宛先表の情報をファイルに保存する/ファイルから読み込む(インポート/エクスポート)



宛先表の情報をファイルに保存する/ファイルから読み込む(インポート/エクスポート)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041274



リモートUI*を使って、本製品に登録されている宛先表の情報をパソコンのファイルに保存したり、ファイルから読み込んで本製品に登録したりすることができます。
読み込み(インポート)/保存(エクスポート)はデータの交換を目的としたもので、リモートUIのみの機能です。

* リモートUIソフトウェアを使って、ウェブブラウザからネットワークに接続された本製品へアクセスと管理ができるソフトウェアです。
ネットワーク上のパソコンから本製品の状況を確認したり、パソコンから本製品の設定や操作ができます。
リモートUIの起動方法につきましては、「リモートUIを使用する」をご参照ください。


リモートUIを起動し、以下の手順のとおり操作してください。


INDEX

  1. 宛先表の情報をファイルに保存する(エクスポート)
  2. 宛先表の情報をファイルから読み込む(インポート)

■宛先表の情報をファイルに保存する(エクスポート)

宛先表の情報をファイルとしてパソコンに保存できます。

エクスポート方法 液晶表示
1 初期設定/登録]をクリックし、メニューから[インポート/エクスポート]をクリックします。
2

リモートUI画面の右側に表示される[エクスポート開始]ボタンを押します。

ファイルの保存場所を指定し保存します。

以上でエクスポートは完了です。

 

戻る


■宛先表の情報をファイルから読み込む(インポート)

パソコンに保存したファイルから、宛先表の情報を本製品に読み込むことができます。

新しいファイルの内容を登録すると、現在登録されている宛先に新しい宛先が上書きされます。
宛先表には最大108件の宛先を登録できます。宛先はそれぞれの情報が1件として扱われます。
他のジョブを実行している最中は、インポートを行わないでください。

インポート方法 液晶表示
1 初期設定/登録]をクリックし、メニューから[インポート/エクスポート]をクリックします。
2 リモートUI画面の右側に表示される[インポート]ボタンを押します。
3 「フォルダのパス」欄の右側にある[参照]ボタンを押して、インポートするファイルを選択し、[OK]をクリックします。
以上でインポートは完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4270

 

[TOP▲]
このページのトップへ