TCP/IP環境で出力するためのポート設定(WindowsXP/2000/Server2003)



TCP/IP環境で出力するためのポート設定(WindowsXP/2000/Server2003)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000043275



TCP/IP環境で出力するためのポート設定 (Windows XP/Windows 2000/Windows Server 2003)

ネットワーク接続でドライバをインストールした際に、仮のポート(実際に使用するポート以外)でインストールした場合は、以下の手順でポートの設定を行う必要があります。

ネットワーク環境でデータが送られない場合も、こちらの設定をご確認ください。

なお、ポートの設定ではIPアドレスが必要です。MF本体で設定されているIPアドレスがわからない場合は、本体パネル操作か、ユーザデータリストをプリントしてご確認ください。
ユーザデータリストの出力方法につきましては、関連情報ユーザデータリストをプリントする方法」をご参照ください。

ここでは、Windows XPの画面例で説明します。

ポートの設定をする
1

「プリンタとFAX」フォルダを開きます。

ポートを指定したいプリンタを選んだ状態で、[ファイル]メニューから[プロパティ]を選択します。

ここでは、MF4680ドライバを選択している場合の画面例で説明します。

 

2 「プロパティ」画面が開いたら、[ポート]タブをクリックして、[ポートの追加]ボタンを押します。
3 「プリンタ ポート」画面が開いたら、[Standard TCP/IP Port]を選択して、[新しいポート]ボタンを押します。
4 「標準 TCP/IP プリンタポートの追加ウィザード」画面が開いたら、[次へ]ボタンを押します。
5

「プリンタ名またはIPアドレス」の欄へ、MF本体で設定されているIPアドレスを入力し、[次へ]ボタンを押します。

「プリンタ名またはIPアドレス」の欄を入力すると、「ポート名」も自動に入力されます。
MF本体で設定されているIPアドレスがわからない場合は、本体パネル操作か、ユーザデータリストをプリントしてご確認ください。
ユーザデータリストの出力方法につきましては、関連情報ユーザデータリストをプリントする方法」をご参照ください。
6 完了]ボタンを押します。
7 「プリンタ ポート」画面に戻ったら、[閉じる]ボタンを押します。
8 「プロパティ」画面に戻ったら、「ポート」へ【手順 5】で入力したIPアドレスが追加されていることを確認し、[適用]ボタンを押します。
9 OK]ボタンを押します。
以上で設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF8180 / MF8170 / MF7450N / MF7350N / MF7330 / MF7240 / MF7210 / MF7140ND / MF7140N / MF7140 / MF7110 / MF6570 / MF5770 / MF4680 / MF4270

 

[TOP▲]
このページのトップへ