画質/濃度変更方法(MF4270)−FAX機能−



画質/濃度変更方法(MF4270)−FAX機能−
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041282



送信原稿の種類に合わせて、画質と濃度を調節できます。
高い画質に設定すると、出力画像は鮮明になりますが、通信速度は遅くなります。

【注意】
本手順で手動調整した場合は、読み込みが終了しますと、設定値が初期値に戻ります。
基本設定として登録したい場合は、[初期設定/登録]→<ファクスセッテイ>→<キホントウロク>→<ヒョウジュンモードノヘンコウ>で設定登録を行ってください。

INDEX

  1. 画質を調節する(ファクス送信)
  2. 濃度を調節する

■画質を調節する(ファクス送信)

工場出荷時の初期値は<ファイン>に設定されています。

解像度の設定方法
1 ファクス]を押します。
2

画質]を繰り返し押して希望の画質を選択し、[OK]を押します。

以上で設定は完了です。

画質名 適した用途 <ヒョウジュン>
との解像度比較
解像度
<ヒョウジュン> 文字のみの原稿に適しています - 200×100dpi
<ファイン> 文字の細かい原稿に適しています 2倍 200×200dpi
<シャシン> 写真を含む原稿に適しています 2倍 200×200dpi
<スーパーファイン> 細かい文字と画像を含む原稿に適しています 4倍 200×400dpi

 

戻る


■濃度を調節する

工場出荷時の初期値は「5」に設定されています。

濃度設定方法 液晶表示
1 ファクス]を押します。  
2 濃度]を押します。  
3 (-)]または[(+)]ボタンを押して濃度を選択し、[OK]ボタンを押します。

(-) 原稿の濃度を薄くします
(+) 原稿の濃度を濃くします
ノウド
-ウスク
コク+
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4270

 

[TOP▲]
このページのトップへ