E-mail送信を行うための本体側の設定<リモートUI>(MF4680)



E-mail送信を行うための本体側の設定<リモートUI>(MF4680)
更新日 : 2013年1月21日
文書番号 : Q000045430



ここでは、電子メールの送信に必要なメールサーバやユーザ名、パスワードなどの情報を本製品に設定します。

【注意】

設定に必要な項目は、認証方式によって異なります。認証方式や設定に必要な情報がご不明な場合は、「E-mail送信を行うための事前確認事項」をご参照のうえ、情報のメモをとっていただくことをおすすめ致します。


■電子メールの送信機能を設定する

送信機能の設定方法
1 Webブラウザを起動し、Webブラウザの「アドレス」または「場所」欄に以下のURLを入力します。

http://<本製品のIPアドレス>/

例)http://111.222.333.444/

リモートUIの画面が表示されたら、ログオンするモードを選択します。

ログオンモード 入力する内容
管理者モード パスワードを入力*し、[OK]を押します。
一般ユーザモード

オーナー名を入力*し、[OK]を押します。

*

初期設定では、「パスワード」と「オーナー名」は設定されていません。空欄のまま[OK]を押します。
パスワード認証を行う場合は、システム管理暗証番号の設定を行ってください

リモートUIの詳しい起動方法につきましては、こちらをご参照ください。
2 デバイス]→[ネットワーク]をクリックします。
3 変更]をクリックします。
4 スクロールバーを使用して、画面を下にスクロールさせます。
5

以下の設定項目を入力します。

SMTPサーバ SMTPサーバアドレス]を入力します。
電子メール
アドレス
本製品用の電子メールアドレスが設定されている場合は、そのアドレスを入力します。未入力でもかまいません。

メールを送信する際に認証が必要ない場合は、【手順 7】に進んでください。
6

認証方法に応じて、設定します。

●SMTP認証の場合

SMTP認証
(SMTP AUTH)
する
オン]を選択します。
ユーザ名 SMTPユーザ名]を入力します。
パスワード SMTPパスワード]を入力します。

●POP before SMTP認証の場合

送信前のPOP認証 オン]を選択します。
POPサーバ POPサーバ]を入力します。
POPアドレス POPアドレス]を入力します。
POPパスワード POPパスワード]を入力します。
7 設定内容を確認したら、スクロールバーを使用して、画面を上にスクロールさせます。
8 OK]をクリックします。
9 いったん本製品の主電源スイッチを切り、10秒待ってから再び主電源スイッチを入れてください。

設定を有効にするには、本製品の再起動が必要です。
以上で電子メールを送信するための設定は完了です。

 

戻る


■関連情報

戻る


 

[TOP▲]

この質問の対象商品(商品ごとの詳細は本文内を参照してください。)

MF4680

 

[TOP▲]
このページのトップへ