定形外用紙(ユーザ定義サイズ)への出力方法(MF7000シリーズ)−プリンタ機能−



定形外用紙(ユーザ定義サイズ)への出力方法(MF7000シリーズ)−プリンタ機能−
更新日 : 2016年4月15日
文書番号 : Q000042866



ここでは、ユーザ定義サイズ(定形外用紙/フリーサイズ)の設定と出力方法について説明します。

ユーザ定義サイズは、手差しトレイのみ対応しています。 カセットはユーザ定義サイズに対応していません。
使用の際は、本体での用紙サイズと種類の設定が必要です。用紙サイズと種類を切り替える(MF7000シリーズ)−本体側設定−
以下の手順でプリンタドライバからユーザ定義サイズの設定を行ってください。

コピー機能を使用した場合の設定方法につきましては、定形外用紙(ユーザ定義サイズ)への出力方法(MF7000シリーズ)−コピー機能−をご参照ください。
ここではWindows XP で「Canon CARPS2 Printer Driver Ver.2.10」ドライバを使用した場合の画面例を使用しています。お使いの環境によっては、画面構成が異なる場合がありますのでご注意ください。

プリンタ機能で使用する場合
1 「印刷設定」を開きます。

「ページ設定」タブ内の[ユーザ定義用紙]ボタンを押します。
「ユーザ定義用紙」画面が開きます。
2

ユーザ定義用紙名]、[単位]、[用紙サイズ]を入力し、[登録]ボタンを押します。

用紙サイズは以下の範囲で設定できます。

95.0mm〜297.0mm
高さ 148.0mm〜431.8mm

ここでは、「ユーザ定義用紙名」を「フリー」と登録しています。

OK]ボタンを押すと、「印刷設定」画面に戻ります。
3 「原稿サイズ」または「出力用紙サイズ」で、【手順 2】で登録した、ユーザ定義用紙を選択し、[適用]ボタンを押します。
  給紙]タブをクリックし、「給紙部」で[自動]または[手差し(トレイ)]を選択して、[OK]ボタンを押します。

カセットはユーザ定義サイズに対応していませんので、必ず[自動]または[手差し(トレイ)]を選択してください。
以上で設定は完了です。

 

●用紙の置き方(手差しトレイ)

縦置きで用紙は突き当たるまで、しっかりセットしてください。

詳しい用紙のセット方法につきましては、「手差しトレイに用紙をセットする方法」をご参照ください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF7455DN / MF7455N / MF7450N / MF7430D / MF7430 / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110

 

[TOP▲]
このページのトップへ