メモリに保存されているファクスジョブの確認・中止をする方法(MF4270)



メモリに保存されているファクスジョブの確認・中止をする方法(MF4270)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000041409



ここでは、ファクスジョブの中止と確認方法について説明します。
送受信のタイミングによって操作方法が異なりますので、以下の表を参考に送受信状況に合った操作を行ってください。

通信 原稿読み込み中 履歴
送信 中止方法 確認方法
受信 確認方法

プリント/コピージョブの確認・削除につきましてはこちら、スキャンジョブの中止方法につきましてはこちらをご参照ください。

INDEX

  1. 送信ジョブをを中止する
  2. 送受信履歴を確認する

■送信ジョブを中止する

以下の手順で、原稿の読み込み操作や送受信操作を中止します。
送信のタイミングによっては中止できない場合があります。

ファクスジョブの中止方法 液晶表示
1 ストップ/リセット]を押します。

コピーモードまたはスキャンモードになっている場合は、[ファクス]を押してファクスモードに切り替えてから操作してください。
2 (-)]を押して<ハイ>を選択します。
ジョブを中止しない場合は、[(+)]を押して<イイエ>を選択します。
ADFからの送信ジョブを中止した場合は、読み込まれていない原稿をADFから取り出します。
ツウシン チュウシシマスカ?
<ハイ
イイエ>
以上で中止操作は完了です。

戻る


■送受信履歴を確認する

以下の操作で送受信履歴を確認します。

送受信履歴の確認方法 液晶表示
1 システムモニタ]を押します。
2

(-)]または[(+)]ボタンを押し、<ツウシン リレキ>を選択し、[OK]を押します。

システム ジョウキョウ
ツウシン リレキ
3 (-)]または[(+)]ボタンを押し、送 受信履歴を表示します。  
4 ストップ/リセット]を押して、待受画面に戻ります。
以上で確認操作は完了です。

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4270

 

[TOP▲]
このページのトップへ