読取革命Liteでの読み込みから保存までの基本的な使い方



読取革命Liteでの読み込みから保存までの基本的な使い方
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000044804




読み込みから保存までの基本的な使い方(読取革命Lite)

ここでは、「読取革命Lite」 の読み込みから保存までの基本的な使い方を説明します。
読取革命Liteは製品同梱のユーザソフトウェアCD-ROMに入っています。

読取革命Liteの使いかた(読み込みと保存方法)
1 スキャンする原稿を用意し、スキャナに置きます。
2

[スタート]メニューの[(すべての)プログラム]から[読取革命Lite]->[読取革命Lite]を選択します。

3 [ファイル]の[TWAINデバイス設定]を選択します。
4

お使いのスキャナ名称を選択し、[選択]ボタンをクリックします。

ここでは、お使いのSateraMF機を選択してください。

【手順 3】と【手順 4】は最初に設定しておけば、2回目以降必要ありませんが、他のスキャナやデジタルカメラを選択したあとは、再設定が必要です。
5 [ウィザード]をクリックします。
6 「入門ウィザード」が開始されます。「ステップ1」の[画像の入力方法を選択してください]で、「TWAINデバイスから」を選択し、[次へ]をクリックします。
7 「入門ウィザード」の「ステップ2」では、[次へ]をクリックします。
8 「ステップテップ3」では、認識結果の「転送先アプリケーション」を指定し、[認識実行]をクリックします。
9 「TWAINデバイス入力」が、表示されます。[スキャン]ボタンをクリックします。
10

「読取革命Lite」に原稿のスキャン画像が渡され、文字認識が実行されます。文字認識が完了すると、手順8で指定したアプリケーションが自動的に開きます。

【手順 8】で指定したアプリケーションによっては転送に多少時間がかかる場合があります。
11

指定したアプリケーションに文書が渡された事を確認し、文書を保存します。

「メモ帳」の場合[ファイル]メニューの[名前を付けて保存]を選択し、「名前を付けて保存」ダイアログボックスから、ファイル名のテキストボックスに名前を入力し、[保存]をクリックします。
以上で読み込みと保存操作は完了です。

 

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF6780dw / MF4890dw / MF4870dn / MF4830d / MF4820d / MF4750 / MF4680 / MF4580dn / MF4570dn / MF4550d / MF4450 / MF4430 / MF4420n / MF4410 / MF4380dn / MF4370dn / MF4350d / MF4330d / MF4270 / MF4150 / MF4130 / MF4120 / MF4010 / D450

 

[TOP▲]
このページのトップへ