プリンタドライバポートの設定および変更方法



プリンタドライバポートの設定および変更方法
更新日 : 2014年2月7日
文書番号 : Q000041148



対処方法

コンピュータからプリントするには、プリンタドライバをインストールし、接続先を設定する必要があります。インストール方法は、 ネットワーク接続する を参照してください。接続先設定は、プリント用アプリケーションによって異なります。以下の情報を基に、お使いになるプリント用アプリケーションを決定し、必要な手順を実行してください。

  • LPD:TCP/IPで通常使用するアプリケーションです。
  • Raw:Windows 2000/XP/Server 2003/Vista で使用するアプリケーションです。LPD より高速でプリントできます。

メモ
手順中の画面や項目名は、Windows XP のものです。OS の種類によっては、項目名が異なることがあります。


プリンタのプロパティ画面を開きます。
  • Windows Vista の場合は、Windows のタスクバーの[スタート]→[コントロールパネル]→[ハードウェアとサウンド]→[プリンタ]をクリックします。
  • Windows 2000 の場合は、Windows のタスクバーの[スタート]→[設定]→[プリンタ]をクリックします。
  • Windows XP Professional/Server 2003 の場合は、Windows のタスクバーの[スタート]→[プリンタとFAX]をクリックします。
  • Windows XP Home Edition の場合は、Windows のタスクバーの[スタート]→[コントロールパネル]→[プリンタとその他のハードウェア]→[プリンタとFAX]をクリックします。






標準TCP/IP プリンタポートの追加ウィザードが起動します。




本製品に割り当てたIP アドレスを入力してから[次へ]をクリックすると、[標準TCP/IP プリンタポートの追加ウィザードの完了]ウィンドウが表示されます。


ダイアログボックスに[ポート情報がさらに必要です。]と表示された場合は、画面の手順に従って再検出を行うか、[標準]をクリックします。プルダウンリストから[Canon Network Printing Device with P9100]をクリックし、[次へ]をクリックします。



Raw 印刷をお使いになる場合は、[プロトコル]で[Raw]が選択されていることを確認し、手順11 に進んでください。


メモ
[キュー名]にプリントキューを設定できます。以下の3 つのプリントキューが利用できます。
  • LP:スプール設定のとおりにプリントします。通常はこの設定を選択します。
  • SPOOL:スプール設定に関係なく、ハードディスク上のプリントジョブをスプールしてからのみプリントします。
  • DIRECT:スプール設定に関係なく、ハードディスク上のプリントジョブをスプールしないでプリントします。

このページのトップへ