定形外用紙(ユーザ定義サイズ)への出力方法(MF5770/5750/5730)



定形外用紙(ユーザ定義サイズ)への出力方法(MF5770/5750/5730)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000042850



ここでは、ユーザ定義サイズ(フリーサイズ)の設定と出力方法について説明します。


INDEX

  1. コピー機能の場合
  2. プリンタ機能の場合

■コピー機能の場合

MF5770/5750/5730はコピー機能を利用する場合は、ユーザ定義サイズ(フリーサイズ)は対応していません。
対応用紙サイズは以下のとおりです。

  • A4、B5、A5、リーガル、レター、エグゼクティブ、日本郵政製はがき、往復はがき、 封筒(洋形4号/洋形2号/ISO-C5)

上記以外のユーザ定義サイズ(フリーサイズ)の用紙を使用すると、通紙後、ディスプレイに「ヨウシノ サイズヲ チェック」とエラーが表示されます。

エラー内容の詳細につきましては、「ディスプレイに「ヨウシノ サイズヲ チェック」と表示される(MF5770/MF5750)」または「ディスプレイに「ヨウシノ サイズヲ チェック」と表示される(MF5730)」をご参照ください。

エラーを回避するためには、カセットや手差しトレイにセットされている用紙サイズと、本体のメニュー項目で用紙サイズの設定を一致させておく必要があります。
セットする用紙サイズの設定方法につきましては、「用紙サイズの設定方法」をご参照ください。

 

戻る


■プリンタ機能

ユーザ定義サイズ(フリーサイズ)に対応しています。

本体での設定は必要ありませんが、以下の手順でプリンタドライバからユーザ定義サイズの設定を行ってください。

ここではWindows XP で「MF5700 Series Canon MF Drivers Ver.3.00」ドライバを使用した場合の画面例を使用しています。お使いの環境によっては、画面構成が異なる場合がありますのでご注意ください。

プリンタ機能で使用する場合
1 「印刷設定」を開きます。

「ページ設定」タブ内の[ユーザ定義用紙]ボタンを押します。
「ユーザ定義用紙」画面が開きます。
2

ユーザ定義用紙名]、[単位]、[用紙サイズ]を入力し、[登録]ボタンを押します。

用紙サイズは以下の範囲で設定できます。

76.2mm〜215.9mm
高さ
127.0mm〜355.6mm

ここでは、「ユーザ定義用紙名」を「フリー」と登録しています。

OK]ボタンを押すと、「印刷設定」画面に戻ります。
3 「原稿サイズ」または「出力用紙サイズ」で、【手順 2】で登録した、ユーザ定義用紙を選択し、[OK]ボタンを押します。
以上で設定は完了です。

 

●用紙の置き方(用紙カセット)

印刷する面を下にして縦置きで用紙をセットします。

セットした用紙の高さが、ペーパーガイドのツメより下にあることを確認してください。

詳しい用紙のセット方法につきましては、給紙カセットに用紙をセットする方法」をご参照ください。

 

●用紙の置き方(手差しトレイ)

プリントしたい面を上にして縦置きで手差しトレイ(マルチフィーダ)にまっすぐに差し込みます。

ロゴがプリントされた用紙をセットする場合は、プリントしたい面(ロゴ側)を上にして、用紙の上端から先に手差しトレイ(マルチフィーダ)にセットします。
詳しい用紙のセット方法につきましては、「手差しトレイ(マルチフィーダ)に用紙をセットする方法」をご参照ください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF5770 / MF5750 / MF5730

 

[TOP▲]
このページのトップへ