アクセス制限をしない共有フォルダを設定する方法(MF4680)



アクセス制限をしない共有フォルダを設定する方法(MF4680)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044277



ここでは、ネットワーク上のパソコンでファイルを自由に共有する方法について説明します。


INDEX

  1. Windows XPでアクセス制限をしない共有フォルダを設定する方法
  2. Windows Vistaでアクセス制限をしない共有フォルダを設定する方法

■Windows XPでアクセス制限をしない共有フォルダを設定する方法

Windows XP ProfessionalとWindows XP Home Editionでは、簡易ファイル共有を使用して、アクセス制限をしない共有フォルダを設定します。

Windows XP Professionalをお使いの場合で、簡易ファイル共有が無効になっているときは、以下の手順で有効にします。

  1. [スタート]メニューの[コントロールパネル]→[フォルダオプション]の順に選択して、「フォルダオプション」画面を表示します。
  2. [表示]タブを選択して、「表示」ページを表示します。
  3. 「詳細設定」の[簡易ファイルの共有を使用する(推奨)]にチェックマークを付けます、
  4. [OK]ボタンをクリックして、「フォルダオプション」画面を閉じます。

アクセス制限をしない共有フォルダ作成する方法
1

任意のドライブに、共有するフォルダを新規作成します。

フォルダは、Cドライブの直下など、わかりやすい場所に作成しておくことをおすすめします。
ここでは、Cドライブに「share」というフォルダを作成(C:\share)した画面例で説明します。
フォルダには半角英数字を使用してください。
ここで作成したフォルダの名前は、宛先登録を行う際に必要です。SEND機能を使うための設定チェックシートをプリントし、メモをお取りいただくことをおすすめ致します。
2 作成したフォルダを右クリックし、 [共有とセキュリティ]を選択します。
3

「<フォルダ名>のプロパティ」画面が開いたら、[危険を認識した上で、ウィザードを使わないでファイルを共有する場合はここをクリックしてください。]をクリックします。

2回目以降はこのメッセージは表示されません。この場合は【手順 5】へ進んでください。

 

4 「ファイル共有の有効」画面の[ファイル共有を有効にする]にチェックマークを付け、[OK]ボタンをクリックします。
5

ネットワーク上でこのフォルダを共有する]と[ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する]にチェックマークを付けます。

6 OK]ボタンをクリックし、「<フォルダ名>のプロパティ」画面を閉じます。
以上で共有フォルダの設定が完了しました。

 

戻る


■Windows Vistaでアクセス制限をしない共有フォルダを設定する方法

Windows Vistaでは、ファイルの共有を前提とした特別なフォルダ(パブリックフォルダ)が最初から用意されています。パブリックフォルダを使用して、アクセス制限をしない共有フォルダを設定します。

初期設定では、パブリックフォルダはVistaをインストールしたドライブ直下にある[ユーザー]フォルダの下に作成されています。ただし、宛先の「フォルダのパス」にパブリックフォルダを指定する場合は、半角英数で指定します。
例)\Public\share

アクセス制限をしない共有フォルダ作成する方法
1

スタート]メニュー(Windowsマーク)の[コントロールパネル]を選択します。

 

2 「コントロールパネル」画面が開いたら、[ファイルの共有]をクリックします。
3 「ネットワークと共有センター」画面が開いたら、[パブリック フォルダ共有]の横にある下向きの矢印()をクリックします。
4

共有を有効にして、ネットワークアクセスがある場合はファイルを開く、変更する、作成することができるようにする]を選択し、[適用]をクリックします。

[共有を有効にして、ネットワークアクセスがある場合はファイルを開くことができるようにする]は選択しないでください。こちらを選択すると、本製品からスキャンした文書を共有フォルダにファイルとして保存することができなくなります。
「ユーザーアカウントの制御」画面が表示されたら、[続行]をクリックします。
5 パスワード保護共有]の横にある下向きの矢印()をクリックします。
6 パスワード保護の共有を無効にする]をクリックし、[適用]をクリックします。
「ユーザーアカウントの制御」画面が表示されたら、[続行]をクリックします。

7

パブリックフォルダの直下にもファイルを保存できますが、ここではパブリックフォルダ内に保存用のフォルダを新規に作成する手順を説明します。

エクスプローラなどで、[パブリック]フォルダを表示します。
8

「パブリック」フォルダの下に、新規フォルダを作成します。

右図は「share」というフォルダを作成した画面例です。
フォルダには半角英数字を使用してください。
ここで作成したフォルダの名前は、宛先登録を行う際に必要です。SEND機能を使うための設定チェックシートをプリントし、メモをお取りいただくことをおすすめ致します。
以上で共有フォルダの設定が完了しました。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ