メモリに保存されているスキャンジョブの確認・削除をする方法(MF4680)



メモリに保存されているスキャンジョブの確認・削除をする方法(MF4680)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045372



ここでは、スキャンジョブの中止方法について説明します。

スキャンのタイミングによっては、中止ができない場合もありますのでご注意ください。
ファクスジョブの確認・中止につきましてはこちら、プリント/コピージョブの確認・削除につきましてはこちらをご参照ください。

INDEX

  1. コンピュータへのスキャンジョブを中止する
  2. USBメモリへのスキャンジョブを中止する

■コンピュータへのスキャンジョブを中止する

スキャンジョブの中止方法 液晶表示
1 ストップ/リセット]ボタンを押します。  
2 <ストップキーガ オサレマシタ>と表示されたら、[OK]ボタンを押します。
ストップ キーガ オサレマシタ
OKキーヲ オシテクダサイ
3 コンピュータ画面上の[OK]ボタンをクリックします。  
以上でジョブの中止操作は完了です。

 

戻る


■USBメモリへのスキャンジョブを中止する

スキャンジョブの中止方法 液晶表示
1 ストップ/リセット]ボタンを押します。  
2 <ストップキーガ オサレマシタ>と表示されたら、[OK]ボタンを押します。 ▼ADFを使用してスキャンした場合
ストップ キーガ オサレマシタ
OKキーヲ オシテクダサイ

▼原稿台ガラスを使用してスキャンした場合
ストップ キーガ オサレマシタ
OKキーヲ オシテクダサイ
以上でジョブの中止操作は完了です。

原稿のスキャン中に[ストップ/リセット]ボタンを押しても、スキャン画像がUSBメモリに保存される場合があります。USBメモリからスキャン画像を削除したい場合は、コンピュータから削除してください。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ