使用可能な原稿



使用可能な原稿
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041143



対処方法

      原稿台ガラス ADF
    原稿の種類 普通紙
    厚紙
    写真
    小型原稿(名詞サイズなど)
    特殊紙(トレーシングペーパー*1、
    OHPフィルム*1など)
    本(厚さ24mmmまでのもの)
    普通紙(同じサイズ、厚さ、
    重量の複数枚の原稿、または1枚の原稿)
    サイズ
    (幅x長さ)
    最大216mm X 297mm 最大 216mm X 356mm
    最小 105mm X 148.5mm
    重量 最大2kg 40〜105g/?u
    枚数 1枚 最大35枚*2

    *1 トレーシングペーパーやOHP フィルムなどの透過原稿をコピーする場合は、原稿台ガラスに原稿を下向きにしてセットし、白紙を原稿の上に重ねて置いてください。
    *2 80g/?u の用紙

    • のり、インク、修正液が完全に乾いてから、原稿をセットしてください。
    • ADF 内で原稿がつまるのを防ぐために、以下のものは使用しないでください。
    - しわや折り目のある原稿
    - カーボン紙やカーボンバック紙
    - カールした、または巻いた紙
    - コート紙
    - 破れた原稿
    - 薄質半透明紙や薄紙
    - ホッチキスの針またはクリップが付いた紙
    - 熱転写プリンタでプリントされた紙
    - OHP フィルム
    • ADF で読み込むことができる原稿は片面のみです。両面原稿の読み込みはできません。

    関連情報

     

    [TOP▲]

    この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

    MF4270

     

    [TOP▲]
    このページのトップへ