E-mail送信を行うための事前確認事項



E-mail送信を行うための事前確認事項
更新日 : 2016年9月27日
文書番号 : Q000045429



■Scan to E-Mail機能を使うために必要な情報

認証方式
以下の2つの認証方式をサポートしています。 (プロバイダによっては、認証が必要ない場合あり)
SMTP認証 SMTPサーバでユーザ名とパスワードを確認したあと、電子メールを送信する認証方式です。
POP before SMTP認証 一度POPサーバにアクセスし、POPアドレスとPOPパスワードを確認してから電子メールを送信する認証方式です。


■必要な情報
Scan to E-Mail機能を使うためには、電子メールに関する以下の情報が必要です。
認証方式によって必要な情報が異なります。

必要な情報 内容 SMTP認証 POP before
SMTP認証
Eメール
(送信のみ)
Iファクス
(送受信)
Eメール(送信のみ)
Iファクス(送受信)
SMTPサーバアドレス 電子メールを送信するためのサーバです。
SMTPユーザ名 電子メールを送信する際に必要なアカウントです。  
SMTPパスワード 電子メールを送信する際に必要なパスワードです。  
POPサーバ 電子メールを受信する際に使用するサーバアドレスです。SMTPサーバアドレスと同じ場合もあります。  
POPアドレス 電子メールを受信する際に必要なアカウントです。電子メールアカウント、またはメールIDと呼ぶこともあります。  
POPパスワード 電子メールを受信する際に必要なパスワードです。  
メールアドレス MF本体に設定するメールアドレス  


●MF本体からスキャンした文書を送信するだけの場合

現在使用している電子メールアカウントをそのままMF本体に設定してもかまいません。

MF本体で受信しない場合は「POP発行間隔」の設定を0分にしておく必要があります。
 (Eメールに対応している機種のみ設定あり)

 

●POP before SMTPの場合 / MF本体で電子メールを受信する場合

MF本体の電子メール受信機能を使用する場合は、現在使用している電子メールアカウントとは別に、MF本体用の電子メールアカウントを設定する必要があります。

現在使用している電子メールアカウントをMF本体に設定すると、普段使っている電子メールソフトではなく、MF本体が電子メールを受信してしまうことがあります。
そのため、電子メールアカウントの追加発行については、契約しているインターネットプロバイダ、またはネットワーク管理者にお問い合せください。

●SMTPポート番号を「25」以外で利用する場合

セキュリティのため、SMTP送信ポートがプロバイダーにより「25」以外に設定されている場合があります。
その場合、ご契約先のプロバイダーの設定に合わせSateraMFP本体のSMTPポート番号の変更が必要になります。

[メニュー] ⇒ [ネットワーク設定] ⇒ [TCP/IP設定] ⇒ [ポート番号設定] からSMTPポート番号の変更が可能です。

 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF249dw / MF417dw / MF4680 / MF511dw / MF628Cw / MF6780dw / MF6880dw / MF722Cdw / MF726Cdw / MF8380Cdw / MF8450 / MF8530Cdn / MF8570Cdw / MF9220Cdn

 

[TOP▲]
このページのトップへ