み込まれ、登録したアプリケーションで表示されます。ボタン名は、直接入力して変えることができます。全角4 文字(半角8 文字)まで入力できます。

それぞれのボタンに応じた設定画面が表示されます。


例)[メール]画面


メモ
[スキャン-1]、[スキャン-2]では、それぞれ異なった設定を行うことができます。[適用]をクリックして設定を保存しておくと、次回以降に読み込みを行う際、その設定がそれぞれに有効になります。





読み込んだ原稿は、[マイ ドキュメント]フォルダの中の[マイ ピクチャ]フォルダに保存されます。[今日の日付のフォルダに保存する]をチェックして読み込んだ場合は、[マイ ピクチャ]フォルダに読み込んだ日付のフォルダが作成され、その中に原稿が保存されます。(Vista では、[ピクチャ]フォルダに保存されます。)
付属のユーザソフトウェアCD-ROMに収容されているアプリケーションをインストールすると、MF Toolbox のボタンに登録されます。
[OCR]: 読取革命Lite
[PDF]: ファイル管理革命Lite

メモ
読取革命Lite およびファイル管理革命Lite はWindows XP 64-Bit Edition には対応していません。

関連情報

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4270

 

[TOP▲]
このページのトップへ